ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
webadm
投稿日時: 2006-3-14 12:53
Webmaster
登録日: 2004-11-7
居住地:
投稿: 3003
vfatをroofファイルシステムに使う時の罠
最初に気づくべきだったが、vfatをrootファイルシステムに使おうとするとすぐに限界にぶつかる。

通常uClinuxのルートファイルシステムでは/sbinは/binのシンボリックリンクになっている、どちらのディレクトリからも同じバイナリが参照されるようにするためだ。

mount -t vfat /dev/hda1 /mnt
cd /mnt
mkdir bin
cp /bin/* bin

とここまでは順調だったが、

ln -s bin sbin

とやったところエラーが出てシンボリックリンクが作成できない。

よく考えたらvfatにはシンボリックリンクという概念がないので作成できるはずもなかった。uClinuxの標準的なファイルシステムではあたりまえのように使われているのでこれは少しまずい。でも容量がいっぱいあるから必要なファイルをコピーしておけばこれはなんとかなる。

これでrootファイルシステムとして立ち上がることはするのだが、もうひとつ/dev配下のデバイスノードを作らないといけない。

これも

cd /mnt
mknod console c 5 1

とかやるとエラーが出る。

vfatにはデバイススペシャルファイルなどの概念はないのであった。

そこでdevfsがあるのかとひらめく。後でやり方を調べてみよう。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » vfatをroofファイルシステムに使う時の罠 webadm 2006-3-14 12:53
     devfsを有効にすると__set_bitが未解決シンボルになる webadm 2006-3-15 18:00

投稿するにはまず登録を
 
ページ変換(Google Translation)
サイト内検索