ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line

2022年2月1日(火曜日)

なんだよ:スマートフォンの衝撃

カテゴリー: - webadm @ 11時05分59秒

ふう、まだ寒い日が続くね(´Д`;)

天気は良いけど、そういう日に限って夜や早朝は激寒(;´Д`)

しばらく防寒着生活を余儀なくされます。

さて、本題のスマートフォン便りですが、先日なんかの拍子でスマートフォンのアップデートを実施する画面が現れて、他に選択肢が無いみたいなので実行しました。

そしたら、以前に登録した指紋認証が完全に機能しなくなっったぽ(´Д`;)

まあ、以前からポケットに入れた状態で既に認証試行回数オーバーでロックされてPINでロック解除するしかなかったし使えないやつと思ってたけどね(´Д`;)

それでシステムアップデートが入ったのかな、それとも偶然?

なので新規に登録し直す必要がありましたよ。

今度は機能するようになったけど、ポケットに入れておくと誤認証を永久に繰り返す状態になるのは前と一緒。

暗いと指紋認証開始だと勝手に判断しちゃうのかな?

スマートフォン自体はそれで済んだけど、三菱UFJ銀行のアプリの指紋認証がが(´Д`;)

登録追加しただけで使えなくなったよ(ノД`)ママン

それでどうやって再登録するんだっけ?

パスワードでログインし直さないと始まらない、でパスワードログインを開始すると、店番号と口座番号を入力しないといけないぽい。

店番号ってなんだよ(´Д`;)

PCでログインして口座一覧表示しても店番号とかは出てこないんだよね。

全メニューの中から契約情報のページを見ると、登録してある口座と説明は無いけど3桁の番号と支店名と口座番号の一覧が出てくる。

これだな3桁。

それで正解ぽい。

ログインできたけど、生体認証の再登録ってどうやるんだっけ。

ワンタイムパスワードか?

ワンタイムパスワード(スマホ専用のアプリの利用登録らしいことを後で知る)、の登録を開始してみた。

そしたら電話で登録番号を通知するか他にも方法があるらしいけど、電話で通知というのを選択した。

そしたら登録してある携帯電話か固定電話のどちらか選べと出てくるので、携帯電話を選択したら着信が発生。

応答すると、登録番号を音声で言い出す(´Д`;)

おい、メモと鉛筆用意しろって言ってないだろう(´Д`;)

どうすんだこれ(´Д`;)

一回目は聞き漏らしたので、もう一回言い直してもらうために1を押す(というかスマホでそれはないだろう、キーパッドを起動して1を押す手間が必要)、慌ててPCの電卓アプリを起動してキーボードから入力して記憶させようとしたら、2回目の音声終了(´Д`;)

3回目は無いぽい、通信が勝手に終了(´Д`;)

ということでスマホでのワンタイムパスワード登録は失敗しましたが、それはそれで良かったことに。

登録すると、それまでPCで使っていたワンタイムパスワードカードは無効になるので、スマホのワンタイムパスワードアプリがそれに代わることに。

で、スマホの生体認証は常に誤認識を繰り返して実質はPINでロック解除している始末だし。

従来のワンタイムパスワードカードの方が絶対使い勝手がいい。

ということで今回も月初めの銀行振り込み作業はPC上で行いました。

スマホで出来れば便利だけど、認証が面倒くさいのでパス(´Д`;)

まあ、電話で登録番号言うのは勘弁、SMS使ってくれよな。どうせ短い有効期限なんだから、紙に書くのと一緒じゃん。

そういえばいつのまにスマホのアプリは店番号と口座番号だけしかパスワードログインできなくなったんだ?

前は契約番号とかあったろうに。

たぶんに契約番号はワンタイムパスワードカードが導入する前の古いシステム(紙の暗号カードを使用したシステム)なので、スマホの時代でとっくに廃止されていて、PC使っている古い利用者ぐらいなんだろうね。

んじゃまた。またでないことを祈る(´Д` )

P.S

生体認証の再登録は、全メニューの深いところにセキュリティ対策とかいうのがあって、そこに生体認証の登録というメニューがあることが判明。
なんだよ使えないように隠しているのかと。
でそれで調子が悪いけど、なんとか再登録成功。生体認証でログインできるかは試していない、というかもうこのアプリ使わないしたぶん。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/2085

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 1.979 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ページ変換(Google Translation)
サイト内検索