ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
webadm
投稿日時: 2020-11-24 11:35
Webmaster
登録日: 2004-11-7
居住地:
投稿: 2948
最近買った楽譜集
ふう、風邪の症状が先週から三歩進んで二歩下がる状態で炎症が気管支まで来てます(;´Д`)

最初の喉の痛みと鼻水の症状が出た時に微熱(37度台)があった程度で、平熱に戻ったので治ったのかなと思ったら水面下で炎症範囲は着実に広がっていたぽ。

横になって安静にしていると症状は和らぐけど、お仕事で体を起こしていると症状が悪化する感じ。

そんなこんなで連休は寝て過ごしました。

さて、標題の最近買った楽譜集の話題をお届けします。

普段は携帯プレイヤーでポーランド出身ピアニスト陣だけで演奏されたショパン全作品集を聞くのが日課になっていますが、手元にあるショパンの作品の楽譜は、名曲集に乗っているポピュラーな数曲しかありません。

興味のある曲をもっと詳しく知りたい(自分から見た難易度はどれほどなのか、距離感を知りたいとか)という思いを叶えるには手元に全作品の楽譜が欲しいところ。

従来はショパンの作品ジャンル毎に全曲を収めた曲集は各社から出ているけど、それをひとつひとつ買うのも面倒なので買うのを渋っていました。

けど、先日紀伊国屋書店のウェブショップで検索していたらポピュラーなジャンルすべての作品を一冊に収めた曲集がシャーマー社から出ているのを発見。

それが先週届いたのですが、風邪で横になっている必要があったので、すぐ開封して寝室の椅子の上に乗せたまま、布団の上に横になりました。

そこから見えた風景が良かったので写真に撮りました。



見ての通り、電話帳(死語)みたいな厚さだけどルーズレリーフなので、どのページでも見開いたまま譜面台に置けます。

表紙の写真はこれね。



表紙にある通りに、ショパンのバラード、エチュード、マズルカ、ノクターン、ポロネーズ、前奏曲、ワルツの全作品を収録していますが、取り組める人が限られる演奏会用のソナタや協奏曲、スケルツォなどの大曲や難曲、初期の単発作品(ロンド、ボレロ)、晩年の舟唄や子守歌などは含まれません。

譜面は音楽の設計図、コンピュータプログラムのソースコードに相当し、楽しむためにはそれを再現する(機器なら製作する技術、コンピュータプログラムならコンパイルしてコンピュータ上で走らせる知識と環境)必要があります。演奏で再現するには優れたピアノと演奏者の演奏能力が不可欠です。

いつか弾ける日がくるといいなと、病床から背表紙を眺めています。

初めて取り組む時には、いろいろ運指法とか参考にするために、他の出版社の版を買う必要があると思います。なので、これはある程度弾ける人向けだと思う。

また新しい楽譜買ったらこのスレッドで紹介するね。

んじゃまた。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 最近買った楽譜集 webadm 2020-11-24 11:35

 
ページ変換(Google Translation)
サイト内検索