ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
webadm
投稿日時: 2011-6-10 1:29
Webmaster
登録日: 2004-11-7
居住地:
投稿: 3009
facebookがもたらすもの
twitterは利用開始したものの3日坊主で終わってしまった。今はfacebookが旬らしい。

行きつけの大型サイトもfacebook対応プラグインとかが組み込まれていて、特に「いいね」というクリックボタンが印象的である。

集客的にはGoogleを抜いたとまで言われる。そうなのだろう。

それが何をもたらすかと問われれば、原始インターネットの終焉、より実利的なコミュニケーション媒体としてのインターネットの始まりを意味すると言える。

確かにGoogleで検索しても役立ちそうな情報は日に日に姿を消していっているのを感じる。いままで惜しむことなく貴重な情報を無償で公開していたサイト運営者が、Googleにただ乗りされているという危機感を感じたのか非公開にするように方針を変更しているのかもしれない。もしくは互いに利害を共有する人に対してだけに公開するようにクローズ化、もしくはソーシャルネットワーク化する傾向が進んだためかもしれない。

無制限に公開するよりも一部に限定する実利は確かにある。一部の検索サイトのロボットは出しゃばりすぎてサイトに負荷をかけすぎる傾向がある。元々一部の人にだけ見てもらえれば良い情報であれば、それ以外のロボットやスパマーにアクセスを許可する必要は無いのである。アクセスを制限したほうが、サーバーに必要とされる処理能力も低くてすむ。また本当の利用者に対して高い応答速度を提供できる。

ソーシャルネットワークシステムはインターネット時代の前にあったパソコン通信もしくは大型掲示板システムへの先祖返りとも言える。あの時代には画像とか動画とかは利用可能な通信チャネルのスピードからして現実的ではなかったが、現代ではそれは問題ない。広告とかを空いているスペースへ表示する余地が十分ある。かの時代も集客数が力だった。かつてはそのために膨大なモデム設備を必要としたが、今は帯域の大きなインターネットインフラが利用できるため寡占化も可能である。

情報の発信者が公開インターネットからソーシャルネットワークシステムに活動の中心を移していくとどうなるか。検索サイトでは移動していった発信者の最新情報をただで得ることができなくなる。ソーシャルネットワークシステムの運営者は利害を共有する者は歓迎するが、衝突する者は拒否できるような利用条件を設けているのが普通だ。

かつて大型掲示板時代に問題になったのが、そのシステム上で発信した情報について著作権は誰にあるのかという点。出版社が運営していたあるネットワークでは、同社の出版物に記事を事前の許可なく掲載できるように利用条件に一文を入れたために騒動が起きた例がある。運営者としては実利につながる利用を考えていたのだが、利用者にはあからさまなそうした商業的な意図を嫌う人が多かった。それは匿名性という点でも同じことが言えた。

facebookは同じ大学の学生同士のソーシャルネットワークとして始まったことから、共通項を持つ個人同士をつなぐ手助けをする機能を備えているらしい。これは大企業とか大きな大学とかでは共通に機能するかもしれない。しかしインターネットの時代に考案された、個人のあらゆる趣向を表記し相性を確認できるような手段は用意されていないようだ。

とりあえずfacebookアカウントを作ってみた時の感想としては、作成直後は何がどうなっているのか何もわからないという点である。これはソーシャルネットワークを始める契機となる条件、つまり既にfacebookを利用している現実のお友達が居る、を満たさないと何の用もなさないというのが明白になった良い経験である。

ソーシャルネットワークの利用条件としては、既にそれを利用している現実のお友達が居て、互いにコメントをやりとりできるというのがある。原始インターネットにもニュースシステムやメーリングリストなど双方向の情報交換手段があったが、それらは誰でも開設できるものではなかった。それを誰でもアカウントを作成すると自動的に利用できるというのがソーシャルネットワークの革新的な点かもしれない。

いやそういうのは昔の大型掲示板システムでもあったし、という反論もあるかもしれない。一部の掲示板ではリアルタイムチャット、というか今のtwitterみたいな感じの運用がされていたところも多い。むしろインターネットの時代になってそれが無くなってしまったように見えるのが不思議である。

個人的にfacebookがもたらしたものはと言えば、現実のお友達がまったく居ないことを気づかせてくれた点が挙げられるかもしれない。facebookの人気は現代人は意外に孤独だということの自覚の現れかもしれない。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » facebookがもたらすもの webadm 2011-6-10 1:29

投稿するにはまず登録を
 
ページ変換(Google Translation)
サイト内検索