ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line

2012年3月22日(木曜日)

Povarだより(続:EQ13周年記念)

カテゴリー: - Gan @ 23時05分41秒

ふう、今日はだいぶ暖かかったね(´ー` )

これで3月下旬に雪が降る確率はだいぶ下がったかな。あとはお彼岸を待つばかり。

さて今日はサーバーダウンみたいで、まだパッチメッセージらしきものが上がっていないのですが、後ほどチェックして上がったらまたお知らせします。

先日パッチ開け後の様子をお便りしましたが、今日は13周年記念のグループタスクのお話をするね。

後で判ったんだけど、例年だとクエストはスタティックゾーンでこなすソロタスクとインスタンスでこなすグループタスクの2種類だったんだけど、13周年は違っていました。

全部がインスタンスでこなすshared taskです。それもグループで受けられるのは数少なく、それ以外は全部一人でしか受けられないshared taskです。最初そこがわからなくてなんでshared taskなのに人数オーバーみたいなメッセージが出て受けられないんだろと疑問に思いました。shared taskなのはインスタンスを作るためだったのね。入れる人を一人にするんじゃなく受ける段階で一人でないといけないという罠でした。

とりあえずグループで受けられるタスクだけを先にやってみることに。最初はなつかしのSouth Roのインスタンスでの物語。

South RoでなつかしのDervishを狩る

GanもFaydark島を離れて10代でAntonica大陸に渡ってきたときに、当然ながらここを訪れています。その頃はたぶんどれも相手にするには怖すぎるレベルでした。後々レベルが30代に上がって再びここに来た時にやっとソロで狩れた記憶があります。

GanがEQ始めたころにはここにもまだ沢山Newbieの人達が居て、当時は中央のタワーのある島に居る死に神が定期的に湖の周辺を巡回していて、皆その時はoocやshoutで知らせ合って難を逃れたものでした。大きくなってからワニとかだいぶ狩った憶えがあります。でもRockjawにはお目にかかれなかったでちゅ。

物語はDervishが落とす日記に書いてあることを検証するというもの。日記は断片化されているので、それを全部集めて、どれかクリックすると一冊の本になります。日記の著者は最初にWizard spireに居るundeadを狩ったと書いてあるので、同じようにする感じ。日記にはそれで何か起こるかと思ったら、Sand giantが沢山現れたとあります。

スタティックゾーンならゾーン内を闊歩するSand giantなのですが、最近はどっか隅っこに固まっている感じ。trackingが出来る人がいればすぐ判るんだけど、Ganは場所がわからず大分時間を無題にしました。結局ゾーン内のundeadを全部退治して、やっと隅にgiantが群れているのを発見。

Sand giantの群れ発見

あとはgiantを全部狩るだけ。全部で何匹居るかは謎なので、タスクがアップデートするまで探して狩ります。

次は昔から居るDark elfの商人キャンプでdark elf変身マスクを買います。

Dark elfからDark elf変身マスク購入

これは後で使うぽ。

後半はいよいよ中央の湖の真ん中にあるタワーへ向かいます。適正なレベルの頃にここで狩りをしたことが無いので、Newbieの頃にグループで来てたらこんな感じなんだろうなと想像しながらbreakして進みます。

いよいよ死に神タワーへ

con blueなので油断は大敵、幸いばらけているので順番に狩っていきます。

美しい景色に目を奪われつつ戦闘

大昔と違ってrevampしてSouth Roは景色が美しいので戦闘中でもついつい見とれてしまします。

Dark Elfに変身してタワーの中心部に立つと

日記にはdark elfに変身してタワーの中央に立って西を向くとと書いてあり、その通りにしました。ちょうど部屋の中心に立たないとだめみたいだけど、適当に後ずさりして部屋の中心部に移動したらタスクがアップデートしました。

西の方向を良くみると、見覚えのあるmobが。

若いcyclopsがpop

あとはご想像通りこれを狩って報告しておしまい。PoKに戻る時は、湖の南にある宿屋の主人に話すと転送してくれます。

宿屋の主人にお願いしてPoKへ帰還

これのアイテム報酬が優れもののbracerで、shrink clickyとしても使えます。性能が良いので今までつけていたbracerと交換しました。

その後まだ時間があったので、残る一つのグループタスクを受けることに。

場所はBarried Seaの砂漠のピラミッドゾーン

インスタンスに飛ぶと、目の前にポータルが。どうやら砂漠のピラミッド内に飛ぶらしい。その中にある鏡を壊していくというもの。ほとんど全部のピラミッドを回ることになります。以前にprogressionとかで通ったことがあるので少し記憶が残っています。ピラミッド内のどっかの部屋に鏡がかけてあるのを見つける必要がありますが、通路や部屋にはMobが居るので、見つかると片づける必要があります。なので結構時間がかかったような。

最初の鏡を発見(壊す前)

鏡をクリックして破壊します。

鏡を壊すとmobがpop

すると渦巻きがpopするのでそれを倒すと次のピラミッドへのポータルが現れるので、それを延々と繰り返す感じ。さすがに後半になると、狭いピラミッドになってすぐに鏡は見つかるようになります。途中で飽きて放棄しないようにね(´ー` )

最後はラスボス

最後のピラミッドの鏡を割ると、ラスボスらしきものがpopして締めくくります。

これがグループタスクの最後かな、あとMonster missionを除いては。

それでグループを解散して、お一人様で今まで人数オーバーで受けられなかったタスクを受けてみることに。最初に受けたのがHouse of Thuleが舞台の怖いお話。

一人で本当にこなせるのか疑問でしたが、そこはそれ今までのコンテンツに慣らされてしまった感覚でした。Newbieの頃は相手が同じレベルでも一人で倒せたよね。それと同じようなチューニングになっています。ただNewbieの頃と同様にダメージを受け過ぎないこと、戦闘終了後は少し休憩してHPを回復する、事前にbuffをもらっておくとかしておくとよいかも。

怖い怖い話し

最初は屋敷内に居る骨を狩ることから。一階にもいるけど、残りは地下に居ます。ノルマを達成すると、奥にMasterが湧くみたいなので探します。といっても地下の一番奥なんだけどね。

Master of House発見

これを倒すとこの屋敷の主人の日記が手に入ります。それを読むと驚愕の事実が発覚。この主人は生前に雇っていたメイドの娘がお気に入りだったようで、執拗に一緒に食事をと誘うのですが拒絶されていたようです。なのである日、とうとう母親であるメイドを殴り殺してしまい、事故に見せかけようとelkを狩りその角にやられたことに。そしてしばらく姿をくらまして、戻ってみたところ、屋敷はあれ放題、壁には血が。誰の仕業かはわかります。この日記から人々がLady of Elksと呼ばれているのが誰かがわかります。

ここの最後が怖いのです。いよいよ無くなった故人とお話できるというLady of Elksに会いにいくことに。それには鏡を探すことに。

鏡は一階の突き当たりの部屋にありました。

いよいよ鏡の部屋へ

タスクウインドウにはLady of Elksの真の名前を3度唱えよとあります。/say salbiaを3度。

Lady of Elksが背後に出現

すると鏡に頭に角が生えたLady of Elksの姿が現れます。Ganの後ろに立っている模様。よせばよいのに、タスクウインドウには絶対振り向いたり部屋から出ないようにと書いてあるのに、怖いもの見たさで後ろを振り向いてしまいました。即死でちゅ(;´Д`)

同時にタスクも消えてなくなりました。なので最初からやり直し、といってもすぐだけどね。

今度は振り向かずに、Lady of Elksが「誰に会いたいのか」という問いにSam Napth’s masterと応えます。するとSamの亡き主人が現れて、ここから生きて帰るためにこう言いなさいと言われます。/say promise to assistと。すると背後のLady of Elksは姿を消し、PoKへ戻るためのポータルが現れました。ほっとした瞬間。ああ怖かった。

これのアイテム報酬はElkの剥製の首のfamilier。Ulanchanはそれをゲットして、出してみました。きもいと言われました(;´Д`)

SatoshiさんがBeast’s domainでnamedに苦戦しているというのでヘルプに。でも助けになるかどうか。やってみると、確かに以前の修正で弱くなったみたいだけど、依然としてDPSが無いとHPが多すぎます。どっかのraid bossに少人数で挑んでいるみたい。結局良くて残り30%ぐらいでtank死亡で負け。一人でもDPSクラスが居れば間違いなく勝てたよね。2グループに分けてROGやWIZ傭兵を出しておけばいけるかも。

遅くなったので今日はここまで。

次回はその後やったもうひとつの13周年のソロタスクが愉快だったのでお便りします。

んじゃまた。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/1753

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.634 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ページ変換(Google Translation)
サイト内検索