ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line
フラット表示 前のトピック | 次のトピック
投稿者 スレッド
webadm
投稿日時: 2006-8-7 17:58
Webmaster
登録日: 2004-11-7
居住地:
投稿: 2960
玄箱のディスク内容をWindows PCで読む話
職場の玄箱の電源が逝ったらしく中のファイルを救済しなければならなくなった。

たまたまcolinuxがインストールされたPCがあるので、それに玄箱につないでいたHDDを接続してファイルを吸い出すことに。

用意するものは、

・dd-0.3.zip windows上でHDDのパーティションを読むツール

まずはdd-0.3.zipを解凍し、

dd --list

を実行し接続した玄箱のHDDのユーザーデータ用パーティションのパスを見つけ出す。

rawwrite dd for windows version 0.3.
Written by John Newbigin <jn@it.swin.edu.au>
This program is covered by the GPL. See copying.txt for details
Win32 Available Volume Information
\\.\Volume{51f035cc-ffe6-11d8-88a3-806d6172696f}\
link to \\?\Device\HarddiskVolume1
fixed media
Mounted on c:\

\\.\Volume{51f035cd-ffe6-11d8-88a3-806d6172696f}\
link to \\?\Device\HarddiskVolume2
fixed media
Mounted on d:\

\\.\Volume{51f035ce-ffe6-11d8-88a3-806d6172696f}\
link to \\?\Device\HarddiskVolume3
fixed media
Not mounted

\\.\Volume{53b623ba-1767-11d9-968a-806d6172696f}\
link to \\?\Device\CdRom0
CD-ROM
Mounted on e:\

\\.\Volume{b828004e-3bb9-11da-b3e6-806d6172696f}\
link to \\?\Device\CdRom1
CD-ROM
Mounted on f:\

\\.\Volume{51f035d0-ffe6-11d8-88a3-806d6172696f}\
link to \\?\Device\Floppy0
removeable media
Mounted on a:\


NT Block Device Objects
\\?\Device\CdRom0
\\?\Device\CdRom1
Removable media other than floppy. Block size = 2048
\\?\Device\Floppy0
\\?\Device\Harddisk0\Partition0
link to \\?\Device\Harddisk0\DR0
Fixed hard disk media. Block size = 512
\\?\Device\Harddisk0\Partition1
link to \\?\Device\HarddiskVolume1
\\?\Device\Harddisk0\Partition2
link to \\?\Device\HarddiskVolume2
\\?\Device\Harddisk0\Partition3
link to \\?\Device\HarddiskVolume3
Fixed hard disk media. Block size = 512
\\?\Device\Harddisk1\Partition0
link to \\?\Device\Harddisk1\DR1
Fixed hard disk media. Block size = 512
\\?\Device\Harddisk1\Partition1
link to \\?\Device\HarddiskVolume4
Fixed hard disk media. Block size = 512
\\?\Device\Harddisk1\Partition2
link to \\?\Device\HarddiskVolume5
Fixed hard disk media. Block size = 512
\\?\Device\Harddisk1\Partition3
link to \\?\Device\HarddiskVolume6
Fixed hard disk media. Block size = 512

ここで玄箱用のHDDは2台目のDISKとしてPCに接続したのとユーザーデータ用パーティションは最後のパーティションなので

\\?\Device\Harddisk1\Partition3

が該当するパスになる。このパーティションの内容を丸ごと読み込んでファイルにする。

dd if=\\?\Device\Harddisk1\Partition3 of=xxx

コピーし終わったらcolinuxのコンフィグレーションファイル、default.colinux.xmlに以下の様な行を追加する

<block_device index="3" path="\DosDevices\c:\coLinux\xxx"
enabled="true" />

これでcolinuxを立ち上げると/dev/cobd3でコピーしたユーザーデータ用パーティションをアクセスできるのでmountしてみる。

mount /dev/cobd3 /mnt

/mntをlsするとshareディレクトリが見える。

ここからが本番である。lsで見ると玄箱の古いsambaのファイル名コーディングがSJISのため化けて読めない。

そこでcolinuxにsambaをインストールして古いsambaと同様に文字コードセットをSJISにして共有すれば他のWindows PCから以前の玄箱と同じように見えるはず。

colinuxはDebianベースなのでapt-getが使える。

apt-get install samaba

とやってsambaを簡単にインストールする。

/etc/samba/smb.confを編集して先ほどの/mnt/shareを共有ディレクトリとして見れるようにする。この際にglobalセクションに

unix char set = SJIS

を追加する必要がある。

他guest accessを許可する設定がコメントアウトになっているのでそれを外し、nobodyのパスワードを設定する

smbpasswd -a nobody

共有ディレクトリの設定はsmb.confの最後に

[share]
path = /mnt/share
browse = yes
writable = yes
public = yes

等を追加してsambaを再構成する

smbcontrol smbd reload-conf
smbcontrol nmbd reload-conf

これで他のwindows pcからmshomeというワークグループの中にshareという共有名が出てくるのでそれを開くと以前の玄箱で見えていた内容が見れるようになるので、PCへ必要なファイルをコピーするなどの救済処置を実施。

壊れた玄箱の電源だけではなく基板も逝ってしまったようだ。貰い受けて暇なときに修理してみよう。
フラット表示 前のトピック | 次のトピック

題名 投稿者 日時
 » 玄箱のディスク内容をWindows PCで読む話 webadm 2006-8-7 17:58

投稿するにはまず登録を
 
ページ変換(Google Translation)
サイト内検索