ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
Tweet
Facebook
Line

2005年6月15日(水曜日)

Depths of Darkhollow Preview

カテゴリー: - Gan @ 22時51分05秒

今夜はloginしたらサーバーダウン直前でテストサーバーも落ちてるしEQ2も落ちてるしで、時間が余ったのでMobhunter.comのLoralさんがFan Faireでお披露目された次のEQ拡張に関するリーク記事を訳してみました。良く読んでみるとちょと期待と熱意が伝わってきますね。

Depths of Darkhollow Preview
by Loral on June 11, 2005

I just returned from the preview of Depths of Darkhollow, the tenth Everquest expansion. It is with cramped hand and full bladder that I bring you latest details on this exciting expansion. The expansion has three major aspects; play as a monster, intelligent items, and the traditional expansion zones and missions. SOE will release Depths of Darkhollow on 13 September 2005. Let’s dig right in.

私はちょうど10番目のEverQuest拡張であるDepths of Darkhollowのプレビューから戻ったところです。私がお届けする最新のこの面白い拡張の詳細は無理矢理掴み取りして詰め込んできたものです。拡張は3つの主要な面を持っています: モンスターとしてプレイ、インテリジェントアイテム、従来的な拡張ゾーンとミッション。SOEはDepths of Darkhollowを2005年の9月13日にリリースする予定です。ではその詳細にふれましょう。

Play as a Monster
The most exciting feature of Depths of Darkhollow lets players select monsters as play characters. Anyone who remembers Project M remembers how much fun it was to jump into the body of a moss snake and pwn newbs. The Play as a Monster features improves on this idea in many directions.

モンスターとしてプレイ
Depths of Darkhollowの最も面白い機能はプレイするキャラクタとしてモンスターを選択できるということです。Project Mを覚えていらっしゃる人であればmoss snakeに乗り移り弱ちい新人に襲いかかるのがどんなに面白いか思い出されるでしょう。モンスターとしてプレイするという機能はこのアイデアを多くの方向性で改良したものです。

(Gan註:Project Mはかつて短い期間だけtest serverだけで試行された機能でキャラクタ選択画面の右上にあるMonstarというボタンを押すとランダムに選択された旧世界の雑魚MobとしてNorrathにpopします。死んでしまうかlogoutするまではそのMobで自由にゾーン内で行動することができます。ある時はNorth-Roの蛇だったり、ある時はBBの深く暗い穴の底のGnollだったり、Stoneblant mountainsの兎だったり。Ganが面白かったのはNewbieプレイヤーが居るEverFrostでSnow Orcになった時です。プレイヤーに感づかれないようにRunでなくWalkモードで自然にroamingしているうちに近づいてAgroしたかのように見せかけてPCを襲うのを楽しんでいました。さすがに動きが賢すぎるとわかると「あればMPC(Mob Playing Character)だ!」とばれてしまいます。Stonebalnt mountainsで兎になったときは非常に視点が低くて最初何になったのか分からなかったのですが、ちょっと移動したらパンダに速攻で襲われて食われてしまいました、あそこのパンダって肉食だったのね。snakeになったときはクラスがWarriorでkick skillが使えることを知って笑ってしまいました、結構周りのMobを倒して何度かdingしたりしましたね。多くのファンが居たらしいですが、その後のパッチに適合させるのが困難になって知っている人は少ないかも、いつの日か復活させたいとは言ってたような。)

There are two ways to play as a monster: within missions and using a system called the Spirit Shroud.

モンスターとしてプレイするには2つの方法があります:ミッション内およびスピリットシュラウドと呼ばれるシステムを使用する方法があります。

Using the Spirit Shroud, players can select lower level beasts to hunt with lower level friends in old-world zones. This meets a long-standing problem where friends of mixed levels could not hunt together. Though high level players may pick lower level monsters, the experience gained will improve both their primary play character and their selected beast. The creatures a player can polymorph into are limited by the infamous global memory file; a large file containing all of the player models, armor, weapons, pets, and other common world-wide models.

スピリットシュラウドを使用することで、プレイヤーは旧世界に居る低いレベルのお友達と一緒に低いレベルの獣を選ぶことができます。これは長い間問題であった混合レベルのお友達が一緒に狩りが出来ないという問題に見合います。非常に高いレベルのプレイヤーは低いレベルのモンスターを選択し、得られる経験値は主プレイキャラクタと彼らが選択した獣の両方とも上昇します。プレイヤーが変身できる獣はあまりよろしくないグローバルファイル、全プレイヤーモデル、防具、武器、ペット、それにその他の共通のワールドワイドモデルを含んだ大きなファイル、によって制限を受けます。

The second method of playing as a monster lets players jump into missions as any monster within the dark minds of the SOE designers and artists. Players can jump into a variety of missions with a variety of different monster PC models. We heard whispers of a lower guk mission with the PC playing the Froglok assassin or Froglok Shin Lord fighting the hoards of beasts from Cazic Thule’s armies.

モンスターとしてプレイする2つ目の方法は、プレイヤーがSOEデザイナーとアーティストの邪悪な精神世界に居る任意のモンスターとしてミッションに飛び入りするというものです。プレイヤーは様々なミッション中に様々なモンスターPCモデルで飛び入りすることができます。我々が聞かされた噂ではPCがFroglok assassinやFroglok Shin Lordをプレイするlower gukミッションではCazic Thuleの軍団からやってきた野獣の群れと戦闘するらしい。

These missions offer unlimited potential for historical EQ battles fought from the other side. Players might play as Nagafen and eat raids full of NPCs who wish to slay the great red beast. Using spirit shrouds, players of high-end guilds can switch to a pack of level 50 beasts and hunt Lord Nagafen once again.

これらのミッションは歴史的なEQの戦闘を反対側から戦う無限の可能性を与えてくれる。プレイヤーはNagafenとしてプレイし巨大な赤い野獣を倒そうとする完全にNPCから成るraidを食い散らかすこともあり得る。スピリットシュラウドを使用すると、ハイエンドギルドのプレイヤーがレベル50の野獣の集団に切り替わり、再びLord Nagafenを狩ることができる。

This feature alone fixes many outstanding difficulties in massive online games. It lets players play with lower-level friends. It helps players hunt even if they are missing a required class archetype. It helps revitalize old-world content by making any zone lower than a player huntable once again.

この機能だけで多人数オンラインゲームで未解決の問題の多くを解決する。プレイヤーが低レベルのお友達と一緒に遊ぶことを手助けし。必須クラスが欠落していてもプレイヤーの狩りを助ける。プレイヤーよりも低いどんなゾーンでも再び狩りが可能になることで旧世界を生き返らせるのを手助けする。

Since missions, this is the most exciting feature I have ever seen added to EQ.

ミッションであるが故に、これは未だかつてEQに追加されたことが無い面白い機能である。

Zones and Graphics
The expansion itself will include seven large static zones and fifteen instanced missions. This number doesn’t include a large raid-level instance of the final zones, Darkspire, intended to offer a large amount of content for current high-end raiders who quickly run out of existing raid content. This high-end zone will offer uninstanced single-group hunting as well as single-group and raid missions.

ゾーンとグラフィックス
拡張それ自体は7つの大きなstaticゾーンと15のインスタンスミッションを含む予定です。この数には最終ゾーンの大型raid級インスタンスは含まれません。Darkspire、既存のraidコンテンツをとっくにやり終えた現在のハイエンドraider向けの大規模なコンテンツを提供することを意図しています。このハイエンドゾーンは非インスタンスのシングルグループハンティングと同様に単一グループとraidミッションを提供する予定です。

From the screenshots we see large dark forests inhabited by ghost-white werewolves (perhaps that’s your friend Bob! Hey Bob!). We see huge bottomless caverns full of criss-crossing walkways between giant stalactites. We see the giant cathedral of the Darkspire. We see the twisted cities of the Illithid-Liches (Nanyea says they’re called “Alhoon"). The first shot of the large forest is called “Nektulos”. Could a zone revamp of our favorite dark forest be in our future? Further rumors say “yes” and you heard it here first - we will see a revamp of Nektulos Forest!

スクリーンショットで見えるのはゴーストホワイトの狼男(たぶんそれは貴方のお友達のボブ!やあボブ!)が住み着いた大きな暗い森です。また巨大な鍾乳石の間に巡らされた全く迷路のような広大な底なしの洞窟が見えます。Darkspireの巨大な聖堂が見えます。Illithid-Lichesのくねくねした町(Nanyeaはそれを"Alhoon"と呼んでいました)。大きな森の最初のショットは"Nektulos"と呼ばれています。なじみ深い暗い森が将来revamp去れ得るということでしょうか? 別の噂では"その通り"であり、ここで初耳です - Nektulos Forestがrevampされるのです!

The zones look beautiful and it sounds like they’ll have a lot of content for a lot of players.

ゾーンは美しそうで多人数のプレイヤー向けに沢山のコンテンツを用意しているようです。

The monsters themselves, both PCs and NPCs look excellent including werewolves, the liches mentioned above, eels, big mushrooms, minotaurs, gnomish lockwork rogues, orcs, and drachnids.

モンスター自身は、PCおよびNPC共に狼男、先に述べたLiches、うなぎ、巨大マッシュルーム、ミノタウルス、ノーム鍵開けローグ、オーク、クモ人間も含めて優れているように見えます。

Intelligent Items
The final feature discussed during our preview of Depths of Darkhollow were Intelligent items, also referred to as “Evolving Items” and “Smart Items”. Did you ever read the R.A Salvatore Legacy of the Drow books? Remember Dantag Banere’s intelligent demonic sword, Khazid’hea? Imagine that in EQ. Swords will insult their slain masters and desire the expert hand of another. These weapons earn experience as though they were characters, growing in power as their master (or servant?) wields them. The possibilities are endless.

インテリジェントアイテム
今回のDepths of Darkhollowのプレビューの最後の機能面の話題は、インテリジェントアイテム、またの名を"成長するアイテム"もしくは"スマートアイテム"でした。R.A Salvatore Legacy of the Drow本を読んだことありますか? Dantag Banereのインテリジェントな悪魔的剣、Khazid’heaを覚えてます? EQ内で剣が敗れた持ち主を軽蔑し別の鍛錬された持ち主を望むと言う風に想像してみてください。これらの武器はキャラクタのように経験値を得、持ち主(もしくは奴隷?)と共にパワーを増していきます。可能性は無限です。

During the last three days, Craig Knapp, Everquest producer describes his visions of Everquest growing in depth instead of breadth. His philosophy seems to be both metaphor and literal at the same time. Depths of Darkhollow looks to take Everquest into whole new directions. Most importantly, the features of Depths of Darkhollow clearly define Everquest as a continued force in a fiercely competitive world.

最後の3日間の間、EverQuestプロデューサー、Craig Knappが口先だけでなく奥深くまでEverQuestの成長のビジョンを説明しています。彼の哲学は比喩的であると同時に文学的であるように見えました。Depaths of DarkhollowはEverQuestをまったく新しい方向へ向かわせようとしているように見えます。最も重要なのは、Depths of Darkhollowの機能が明らかに猛烈に競争的な世界の中においてEverQuestを継続的な勢力として定義しているということです。

Now go check out the Depths of Darkhollow screenshots.

さあ、Depaths of Darkhollowのスクリーンショットを見に行きましょう。


コメント

このコメントのRSS

TrackBack URL : https://www.rainbowseeker.jp/xoops/modules/wordpress/wp-trackback.php/256

この投稿には、まだコメントが付いていません

コメントの投稿

改行や段落は自動です
URLとメールアドレスは自動的にリンクされますので、<a>タグは不要です。
以下のHTMLタグが使用可能です。
<a href="" title="" rel=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <br> <code> <em> <i> <strike> <strong>


ご注意 : セッティングにより、コメント投稿から実際に閲覧できるようになるまで暫く時間が掛かる場合があります。 再投稿の必要はありませんので、表示されるまでお待ち下さい。

13 queries. 0.661 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

ページ変換(Google Translation)
サイト内検索