ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line

2022年8月1日(月曜日)

シーズン9が来た:Tom Clancy’s The Division2の衝撃

カテゴリー: - webadm @ 03時02分46秒

ふう、あじー(;´Д`)

昨日から室温は40℃近いので家の中のあらゆるものが触ると体温より暖かい罠。

本題にあるとおりに、先月だったかシーズン9が配信されたというので、4周回遅れでやっとこさDLC Warloads of New Yorkのファイナルバトルを終わらせましたよ(´Д`;)

最初に作ったキャラは本編であるDCのコンテンツを途中でスキップして、DLC 混みのWarlods of New York ulitimate版だったので、booster packを使ってレベル30に一気に上げてNew Yorkへヘリコプターで向かったのでした。

前回のお便りした際に書いたけど、一度 New Yorkに飛ぶと、DLCを完遂しないとDCには戻ってこれないので、是が非でもファイナルをコンプしないといけないのですが、アーロン・キーナを倒すことができなくて新しいキャラをつくってDCの本編をコンプしてたりしました。

シーズン9はDLC Warlords of New Yorkをコンプしたプレイヤー向けの続編みたいな感じの期間限定ストーリーイベントでDLCをコンプしていれば続きが出来るという感じ。

なのでまるで続編のDLCみたいなストーリーだけど、Warlods of New Yorkのファイナルをコンプした時に見ることが出来るカットシーンとかは、その後配信される一連のマンハントシーズンを予め想定したものだったということに気づきます。

Warlords of New Yorkをコンプしていない、もしくは本編のDCだけしかコンプしていなくても、最上級アイテムを装備していれば、シーズン9で追加された機能が有効になっているはず。

シーズン9の配信アップデート後に、インベントリの最上級アイテム(武器や装備)にマイスターレベルとかの表示が追加されているのに気づきます。

シーズン9

シーズン配信前は本編のコンテンツをコンプしてレベル30、もしくはDLCをコンプしてレベル40になると、あとやることはセット装備を集めるとか、全スペシャライゼーションをコンプするとか、DZレベル上げとか、残りコンテンツ消化(グループ、レイド、期間限定エクスペリメント、DZ、収集アイテム、コメンデーション(殊勲))、かなり隅っこの方でがんばる要素しか残っていない。

なので新しいシーズンが配信されるまでお休みする人も多いはず。

新しいシーズンが配信されても、本編ストーリーをクリアしたキャラだけでは、追加アイテムやアイテムの性能に関するマイスターやマスターレベルとかが利用できるぐらいで、従来のまま。

DLC Warlords of New Yorkをクリアしたキャラだけがその後のシーズン配信のすべての追加機能を堪能できるのでした。

なので、既にDLCをクリアしてファームしかやることないプレイヤーはここぞとばかり復帰して新しいコンテンツを楽しみ始めたという感じ。

Youtubeにも沢山プレイ動画や解説ビデオが投稿されているよね。

ここでは具体的な話はYoutubeに譲るとして、シーズン9が配信されて、DLCをクリアしてた場合に何が変わるか体験したことだけをお伝えします。

・SHDレベルの導入

DLC Worloads of New Yorkをコンプしていない状態だとレベルキャップがあり、本編では30でDLCでは40どまり。それ以降はいくら経験値を得ても既に最大レベルに達しているということで価値がありませんでした。

なのでキャラの成長要素が止まってしまうのと、ミッションやコンテンツをリプレイして得られる経験値の行き場が無いというむなしさにもつながり、それを解決するために、キャラの更なる成長を促すSHDレベルがDLCコンプ後に導入されます。

シーズン9

DLCコンプ時に流れるカットシーンで、このキーナーの時計というのが導入されて、更なるキャラ性能の向上目標となります。

シーズン9

SHDレベルに比例してHPボーナス値がキャラに適用されるので、レベルが上がる毎にキャラが強靱になることを意味します。

DLCがリリースされてから4年経過した現在ではSHD 10000越えのキャラも珍しくないので、PvPとかでSHD 0に限りなく近いキャラと戦闘しても痛くも痒くもないというのは想像に難くないよね。

シーズン9

従来のレベルアップのステップの代わりに、SHDレベルのステップがあり、一定の経験値を稼ぐとSHDレベルキャッシュというのが1ポイント得られ、攻撃(赤)、防御(青)、武器ハンドリング(緑)、すかベンジン具(灰)、スキル(黄)、の順に順番にアンロックされ、それぞれに関係する武器MODや装備MODと同じようなブーストパラメータをいずれか1ポイント割り振ることができます。

シーズン9

もう武器も装備もMODは最大値を装備しているというキャラも珍しくないので、キャラ自体に同様のMODパラメータがあってそれが更に上乗せできるのはうれしいかも。

・マイスターレベル(英語:Experties)
日本語版では英語版と呼び名が違っているけど、武器のコア性能をアップグレードするシステムが導入されます。

武器や装備の扱いに熟達した証としてのマスター称号というのが各武器や装備の種類毎にマスターランクというのがあり、装備した状態で経験値を得るか、同じ種類や同じ武器や材料を寄付することでランクが上がっていき、10に達するとめでたくマスター称号が与えられます。

マスター称号が与えられた武器や装備は、必要な材料があればアップグレードでき、コア性能をブーストできます。

対象外のアイテムもあり、スペシャライゼーション固有のハンドガンとかは性能は最初から最後まで固定です。スペシャライゼーション武器はマスターランクがあり、通常の武器と同様にマスターになればコア性能をアップグレードできます。

まあ、スペシャライゼーション武器は弾薬供給が限られるので専用のタレントを持った装備セットでない限り滅多に使わないけど(´Д`;)

装備は武器と違ってアップグレードできるのはコア性能ではなくアーマー値のみと決まっています。

あとは新しいシーズン毎にコモンドロップの新しい装備セットとかも追加されたりして、それらはDLC終わっていなくても恩恵に預かれます。

シーズン9

もちろんミッション限定の装備や武器は依然としてあるので、やらないと損ということはあるけどね。

昔はシーズンやDZ限定だったけど、新しいシーズン配信時にそれらがコモンドロップに変更になって誰でも入手できるようになったのもあるみたい。

シーズン配信は期間限定で、グローバルイベントと同時開催なのでかなり長い期間開催されている感じ。

グローバルイベントは、敵NPCに特殊効果が常に有効になると同時に、ディレクティブとかいう名の自己縛りを追加することで、ゲームの難易度を上げてその分経験値を割り増しで得られるというシステム。

グローバルイベント中はチャレンジというのもあって、有効にするとオープンワールドからミッションまで全域で有効で、敵をある一定の方法で倒したり攻撃するとポイントが得られる項目が多数用意されていて、それをクリアすると赤い星マークのポイントが得られ、それを貯めてシーズンショップで各種福袋(キャッシュ)を購入できる仕組み。

高額な福袋はレアドロップのエキゾティック武器や装備、ネームド武器や装備、武器や装備のアップグレード用の材料、通常のクラフト用材料という順番に値段が安くなるように設定されています。

どれも既に持っているかどうかはチェックされないので、既に持っているのと同じのが出ることが。そういう場合はマスターランク上げように寄付するしか(´Д`;)

そんでもってシーズン9って何ということだけど、DLCのDLCみたいな感じで予めシーズン配信を受けることができる特典を購入している場合(たぶんDLC付きで購入している場合は含み要り)に続編というか同じようなストーリーとゲームシステムを使った物語とミッションが追加される感じかな、同時に新しい武器とか装備とかもストーリーのステップクリア時に報酬として限定支給される感じ。

なので今のところ最新のシーズンをこなさないと得られない武器とか装備があるけど、DLC消化してないけどコモンドロップで追加された新しいセット装備とかは普通に拾える感じ。

シーズン9

今回配信されたシーズン9は、それ以前に配信されたシーズン1から8の続編みたいな感じで、同時にマイスターシステムとカウントダウンというシーズン9のストーリーで明らかになったハンターという新手の敵が登場する新しいレイドコンテンツの導入かな。

レイドはやったことないけど、Youtube動画とかで一杯解説や実況動画とかるけどね、長いからどれも見てないよ。

サブキャラも本編のみクリアした状態だったけど、シーズンコンテンツをやるためにDLCを速攻でクリアしましたよ。

メインキャラの時はキーナー戦で苦戦したけど、シーズン配信されてからやらなきゃと思って、手持ちの最強マークスマンライフルでひたすらヘッドショットを決めることでクリアしましたが、サブキャラは慣れたもので、ブルワークシールドとハンドショットガンでひたすら近接から頭狙って短時間に敗退まで追い込みましたよ。

ブルワークシールドは敵が少ない時にはかなり強力だね。敵を倒すのに時間かかるけど。

んじゃまた。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/2154

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 3.023 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ページ変換(Google Translation)
サイト内検索