ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu

2009年9月23日(水曜日)

Povarだより(Ancent Heroes、Big Bynn’s Return他)

カテゴリー: - Gan @ 13時40分51秒

ふう、天気が良いね(´∀` )

寝ているとあっと言う間に連休が過ぎちゃってた感じ。

先日のパッチ後に解禁になったRoad to Underfoot前触れイベントのNew Monster Missionにみんな血眼になっているのを尻目に、Ganは黙々と日課のBloody KithicorとField of Scale通い。

raidはこないだやったMonster Missionイベントの続編でLady Vox版をやりました。こちらのインスタンスはNagafen版と違ってゾーンインポイントがice giantの居る部屋の前でした。ゾーンするといきなりドア越しにgiantがaggroしてるけど平気。

Ancient Heroes: Lady Vox編

さっくり掃除するともうVox Lairはすぐ目と鼻の先。中の雑魚をpullしようとするとお約束通りLady Voxも付いてきました。心の準備が出来ていないとやはり勝てないもので、一端仕切直し。

今度はちゃんと掃除を済ませてLady Voxをpullしてさっくりslain。Lairに入って宝箱を確認しました。

Ancient Heroes: Lady Vox編クリア

dropはCLR専用2HBとMelee用弓でした。これでCLRも殴れということなのかな。エフェクトも良いね。

連休平日のraidは、SoFのファーム。蜘蛛から出る入れ物とかをゲット。でもタスク進めていないので他拾っていてもまだcombineできないんだよね。アイテムは全部pre-looted可能ってAlakhazamに書いてあります。少し堅くなったからSoFのタスクも進めておこうかな、まだ探検タスクが終わってないのよね。

昨夜のraidの締めはBig Bynn’s Return。SoFのストリー上では、悪Gnomeじじいが手を焼いていたロボドラゴンBig Bynnをなんとかすれば借りができてMansionにご招待されるらしい。これをクリアすればいよいよMMMに侵攻なの?

先日は50%まで削ったので、工夫すればなんとかということで戦術を絞ってやってみることに。あわよくば勝てるかも。負けに不思議な負けなしだけど、勝ちには不思議な勝ちはあるよね(´∀` )

やってみると先日と同じ50%で先鋒MTのGan死亡。そこからが折り返し地点みたいだよね。それでも行きつ戻りつしながら削りつつ最後の方は、Gan死にまくりなのでAkahigeで殴りにいきました。VoWのprocエフェクトとかがあると結構なDPSになるよねCLRも。そして遂に初Slain。

Big Bynn\'s Return初クリア

dropはsilk bootsにbracerとID5付きrangeにMelee用肩でした。

どうやらこのスクリプトはグループ毎どっか小部屋(Big Bynnのお腹の中らしい)にワープされるみたいで、中に閉じこめられるらしい。両方で頑張らないと勝てない感じ。MTグループはさすがにWarpされたことないね。

SoFのファーム中にDragonscale Hillsを移動すると時々懐かしい人を見かけます

RibonchanとNanachan

RibonchanとNanachanはSoF出た時からずっとここで狩りをしているみたいに見えるよね。最近Gan達が来てないから気づかなかっただけかも。

それといつもGuild LobbyでAkahigeを御贔屓にしてもらっていたEldyのNecromancerの姉さんが久しぶりに来てbuffを買っていきました。しばらく見かけなかったのでEQ止めちゃったのかなとがっかりしてたけど、久しぶりに再会してこちらもおひさって感じ(´∀` )

raidが終わるとみんなNew MMにまっしぐらな感じだけど、Ganは地道にSoDのタスク消化を。

これまでの進捗をまとめると、こないだ見つけたQ Itemを落とすレベル85のIksarがpopする小キャンプを発見したよね。後日、そこを狩ったら当たりで、最初の一匹からお目当てのringが出ました。

Imperial RIng of Office

これをクリックすると以前に拾ったThin Notebookが読めるようになります。

Thin Notebook

中を見ると

Thin Notebook(読めるバージョン)

どうやらお目当ての情報はKaesora Libraryの書庫に居るLibrarianをkillすれば得られるらしいということで次ぎのステップにストリー的につながっていくのでした。

Kaesora LibraryもdungeonなのでField of ScaleよりMobのレベルは高く、レベル85のがうようよ居ます。Field of Scaleに居るNamedと同じぐらい痛いよね。この日までGanもダメージ回避AAをあと1ランク残すまで取得したので、かなり戦えるはず。Field of ScaleのNamedはもう余裕だしね。

Librarianが居る場所は限られていて、沢山の書棚がある図書室にしか居ません。比較的ゾーンの中央部分に大きな図書館があるんですが、そこは他の雑魚も一杯いすぎなのでバランスの取れたグループでないと攻略不能。

大概デザイナーは小人数のグループ向けにミニマムセットのポイントを用意してあります。それはゾーンの最深部にありました。そこはIksarの固定pop雑魚が3匹とLibrarianが一匹。roamingするIksarが一匹と少ない人数でもうまくやれば回せます。時々roamerのゴーレムが近くまでやってくるけど、引っ込んだところで狩って居る分には平気。pull時にaggroしないように先にkillしておいてもいいし。

Librarianとすぐ側の固定はsoul linkしている感じなので、手前の固定とroamerを先に片付けて、奥に居る固定1匹にpaciをかけてリンクを切ってLibrarianとsoul linkの固定iksarを同時に相手にする感じでいけました。

そしてとりあえずGanの分のアイテムをゲット。

Dark Notations

これが最終的に探していた情報なのね。どうやら一連のストリーで語られているIksarに変身したスパイがいろいろ探ろうとしている中で捕まって敵の手に渡ってしまっていたらしいノートを遂に奪還という感じ。どんな貴重な情報なんだろと思って読んでみると。

Dark Notationsの中身

書かれている驚愕の事実とは、与えられた事前情報ではIksarのスペルがresiすることも緩和することも不可能であるという結論でした、ちゃんちゃん。その中に次ぎのストーリーにつながる人物(Thessila)の名前が出て来ます。これが次なるタスクを予感させるよね。

最近思うんだけど、デザイナーが練りに練ったストーリーほどPlayerは興味を示さない傾向が強いよね。RPGはどちらかというとPlayer個人個人の想像力で思い思いのストリーが描けるのを期待しているのかも。だからあるひとつのストリーに決めつけられるのを暗に拒絶している感じ。Legendsの頃のクエストとかはストリープロットが雑だったけど、逆にそのギャップを埋めるのはPlayerの自由な創意に委ねられていて、個人個人で思い思いのストリーを思い浮かべながら進めることができたのかも。名作と言われるクエストは共通してプロットが切れていたりするよね。Ganはそういうのが好きだし思い出にも残っています。途中で止めてもずっとその先を思い出すたびにいろんな可能性に思いめぐらせる楽しみもあるし。

Kaesora Libraryでは時々Namedを見かけます。少ない人数だと攻略が難しいので大概は狩りに来る人が居ないからサーバー立ち上がった直後から放置されている感じだよね。狩れそうな図書館内のLibrarianが居る場所をいくつか偵察する中でそこにNamedが居るのを発見。

Skelton Keymaster

アーマーコアを落としそうな感じがするよね。でも周りはIksarだらけだしLibrarianを狩るのも全部掃除しないと難しそう。なので今回は放置。

Guild Lobbyに戻ると、Uberな武器を見せびらかしている外人さんを発見。

Uberな外人さんの武器

なんとなく形からしてSoF産だよね。見た目はかなりgood。DPSも高そうだね。

PoKのライブラリ側までいくと、こないだ追加されたWedding Coordinatorが立っています。

Wedding Coordinator

ゲーム内の結婚式といえば昔はGMに依頼して執り行う特別なユーザー駆動形イベントだったけど、今は自動化されたのかな。いったい利用している人はどれだけいるのかしら。Norrathでは重婚とか許されるのかなとか、一夫多妻制は許されるのかなとか考えたり。昔はいろんな景観の良い名所で行われていたよね。今度のは場所はどうなんだろう。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : http://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/1448

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.497 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索