ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu

2007年12月30日(日曜日)

Povarだより(Meldrathのマンションを目指して)

カテゴリー: - Gan @ 13時17分15秒

夕方に姉が送ってきた小包が届いていた。

去年もそうだったけど、正月のお餅ときな粉にあんこ。それといつものお歳暮の石けんのお裾分けとインスタントコーヒーやカレー。

今年はインスタントラーメンとお年玉が入ってた( ´ー`)

たまの正月にお酒でも飲んでという手紙も添えられていました。

もうどれくらい正月らしい正月を送ってないだろう。

仮想世界でまた新年祝うのかな。世界中時差があるから何度も楽しめたり(´∀` )

そして昨夜の続き。

空中要塞でSpymasterを探し回ったけど奥のsee持ちが居るところまで潜入したら見つかって大変なことに。当然逃げ切れずに死亡。

Dragonscale Hillsに置いたままのAkahigeをGuild Lobbyに戻してRezして出直し。

あんちょこ(Allakhazam)を調べたらなんとWarmarshalの近くにあるテントの中に居るらしいとのこと。

ずいぶん探し回ったよ。

直ぐそばにいたじゃん( ´д`)

Spymasterっていうぐらいだからスパイの元締めみたいなもんだし安全なとこに居ておかしくないよね。よく考えれば。

でご挨拶するとさっそく次ぎの仕事が。なんでもS.H.I.P Worshopに潜入したスパイが消息を絶ったらしいとのこと。

行って救出するようにという任務。S.H.I.Pって空中要塞から大きな鎖でつながっているあの島だよね。こないだ渡ろうとしたらサーバーダウンしたけど。

大丈夫かな。

あんちょこを読むとここで予めSpymasterの別のソロタスクをもらうようにとのこと。そうするとsee持ちに見つからずに済むらしい。

S.H.I.P内の工作員

無事S.H.I.Pにゾーンするとすぐに工作員が影に隠れているのがわかります。こんな解りやすいとこに居ていいのかしら。

挨拶するとClockworksに変身させてくれます。これで疑われずに内部に潜入できる模様。

瀕死の工作員発見

あちこち内部をくまなく探索したけど実験室とかは敵が多すぎて工作員が居る雰囲気は無し。中央のスロープを一番上まで上がっていって出る一番上の甲板?みたいなところの隅っこに瀕死の工作員が倒れているのを発見。

話かけるともう虫の息で自分に代わって任務を遂行して欲しいと機密文書を渡されました。

Spy Document

だいぶ時間をかけて探したので変身が解けるまでの残り時間で出口まで戻れそうも無いためLeviで一気に空中を降下して入り口の鎖のところまでたどりつきました。

空中要塞に戻ってSpymasterに文書を渡すと驚愕の事実が発覚。Meldrathのマンションに入るドアの鍵コードは日替わりで、そのコードを知っている人は二人いるけどもどちらも部分的にしか知らされていないということ。つまり二人のコードを合わせないとドアが開けられないらしい。ちゃんとセキュリティの常套手段として割り符が施してあるのね。

なので次ぎの仕事はその二人が持っている機密文書を手に入れるということ。

二人はそれぞれ空中要塞の両隣のタワー(Gyaroなんたらof Bezaとか)のある島に居るらしい。あんちょこを読むとNamedからdropとか( ´д`)

なんどか行ったことあるけど、あそこの雑魚は死ぬ程殴りが痛いし。今の装備とレベルでは到底タワー内部に入ることすら無理。

TBS終わってから来いと言われているようなもん。

Gyroなんたらof Bezaとかいうタワー

一度ゾーンインそばのroamerを引いてtankしたけど2〜3kのダメージがボコボコくるのでslowerが居ないと到底無理。幸いにしてaggro rangeが狭いのでAkahigeは一発目のCHが終わる前にGanが死んだのでaggroせずに済みました。10秒以内に死亡って何よ。

またFortres Mechanotosに戻ってそこの雑魚で経験値稼ぎでもしようとpull開始。一匹目はなんとか倒せたけど二匹目にGnomeを引いたら隣のClockworksにかけたPaciが突然解除されて2incに。

さすがに2匹は無理ぽくて壊滅。その様子をたまたま通りかかったGuildのお友達に目撃されたぽい。そのおかげでRezもらえた。ありがと。

もう12時近いのでこの日はこれでお終い。こっから先は装備がアップグレードした暁にでも再チャレンジということに。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/1167

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 1.158 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索