ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line

2009年11月5日(木曜日)

Povarだより(Parley With Ganak)

カテゴリー: - Gan @ 18時58分10秒

今日も寒くなりそうだね(´д` )

夕べはpopして日課をやった後に、Field of Scaleで唯一未消化なタスク、Parley With Ganakに必要な骨集めを。

この最後のタスク(グループタスクだけど)をクリアしないとProgressionタスクが受けられないのと、骨変身アイテムが作れません。

このタスクで時間がかかるのは、アイテム集めなんだけど、試練は最後に皇帝Ganakの護衛4匹を倒すこと。たぶん本職のSlowerとヒーラーが居れば一瞬で終わるんだと思うけど、とりあえず一人でやってみることに。

その前に、事前の調査で皇帝Ganakの居る謁見の間におじゃましました。

Parley With Ganakの謁見の間

皇帝の脇に2匹のMelee系のImperial Guardが、後ろにCaster系のImperial Adviserが二匹居ます。これがターゲットです。ここで皇帝に話しかけても何も答えてもらえません。

皇帝の間の避難口

まず建物に入ったら緊急避難口の場所を確認と思って、探すと、左奥にドアがあり、クリックするとKaesora Libraryにゾーンすることを確認。危なくなったらここに逃げ込めばいいのね、デザイナーもちゃんと考えているよね(´∀` )

更に調べるには実際にタスクを進めてみる必要があります。早速Jaled’Darとお話してタスクをもらいアイテムを渡したら、突っ返された(´д` )

なんでだろと思ったら、よく説明をみたらTorakanonに渡すんだった。そういえば、Torakanonは変身してOld Sebiに潜入したらしいよね。Torakanonにアイテムを渡して、illusionをかけてもらうと、おろ、Wood Elfに戻っている。どうやらillusionする前にIksarに変身しているとだめぽい。もう一度変身してない状態でillusionと言うと無事骨Iksarに変身できました。これで皇帝のところへ向かいます。

無事骨変身してGanakの下へ

お話するのは一人で良いのでGanだけ変身、どうやら最後に正体がばれてしまうらしいので、身の危険を感じたらすぐにさっきの避難口に飛び込めばよいよね。

遂に皇帝と交渉に臨みます

ついに皇帝と謁見し交渉に臨みます。お話すると、どうやらField of Scaleを支配するのはDragonかIksarかどちらか一方勝ち残った方だという考えらしい。おまえは新入りの顧問のつもりか?と疑われ、とうとう最後にDragon勢の使いっ走りだということがばれてしまいます。逃げる間も無くボコボコにされ死亡(´д` )

とりあえずステップは進んだのでAkahigeで死体を回収してImeprialを4匹かたづける作戦を練ることに。

結構皇帝の間が広いので、あの中で戦えるのではないかと検討をつけたところ、奥の避難口と皇帝の中間点ぐらいが戦闘場所に好都合な感じ。試しに、皇帝の前で跪いている雑魚をpaciしてImperialだけ引くと4匹だけが襲ってきて、他は動きません。これならいけそうかも、前のタスクでは85で二匹を同時に相手にするのが精一杯だったけど、slowが入ればこのレベルなら4匹同時に相手するのは可能かも、2匹はキャスターだし殴りの頻度は低いだろうし。でもこの時は傭兵ヒーラーに跳ねてヒールの余裕が無くなり壊滅(;´Д`)

Allakhazamには建物の外にImperialだけ本職のpullerで引く方法だけしか紹介されていませんが、Ganの実験では建物の中で十分やれる感触。4匹やったらすぐ避難口に駆け込むかevacすればいいしね。

試しに建物の外に引いてみたら、他の雑魚も山ほどついてきた(;´Д`)

特別走りがBard並ということではなさそうだけど、全然振り切れない感じ。この作成は本職のpullerでないと無理くさい感じ。ペットpullとかは試してないけど。

そうこうしているうちに、SirayukiさんがpopしてMMに入れてもらうのでこのタスクは中止。次回のためにまたアイテム集めを始めました。

Kaesora城内で次回用のアイテム集め

アイテムはKaesora城内の骨と雑魚から出ます。

12時過ぎには集まったので寝ました。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/1477

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.227 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ページ変換(Google Translation)
サイト内検索