ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu

2014年11月25日(火曜日)

update5後

カテゴリー: - Kintarosan @ 00時20分51秒

ふう、夕べは寒かったけど、今日は暖かかったね

定時に出社しようと5時に起きて準備して出かけたら月曜なのに電車が空いてた、いやな予感その1

都庁前に着いて、いつも通り地下のHiltopiaを通ったらほとんどの店舗が閉まってた、いつもは10時前には開店しているのに、やな予感2

職場のビルに到着しても人がまばら、決定的だったのがビルのエレベータ前に「本日は当ビルの休館日・・・」の看板があってエレベータが利用できない罠。

予感は的中し、今日は勤労感謝日の振り替え休日だということが後で判明。

仕方なく自宅へUターンすることに。

昔からこういうの良くあったよね、小学生の時に明日は遠足とか運動会だとか言う前日は、本当に明日なのかなと心配になって夜眠れなくて朝になっても、本当に今日なの?と不安になって登校拒否したくなったことが毎回。

休みの日に出勤しようとしたのは害が無いからいいけどね。出勤日に無断欠勤するよりも全然平気。

ここ最近は急の作業が多くて、疲労が蓄積して体が修復を必要としているのが眠くなるのでよく自覚できます。昔はそんな時もカフェイン大量摂取で眠気を紛らわしたり働き続けることをしてきたので、体の修復が遅れて体を壊すことにつながったんだけどね。

みんなも気をつけようね。眠くなるのは体が修復しようとしているサインだから。機械だって壊れたら修理してもらえるのに、人間は修理せずに働き続けなきゃいけないんだよね。おかしいよね。

主に神経系が修復遅れると情報処理能力が下がるので、情報過多の時はパニック状態に陥ることが多くなります。あと耳鳴りが多くなります。正常ならフィルタリングされる耳鳴りもそれができなくなって聞こえてしまうという。

ひどくなると、職場のフロアー内の隅から隅まで会話が聞こえてしまってパニックになるとか、それが記憶に残って寝る前に思い出して眠れないとか。

そんな症状があったら修復が必要な状態なので、お薬をもらって少し過敏になった神経を押さえて修復されるようにお休みももらうことだよね。

さて、余談はここまでで、先日のupdate5後のKintaroさんの近況をお便りします。

すでに武器スキルは全部50に達して、あとはどのabilityのmorphを選択して鍛えるか、装備が少し古いので(VR10とVR12のgreen中心)それのupgrade中。

update5で導入されたcrafting writというのを早速始めました。主に目的は報酬の600gold目当て。それで装備のupgradeに必要な触媒が一個guild merchaintから買えます。upgradeを100%成功するには10個ぐらい必要なので10回ぐらいやらないと。

crafting writを早速開始

今まではmainクエストを終わってしまうと、繰り返し可能なクエストはCarglornかCyrodillしか無くなってしまったので、PvEプレイ中心の人はやることが少なくなってしまうというplayer離れの要因となっていました。

Crafting Writは盛況で、レベルやcraftingのskillに無関係に始められるのでクエストを受ける掲示板のところや完成品を届ける集配所とかには必ず他のプレイヤーを見かけます。

update5でCyrodillでのAlliance War関係で大きな変更が入った所為か、平日は人が少なくなりました。依然として土日は30日間のcampainサーバーは満員御礼なのですが、ベータテストの頃からのプレイヤーの特典の猿のペットをめっきり見かけなくなったように思えます。以前は良く見かけたトップ10のプレイヤーの常連さんも姿を消してしまいました。

Alliance Warで目に見えて大きな変更は、今まで誰でもSiege Merchantから買えたForward Campがゲームから取り除かれたという点です。それがあった頃はお城の攻防ではForward Campが必須で、group inviteの条件にも必ず一個forward campを買ってから手を上げるようにとか言うリーダーも居ました。

Forward Campがあると、戦死したプレイヤーが即時にそこにrespawnできるので戦闘がzombie attackの様相を帯びてくることは確か。以前はすごくお城の攻防の決着が付くまで長い時間が必要でした、どちらかがforward campを出し尽くした時点で勝敗が決まるみたいな感じ。Forward campは20人が使うと(respawnすると)消えてしまう消耗品なので戦死者数が多いと頻繁に立て直す必要があります。

敵の攻撃目標にForward campが優先順位のトップになるので、敵に壊されたらまたすぐ代替を立て直すとか大変。安い買い物ではないので資金力でも差がついてきます。

Forward Campはたまに以前に買ったものが使われて出てくることはありますが、それが無いことを前提に戦闘しないといけなくなりました。

死んだら他のプレイヤーから現地で蘇生してもらうか、一番近い味方のお城でrespawnするかのどちらかになります。

これはこれで城の攻防の決着が早く着くようになって良い感じはするよね。

プレイヤー数が豊富に居る時間帯は敵も味方も多数なのでなかなか諦めがつかずに、どちらかが壊滅しても、またしばらくして結集して逆襲してくるというのの繰り返しの傾向が強くなりました。

Kitarosanが属するAldomeri Dominionは要領が悪いというか、結束が緩いというか、単独行動が多いぽく、パワーが分散してお城一つ攻めるにしても何度も壊滅を繰り返す傾向が多いようです。

敵は良く統率された行動パターンで、各個撃破的に集団でtrainのようにして敵を轢いて行く感じ。

サーバー内の人数は多いんだけどね。みんな何やっているのか、どこに居るのか姿が見えません。

先日たまたまCyrodillのskyshardの在処が判明して行ってみたところがwarewolfの集落でした。なんとかskyshardの在処は確かめたものの、warewolfが多くて難儀していたら、外人さんが狩りだしたので、その隙にskyshardをゲット。
その後もうろうろしてたらwarewolfのrepopに遭遇して袋だたきになりそうだったので、応戦していたらさっきの外人さんが近寄ってきて囁くように「warewolf狩るのやめれ」ということでした。
どうやらwarewolfのreposはかなり早いので、武器スキルを上げるには格好のポイントみたい。他のプレイヤーが狩り出すとペースが落ちるので迷惑だと。そうですね、もう用は無いので立ち去ることにしました。

PvPといってもCyrodillはUltima Onlineみたいに炭鉱PKとかできるわけではありません。logoutして一定時間経過すると、次にloginした時にはbase keepにpopしてしまうので、logoutした場所にrepopすることができないためです。

炭鉱PKとかできてしまうと、それを職業にしてしまうプレイヤーとか現れてしまうので被害にあったプレイヤーからクレームが来そうだよね。たぶん意図的な仕様かと。

それでも敵の城の近辺とかでsneakしながら敵が一人で外に出るところを狙って襲撃するプレイヤーは常に居ます。戦闘スキルを磨くというのもあるし、cyrodillのdailyクエストで敵プレイヤーを20人倒すと報酬がもらえるというのがあるのでそれ目当てというのもあります。運良くしてEmperorが通りかかったら、Emperorを倒したという超rareアチーブメントがゲットできる可能性も。

Cyrodill内のクエストポイントとかでも待ち受けしている人居るよね。

さてCrafting Writですが、最初の導入クエストをNPCから受けると誰でも一番最初のレベルのcraftingのチュートリアルみたいな内容から始まります。クエストを受けると、材料を集める必要があるのですが、あらかじめ近辺の領域に材料が沸くようになっていて、それをコンパス上で確認して見つけ出して拾い集めるだけ。本当は材料を見つけて集めるのが一番大変なんだけど、最初は用意された場所から拾えばいいだけ。そしてcraft stationに行って材料をcombineというか製作。製作には失敗は無いので、できたらそれをNPCに渡すと最初の報酬がもらえます。

crafting writ導入クエストNPC

導入クエストの最後

それ以降は主要都市にある最初の写真の掲示板みたいなところからdailyのcrafting writクエストを受けることができるようになります。今度は材料は今まで通りに自分の目で探して集める必要があります、完成したら新たに設けられた物資集配所の収納箱に収めると報酬がもらえます。どうやら物資を必要としているCyrodillの戦地へ送られるみたい。戦時中の軍需工場の女子挺身隊みたいな感じ。

導入クエスト完了後は集配所に完成品と届ける

これはEQのtradeskill trophyクエストみたいに、あらかじめ高いスキルが必要とか、更に上げることが目的は無くて、プレイヤーが遂行可能なレベルのcraftingアイテムの製作だけ繰り返す形。製作を繰り返せば自ずとスキルが上がるのでpassive skillポイントを振れるものが増えていくのは確かですのでスキルアップには役立ちます。できる範囲の事をするだけで600goldとかinspiration pointと材料や完成品を報酬にもらえるので願ったり叶ったり。

Kintarosanは食料を自給するためにprovisioningだけはスキルmaxでアチーブメントもcompleteしていますので、クエストの完成品を収める場所がcraglornになっています。他のスキルは低いままなのでAuridonのままですが。

食料以外のcraftingを始めて判明したのが、今までよく判らずにちっともやっていなかったAlchemyが実は重要なpotionを作りだす能力だということが判明。

他の外人さんプレイヤーとか、invisiエフェクトとか使っているのを見たことがあるのですが、あればclass特有のabilityなのかと思っていたら、実はalchemy potionだったのね。

Alchemyでは他にもweapon criticalを一定時間boostしたり、spell criticalをboostする効果のあるpotionを作ることができます。Alchemy merchantが売っているようなheal/stamina/magica potionも作れますがそれだけじゃなかったのね。

他にも敵プレイヤーに有害な効果を与えるNegative effectのpotionとかも作れます。snareとか、debuffの類いです。今までどうやったらこんな大きなダメージが出せるのか疑問だったのがpotionによるものだと判って納得したKintarosanでした。

装備や武器の材料はレベル相応のゾーン限定でしか見つからないのですが、Alchemyの材料は溶剤(pure water)を除けば、薬草の種類は決まっていて、どのゾーンでも手に入るみたい。もっと早くやっておけばよかったかも。

お金があれば、guild merchantで完成品が売っていればそれを求めてもいいかもね。

crafting writは人気があるのか、ゾーン内で思うように材料が集まらなくなってきました。大抵は誰か他にも材料を集めている人を見かけるようになりました。

特にenchantmentの材料が以前は良く見かけたのに、沢山の人が狙っているのか最近は全然見つかりません。

もうちょっと広範囲に出るようにして欲しいよね。

update5ではdailyのundanteミッション(pledge of the undante)も鳴り物入りで導入されたのですが、これはEQのDONのElder Scroll Online版みたいな感じ。主要都市に追加されたクエストNPCからミッションを受けることができて、そのインスタンスをクリアして戻ると、報酬がもらえるという感じ。最初にメールで招待状みたいのが届いているので、それを開いて読むの最初の導入クエストが開始。

メールで送られた招待状を読むとクエスト開始

導かれるままに新設されたキャンプにたどり着くと、なにやら著名簿が

著名簿に名前を記入しないといけないぽ

成り行き上著名することに。

まだ始まったばかりなのか著名数は少ない感じ

Kintarosanの名前がしっかりと載りました。

著名するとNPCから最初の導入ミッションを

そのあとそこに居るミッションgiver NPCとお話して、同じ場所でも2つの異なる難易度のミッションを選択できることを教わります。

最初に報酬のもらい方を学ぶために、報酬だけ受け取るミッションがもらえます。

ミッション完了時にもらえる易しいミッションの報酬箱の鍵

これは易しいバージョンのミッションの報酬の鍵。本来であればインスタンスをクリアして時点でプレイヤー全員が受け取るもの。練習として報酬の受け取り方を学ぶために鍵だけもらえます。

キャンプ内にある報酬の宝箱を鍵で開けると報酬ゲット

開けて最初の報酬を受け取ると

報酬はcyrodillでもらえるものと同水準(易しいミッション)

レベル相応の武器が出ましたが、これはCyrodillで手柄を立てた時にもらえる水準と一緒でした。この手の装備なら腐る程メールで送られてきますcyrodillの城の攻防戦に参加していれば。

さっきのNPCとは別に難易度の高いミッション用のNPCが居るので、そちらはちょっと報酬の水準が違うのかも。

たぶん易しいミッションはcyrodillの報酬と同じでたまに当たり(set armorやset weapon)が出るのかも。

難しいミッションの方は青とか紫のarmorやweaponが出るのかな。やってみたわけではないので何とも言えないけど、guild merchantで売られているepic armorとかはたぶんgroup dungeonやtrialで出て余ったやつかな。

ESOでは今までdungeon内で宝箱が出たりboss dropの報酬という感じでしたが、これは一端戻って来ないと報酬がもらえない仕組み。public dungeonとかboos popポイントにキャンプする輩が多かったのでそういう仕組みになったのかも。これはそういう事情だから仕方がないのかも。
Kintarosanはソロプレイなのでundanteミッションはやってません。ソロでも受けられるけど、入ってみたら見通しの効く範囲に居るmob全部が襲ってきたので、これはgroup dungeonとまったく同じ仕様。違うのはレベルによって難易度がスケーリングする点かな。従来のpublic dungeonはそれがあるゾーンのレベル帯のまま固定のままだけどね。

pledge of the undanteで受けた最初のインスタンスに入ってみた

trialとかはguildの外人さんがクリアしたりした時にnoticeで時々知らせが飛んできますが、あればEQで言うとraidコンテンツに相当するのかも。クリアするのに要した時間が開始から90分とか120分以上とかざらなのでそうなのかも。

もうそういう長い時間集中力を維持する自信が全然ないKintarosanでした。

んじゃまた。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/1907

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.544 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索