ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu

2010年7月29日(木曜日)

500年後のKelethin

カテゴリー: - Gan @ 06時39分10秒

昨夜はEQがパッチデーだったので公式フォーラムを久々に覗いたら、EverQuest II Extendedという新サービスが発表されたぽいね。

従来のEQIIサービスとはまったく別のゲームサーバーでプレイ上の制約は付くけど無料プレイのブロンズサービス、一時金を払ってブロンズより少し制約が緩和されたシルバーサービス、定額課金で更に制約が緩和されゲーム内サポートが得られるゴールドサービス、年額契約で更に制約が緩和されたプレミアムサービスが登場するぽい。現在EQIIの有効なaccountを持っている人向けにβテスト中ぽい。ただし英語版のみね。

詳しくはFan Fairとかで説明されるんだろうけどね。今までのEQIIプレイヤーは新しいサービスの加入者とはまったく別世界なので何も変わらないぽい。Extendedで遊びたい人は今のキャラクタを新サービスのサーバーにコピーする権利が付く特権があるみたいだけど。

そんなこともあって普段GanのPCでEQ立ち上げるのに使っているStation Launcherで初めてEQIIを立ち上げてみたら、今まで英語版だったのが自動敵に日本語版になっちゃた。EQIIは言語を日本語選択すると日本語版のパッチがあたってサーバーも日本語サーバーのみになっちゃうのね。英語サーバーに置いたままのKintarosanはどうなっちゃうのでしょう。言語また変更すればいいのかな。GanのaccountはLegendsの頃からStation AccessのなのでEQIIも込みなのです。altのaccountはEQのみ。EQII Extendedでは日本語版サーバーは提供される予定はないのであしからず。EQII日本語版で遊びたい人は従来のEQIIサービスに加入する必要があります。今は2週間のお試しから始めることが出来るけどね。

日本語サーバーはSebiしかないので有無を言わずキャラ作成画面からはじまりました。今は新しいキャラを作ると開始都市が種族によってNew HalasだったりGrater Faydarkだったりするのね。レベル1のMobが居るゾーンということかな。最初の頃あった難民島への船旅というのは無くなったのね。船旅は無くなって船着き場から直接ワープで行き先へ飛ぶ感じに。

最近のパッチでそうなったのかどうか謎ですが、ゾーンの合間に表示されるコンセプトアートが彩色されたものになっていました。

とりあえずDwarfのAkahigexを作ってGrater Faydarkを開始都市に選びました。500年後のKelethinをめざします。

500年後のGrater Faydark
(続き…)


2009年12月9日(水曜日)

Kintarosanは今(EQパッチ明け待ち)

カテゴリー: - Gan @ 14時53分19秒

むう、曇り(´д` )

昨夜はEQにログインできるようになるまで久々にEQ2のKintarosanでクエストをやってました。ずいぶんと以前の拡張で追加されていたクエストですが、レベルが低いのでクエストを受けるのに必要な犬退治ができませんでした。

最近たまにEQに入れない時にログインして一時間ほど雑魚狩りをしていると経験値が貯まってdingするという感じでレベル20になっていました。なので以前受けて難易度が高かったクエストもいくつか完成させています。

たままたクマに復讐したいというNPCの代役を引き受けるクエストがあって、最初どこにクマが居るのか長い間探していたのですが、実は見過ごしていた地面に倒れて犬に囲まれているNPCの死体とストーリ的につながっているというのにやっと気づきました(おそ)。

前回までのあらすじ
(続き…)


2009年11月15日(日曜日)

きんたろうさんは今(SENTINEL’S FATE)

カテゴリー: - Gan @ 12時47分05秒

ずっと以前から立ち上がらなくなって遊べなかったEQ2です。

先日のHalloweenの週にtest serverならなんとかなるかもともう一度立ち上げてみて、やってみたら同じ。

キャラ選択画面からゾーンしようとすると途中でエントリが無いとか意味不明なランタイムエラーが出てしまいます。

実はそれで諦めていたんだけど、OKボタンを押してエラーが出るのを無視してしばらくすると実はゾーン出来ることが判明。なんだそうだったのね(´∀` )

ランタイムエラーが出るのは気になるけどゾーンできればあとは問題ないぽい。

久々に500年後の世界を見ることができました。

毎年Qeynosでは恒例のお祭りがやっています。Kitarosanもレベル20になって、未消化なクエストも既に灰色になってしまっています。新しくレベル相応のクエストを受け直したり、その後追加されたQuest NPCから最新のクエストを受けたりして、さてどれからやろうかな。

EQ2はEQと違ってソロで初めても地道にレベルは上げやすくなっています。EQはグループプレイが主題だからソロプレイは難しいようになってるのと大きく違います。最近はEQも傭兵とか追加されて少人数でもコンテンツが楽しめるようにはなってきたけどね。それでも主題は多人数プレイであることは譲らない感じ。

今朝も立ち上げてみたら、新しいEQ2の拡張が出るみたいで、その宣伝が表示されました。調べたらデジタル段ロード販売に先行して店頭でコレクターズ・エディションとかを予約できるぽいね。ゲーム内のマントと楯にフィギュアがおまけでついてくるぽい。

SENTINEL\'S FATE

SENTINEL’S FATEっていうらしく、今度はODUS大陸が舞台らしい。予告編ビデオがなんと日本語版が用意されています。パンダ族が可愛いね。

SENTINEL’S FATE

なんか釣りとか太極拳とかしている雰囲気が(´∀` )

アジア向けには売りかも。今は2週間お試しも版もあるのね。

SOEのEQ2サイトを良くみたらEQ2再インストール用のlauncherがダウンロードできるのね、今度試してみよう。でも500年前で当分忙しいから遊ぶ暇はないけどね。


2009年1月13日(火曜日)

きんたろうさんは今(Commonlandsパート終了)

カテゴリー: - Gan @ 10時59分14秒

久々にEQ2の様子が気になりました。

EQ2起動したら1年ぐらいloginしていないのでパッチが溜まって大変なことに。

残り時間22時間とか出てるし。そのまま夜中なので寝ちゃった(;´Д`)

翌日に目が覚めて見てみたらパッチが終わっていたのでログイン。

もう次ぎの拡張が出るのね。

こないだからヘリテージクエストのCommonlandsパートがクリアできなかったけど、もう大分コースも憶えたし再挑戦してみました。

ルートさえ誤らなければaggroせずにポイントを踏んでいけます。これまでのところスタート地点付近のポイントの場所がわからずに迷って時間を無駄にしていました。

これもだいたい方角的に憶えたので少し時間短縮できるはず。

やってみたらやっぱり最後のお墓のある方向に迷いが生じて少し時間ロス。あとラストのスタート地点に戻るだけ、うっかり疾走モードが回復していたのを忘れていたら間に合わなかったかも。最後疾走モードでラストスパートをかけてギリギリセーフで間に合いました。

ご褒美にレベル24用のアーマーがもらえたけど、Kintarosanはまだ19なので装備できません。ということはこのクエストの推奨レベルって24以上なのかな。

とりあえず次なる難関が待っているThundering Steppesへ戻らなければなりません。まだ続きがあったのね(;´Д`)

何時の間にか変わってたUI

地図を開くとMAPのUIが変わっていました。以前より大きく、少し見やすくなってます。でも自動追尾はしてくれないぽい。

無事港へたどり着き、初めて来たときについ手を出して財産をあらかた巻き上げられてしまったGigglegibber goblinが居ました。これEQのFrostfellにも出て来たよね、EQにもそのうちギャンブルベンダーとして登場するのかな。

もう遊んでいる暇とお金は無いのでさっさとThundering Stepesへ移動。

港に居るNPCと会話して次ぎの試練を受けます。でもここはCommonlandsより危険過ぎ。空中浮遊とかないとまっすぐにはいけないし。時間は前と同じだし。

ちょっと無理ぽいけどポイントの場所だけ確認しようと出発。いきなり最初のポイントにたどり着く前にUndeadにぼこられ死亡(;´Д`)

ここ来る前にCommonlandsで24までレベル上げとくべきだったよね大失敗(;´Д`)

とりあえず傷心のままAntonicaへ出てQeynos経由で古巣のWillow Woodで装備の修理して宿屋で落ちることにしました。

次回はまたいつの日か。


2008年10月11日(土曜日)

きんたろうさんは今

カテゴリー: - Gan @ 18時03分03秒

まごさんのとこを見たらEQ2で大きなアップデートがあったみたいなので久々にきんたろうさんをpopさせました。

ギルドロビーが利用できるようになったみたいだね。しかもEQのそれより超便利だし。きんたろうさんには関係ないけど。

なんかpopしたらご褒美が届いていました。念願のマントです。

初めてのマント

(続き…)


2007年7月24日(火曜日)

Commonlands到着

カテゴリー: - Gan @ 22時53分38秒

Kintarosanはなんとかcon redなMobから逃げ切ってQeynosに戻り、港からNektrus Forestへ向かう船に乗りました。

500年後は船でFreePort方面までいけるのね。知らなかった。

Neriakには立ち寄らずにまっすぐCommonlandsへ抜けました。昔GanがCommonlandsに初めてきたのも18だったよね。

Commonlands到着

遠くに見えるのはFreePortかな。

とっても広いでちゅ。

でお目当てのNPCがどこにいるかも謎。とりあえず地図を完成するために走りまわったりGriffonに乗ったり。

ここでしばらく経験値稼ぐのも悪くないね。もうすぐ19だし。

FreePort近辺はcon redなNPCが多くてまるでEvilになった気分。どっか下水道とかあったよね確か昔は。FreePortへは下水道から侵入するしかないかも。


2007年7月23日(月曜日)

Commonlandsへの旅

カテゴリー: - Gan @ 18時52分45秒

たまにしかloginしないEQ2のKintarosanはそれでも拡張が出るたびにpopして新しい低レベル向けのクエストを消化して今や18になりました。

ずっと前に追加されたタイムトライアルのHeritage Questを何度か挑戦してきたけど足が遅いのでいつも途中でFail。

昔EQでもやったことあるKarana平原のタワーで受ける郵便配達タスクのEQ2版ね。

先日まごさんとかが参加した「パ○祭り」は新しい遊び方で感動しました。EQ2の日本人コミュニティーも結構濃いでちゅね。

それに触発されて久々にpopしたらパッチが長いこと。

Kintarosanと第二の月とGnoll

タワーでクエストを受けて即時スタートしてなんとか最短経路がわかってきてクリアできそうかなとやり直しをしてたら親切なFeyな方にSoWをもらって一気に楽勝になりました。

でスタートポイントに戻ってくると、これはまだ序の口らしく、次ぎはCommonlandsにいるNPCに合いにいけという指令が。CommonlandsってFreePortの隣のあそこ?

まだいったことないでちゅ(´д` )

それにKintarosanはQeynos派なのでFreeportはMax KoSですから大変危険な旅になります。それ以前にどうやって行けばいいかわかりません。

どっか経路はあるはずなんだけどね。

でSteppesの先のゾーンに行ったら死んじゃって、海岸しか最寄りの復活点がなくてそこで立ち往生。

どうすんだこれ。

続く…


2007年1月2日(火曜日)

EQ2のFrostfell祭り

カテゴリー: - Gan @ 21時03分57秒

2006年のクリスマスの時はEQ2でお祭りが盛大に行われていたけどEQ1の方はなしのつぶてでした。

雪だるまや雪玉投げとか結構おもしろかったよね。

でも今年のクリスマスはEQ1の方が先行してEQ2は少し遅れた感じ、なんでかなと思ったら少し前年よりも趣向が凝らしてあるからのようでした。

North Qeynosの広場の風景はおなじみの雪だるま。

今年の雪だるま

前年と違うのは雪玉をぶつけられたNPCのモーションが凝っていて、雪まみれになって凍える様子がうまく表現されています。それと随所の扉に飾りがしてある点ですね。

扉の飾り

Qeynos Hillに出ると結構最近始めたばかりの新人さんがいっぱい居ます。随所でSOEがEQ2の広告を出してる効果かな。

経験値の入り具合もpopする度に微妙にチューンし直されているのを感じます。ソロでやってもそれなりに毎日遊んでいればレベルは上がる感じ。これはWoWとかの影響かな。昔のEQ1なんてほとんど経験値が入らないMob以外ではソロでは歯がたたなかったよねWarとかは特に。EQ1もTSS以降はかなり経験値が入るように変更されているみたいだけどこれもWoWの影響かな。

やっぱり長く遊んで貰えないと収入も確保できないからね。

popしなくても課金だけ払って居る人はどれだけ居るんだろう。

そういう自分もほとんどpopしないAnarchy OnlineとかFF11とか課金を何年も払ってたり。EQ2もそれに入るかな。

EQ2はFaydark島が解禁になったみたいだけど拡張入れてないから行けないかも。なにやらGnomeが残していったClockworksは独自に進化を遂げているらしいね。タケコプターよろしく空を飛ぶClockworksも居るらしい。

新しい拡張の紹介サイトを見るとなんか昔買ってクリアできなかったApple ][用のStarTrekのAdventure Gameのカバーグラフィックスと良く似ている。Prophesy of なんたらとかいう名前だったけどもう忘れた。どっか段ボール箱に入っているかも。

昔から思うけどコンピューターゲームのほとんどの基本的なアイデアはApple ][の時代に出尽くしている感じがするよね。最近の3DのOnlineゲームを除いて。

SoEは最近また海賊をテーマにしたストラテジーゲームを出したらしいね。前のEQをテーマにしたので大失敗したけど懲りてないのかな。SoEは海賊大好きだよね。EQにもたびたび登場するけどあまり当たったためしがないのがいまいち。Legendsを立ち上げた時の売りもMarauder’s Mireという海賊ゾーンだったけど、あれのキークエストの根底に流れる悲話だけは泣けたよね。

泣けるゲームというのも新しいジャンルとしていいんじゃないかなと思う最近。あまり度が過ぎると鬱病とかを促進してしまうかもしれないけどね。たまに涙流すのも良いかも。

ゲームは皆そうだけど子供の頃に戻れる数少ない手段だよね。


2006年8月26日(土曜日)

eq2players日本語ページ

カテゴリー: - Gan @ 12時32分26秒

昨夜突然Ganだけ死んだ際にTime Out!とか出ていきなりログイン画面になっちゃてその後しばらくつながらなくてEQに入れなくなった事件が発生。

隣のAkahigeやUlanchanはなんとも無いので納得いかない感じ。LANの接続状態が悪いわけじゃないみたい。外のWebとかにも大半はアクセスできるけど一部まったくだめなとこも。MSNとかはまったくつながらない。

そこで物は試しにEQ2を立ち上げてみることに。こちらはパスワード入れて認証はパスしたもののアップデートサーバーとのコネクションが×の模様。ふーむなんとなくわかった感じ。しばらくアップデートを試みていると突然うまくアップデートチェックが始まりPlay可能な状態になりました。

同時期にEQも立ち上がるようになりログインできるようになりました。

EQ2はKintarosanがlevel16に上がった頃から全然やってなかったけど久しぶりにeq2playersページを立ち上げてみると我が目を疑うものが現れました。

日本語EQ2Playersページ

完璧に日本語化されているではありませんか。

もしかして以前からずっとそうだったのかも。それとも日本語版が本家に出戻りした時に出来たのかな。確かずっと以前に言語選択メニューにはJapaneseがあったけどその頃からだったのかも。

EQはこうはならないよね。人口少ないだろうし。

久しぶりにKintarosanでpopしてみたら結構ゾーンにはレベル20代とかの人もいっぱい居ます。以前やり残していたGnollレポートのクエストの絞めが残っていたのでそれをやってご褒美をもらいました。今身につけている昔の指輪よりも必須レベルは上ですがステータスはほとんど無いゴミぽいものでした。昔は拾ったものでもかなり良いステータスがついてたのに。クエストの報酬はあまり良くない感じ。


2005年12月21日(水曜日)

EQ2のクリスマスイベント

カテゴリー: - Gan @ 22時38分46秒

今夜はEQサーバーダウンなのできんたろうさんでEQ2で遊んで時間つぶしをとおもってloginしたら、なにやら普段と違った風景が…

EQ2のXmaxイベント

おお、ついにねんがんの雪だるまが( ´ー`)
感激の2ショット。
(続き…)


2005年12月8日(木曜日)

久々のEQ2

カテゴリー: - Gan @ 10時45分37秒

昨夜はEQサーバーダウンの間ちょっとだけEQ2のきんたろうさんで遊びました。

久々にEQ2起動したら大分パッチがあったているらしく、ゲーム内容も変化してました。

まず大分前にbug報告していたGnoll ear集めクエストがGnoll earをlootしてもbagに残ってしまってちっともクエストにカウントされなかったのが直っていました。いつのまにかもう後1個で完了な状態になってました(それまでは0/10だったはずだけど)。ちょっとQeynos HillsでGnollキャンプを掃除したらめでたく完成。さっそくQuest giverのところに行ってご報告。

やっとこクエスト完了

でもご褒美がクエスト受けた時点のlevel 10相応のものでしかなくほとんど使い物になりません(´Д`;)
まだQeynos Hillsで雑魚倒した時にランダムで出る宝箱の方が常に現在のレベルに相応の性能のものが出るのでそちらの方が全然良いです。このあたりは気が利かないのよね。

あとQeynosのお城の前に居るNPCからいつも貰っていたlevel 10のクエストは今度から貰えなくなりました。でもまだお城の中には入れないぽい。

良い変更というと、現在のターゲットがレンジ外に居る時にはAbilityのHotkeyが暗くなり使えないことが予めわかるようになったという点です。おそらくキャスターの場合はスペルとかもそうなるんでしょうね。Out of rangeになったのがキャストしてみてからしかわからないEQ1もぜひそうなって欲しいものでちゅ(Absor氏はいやがるでしょうけど)。

他には死んだ時のSpirit shard回収がほとんどしなくてもよくなったみたいですね。以前の通り死んで生き返るとSpirit Shard回収クエストのアイコンは表示されますが、クエストの有効期間がとても短くなって生還した場所から死んだ場所に移動する間にはクエスト消失してしまいます。パーティプレイとかで生き返る選択しないでrezを待っている場合はきっとSpirit shardは残っているんでしょうけど。ソロだと関係ないぽい。

あと雑魚の強さとかレベル配置とかが変更されてlevel 15ではまだQeynosの近くでしかソロの狩りは出来ません。Level 12ぐらいのGnollなら集団で来てもへちゃらですが、それより上だと一匹でも簡単にこちらが死ねます。

とりあえず近場のGnollを狩っていれば経験値はたまります。

また近々EQはバグ修正のバグ修正があるみたいだし、その時にlevel 16をめざそ。


2005年10月30日(日曜日)

EQ2のハロウィーンイベント

カテゴリー: - Gan @ 03時29分19秒

New PCがセッティング終わったのでしばらくぶりでEQ2にログインしてみました。するといきなりNorth Qeynosのお城の門の前のNPCが仮装しています。

ハロウィーンイベントぽい

なんかイベントが行われているぽいです。
(続き…)


2005年9月24日(土曜日)

きんたろうさんは今

カテゴリー: - Gan @ 15時07分10秒

ここ最近長いことご無沙汰していたEQ2のクライアントを立ち上げてみました。ふとRegionのメニューを開いたところ、いつ頃からなのか下にあるようにJpaneseが追加されていました。

おろ日本語版が統合?

うむ、これは日本語版EQ2も本家とサーバー統合したということでしょうか? 選択すると対応するバージョンがダウンロードされることになるよというダイアログが表示されたので、そうなのかもしれません。でも怖いのでCancelボタン押しました。

EQ2で作ったGanの生まれ変わりであるKintarosanはやっとlevel15のWarriorですが、ちょっと前までは結構ソロでも戦闘がEQに比べずっと楽しいこと請け合いでした。技を連続させると不思議な事にすごいprocが発動するのでそれを使うと同じレベルのMobが複数incしても楽々倒せたりしました。

でも前回大きなパッチというかExpansionがリリースされた以降は、そのバランスが修正されたのか、今はcon blueのMobでさえ一匹倒すのがやっとの程度にnerfされたみたいです。がっかり(´Д`;) でも相変わらず連携技をやると戦闘がまるで剣の舞みたいで楽しめるのは変わり有りませんが。EQの単調なWarriorの戦闘モーションに比べると天地の差ぐらいあります。

いまだにQeynosの塔の中には入れてもらえないので、いつも一人で蛇とネズミと虫を退治するミッションをもらって地道にレベルアップしてます。といってもlevel10ぐらいまではFighter固有のクエストとかをこなすことですぐ到達しちゃうんですが。クエストこなすとご褒美に装備とかも貰えるし、Antonicaの雑魚Mobからも結構レベル相応の良い武器や装備がdropします。

EQがサーバー落ちとかの時しかやる時間今は無いですが、結構しらない間にいろいろ拡張版が出てEQと同じにモンスターに変身するとか、空飛ぶ絨毯とか登場しているみたいです。


2005年3月22日(火曜日)

The Bloodline Chroniclesが公開

カテゴリー: - Gan @ 18時03分16秒

21日にEQ2の最初のAdventure packであるThe Bloodline Chroniclesが公開されてたんですね。時々パッチあてるだけのためにしかEQ2起動しないので気づくのが遅れました。

lore chapter III

実際にプレイできなくても3つのパートに分かれているトレーラームービーは良くできてるので見るだけでも楽しめます。EQ2の特徴である戦闘モーションとかパーティクルエフェクトとかが良く引き出されてます。今回のパッケージ公開を記念して、

・1アカウントで作れるキャラクタ数が2増加(従来は4スロットしかなかった)
・ゲーム内メールシステムが提供される(EQで導入されたあれですね)
・馬を複数のキャラクタで共同利用できたり料金を先払いできるようになるらしい
・魔法属性付与されたアイテムのレシピ追加
・武器のダメージレートが変わったらしい(簡単に試せるようになったのかも)
・攻撃の回避と緩和が分離されることになって防御について考えを改める機会かも
・クエストのレベルが変わっているので各自Journalを見てチェックしてみてね
・新しいlevel50用のヒーローゾーン誕生:Nektroposに来たれ

いまいち拡張パックの申し込み方法が未だによくわからなかったりする。


2005年3月1日(火曜日)

The Bloodline Chronicles

カテゴリー: - Gan @ 17時43分22秒

なんかEverQuest IIの最初のAdventure packがアナウンスされてました。詳細は段階的に紹介されていくパターンぽい。

The Bloodline Chronicles

・全プレイヤー向けに3月21日に新ストリーと共に公開され利用可能になるTombs of Nightを含む5つのエリア
・Solo, Group, Raidそれぞれ向けのインスタンスゾーン
・GoodとEvilのプレイヤーそれぞれのストリーラインに基づいたクエストでBrotherhood of NightかHand of Marrのどちらかに寄進するか選ぶことができる
・Vampire, Hellhound, Fleshgoyle, Revenantなど新たな恐怖の生き物
・現在進行中のadventureを推し進めるべくダイナミックなストリーラインに沿っていきます
・未発掘の墓地へと抜ける崩れ落ちる壁などの環境とのやりとりがあります
・吸血鬼の魔法に基づいたスペルやアイテムを含むぬきんでたテーマコンテンツ
・すべてのレベルのプレイヤー向けの新たなNeriakアイテム
・T’Hasen The Lostを最初に倒したraidグループに栄光と幸が与えられます

購入しない人でもTombs of Nightというゾーンは公開されるみたいですね。規模的にはそんなに大きくないパックみたいですがダイナミックイベント的な要素がこれまた魅力ですね。ストリーラインに基づいたクエストというのも初期のEQの頃から次第に失われていった要素だけにEQ2では堅持して欲しいものです。EQにも復活の兆しはありますが。


2005年1月24日(月曜日)

EverQuest II RPG books

カテゴリー: - Gan @ 00時26分44秒

EverQuest RPG booksで定評のあるWHITE WOLF社から今度はEverQuest II RPG booksが出るらしく予約注文開始のアナウンスがEverQuest Liveに載ってました。

The EverQuest II RPG Player’s Guide

The EverQuest II RPG Spell Guide
です。

内容的には前者は種族やクラスや歴史解説のようでEQ2 Online playでも役立つものになってる様です。後者はtabletop RPGで必須な全キャスタークラスのSpellの一覧と各スペルの詳細な解説本ですね。

しばらくの間にいくつか新しいEverQuest RPG booksも出てるたんですね、まだ買ってない既刊本もあるんですがStation.comで注文しようとすると在庫切れで注文が出来なかった記憶が。


2005年1月17日(月曜日)

ロンドンの思い出

カテゴリー: - webadm @ 09時30分51秒

EverQuestを始めて間もない頃、仕事でロンドンに滞在したことがあります。その時の思い出を少し。

休日を利用してTower Musiumというところに行きました。ロンドンのテムズ側のほとりにある古くからのお城をそのまま利用して博物館にしてしまったところです。

よく分からずに料金を払って中に進むと、真夏の暑い昼間にもかかわらず赤い分厚いロンドンの衛兵風の上下の上着姿のガイドのおじさん達が汗だくになって説明しています。説明が終わるとすぐ顔の汗をタオルでぬぐっていました。ちょっと気の毒でしたね。

次に驚いたのは、敷地内にある古い教会堂に入るとそこにお墓があるのです。ここのお城の名主が葬られているとかです。その他にも敷地内で昔処刑された人なんかもどっかに埋葬されているらしいです、こわ。そんなところに教会があってそこでお祈りしていた人たちの気が知れません。

更に見学路を進むと大きな兵器庫の中に入りました。ここは当時の武器庫そのもので広い間取りを利用して当時使われていた武器や防具(鎧)を展示していました。博物館になった今も見上げると高い天井近くまで届く棚の中に夥しい数の剣が格納されているのが見えました。EQでおなじみのFine steel long sword(two handed sword)だとすぐわかります。外観がまるでEQのそれでしたのでこれをモデルにしているのは確かです。

兵器庫には当時のお城の主人とそのお后専用の鎧が展示されていました。良く磨かれて銀のような輝きしていました。姿はEQのまさにPlate BPのアイコンの姿そのものでした。

もしロンドンを訪れる機会があればTower Musiumをお見逃しなく。EQの世界がより身近なものに感じられるはずです。

あともう一つ、大英帝国博物館にも行きました。こちらは無料ですが入り口のところに大きな募金箱がありました。入り口にはもうひとつ驚くべきことにお金を恵んでもらおうとする若い家出少女が沢山たむろしていました。近くを通るとこちらに話しかけてきてお金が欲しい様なことを言ってきます。手の平をこちらに差し出してくるのですが、話している言葉がちょっと分かりません。英国のすさんだ一部を見た気がします。

大英博物館は英国が全盛期にアフリカ大陸やアジアを冒険して勝手に持ち去った財宝や遺跡、遺物の数々を展示しているところでした。中でもミイラは圧巻です。エジプトやその他世界各地で掘り集めたミイラが多数展示されています。布に巻かれた姿のミイラならまだしも、裸のまま乾燥しきった死体のままのミイラがごろっと横になっている姿を見ると、これっていわゆるcorpseだよねと思ってしまいます。ミイラは未来にいつしか蘇生が可能になった時のために肉体を保存しておくということですから、EQで言えばRezを待っているcorpseと一緒ですよね。今でもあのミイラ達は目に焼き付いて離れません。

大英博物館はお金取られないので(現在はどうかわかりません)、ロンドンを訪れた際にはぜひミイラを一目。

英国を訪れた時にびっくりしたことがもうひとつあります。それは1ポンド硬貨の厚さと重さが他の種類の硬貨を飛び抜けて大きかったことです。ホテルで両替を頼んだ時に目の前にどっさりと積まれたポンド硬貨を初めてみたときそれが硬貨だとは暫く分かりませんでした。ポケットに忍ばせるには重すぎますし、財布にしまうにも分厚すぎます、もうポンドには両替すまいと思いました。思えば、あの重さはEQのcopperの重さに等しいです。きっとあれのモデルです。

英国を訪れた際には1ポンド硬貨もお見逃し無く。

ロンドンは町の中の軒並びの様子や道幅の狭さなど日本と互換性があるのではと思える程、日本と良く似ています。もちろん、ハイドパークとか皇族の住む建物とかはスケールが大きくて日本では比べるものがありません。EQ2などの景色はそのスケールの大きいところをモデルにしている感じがしますね。

これから海外旅行をご計画されている方はロンドンも候補に入れてみてください。距離は離れていますが、昔日本が多くのことをお手本にした程、国土的にも気候的にも良く似た国です。旅行してみると不思議な親近感がわきますよ。


2005年1月11日(火曜日)

EverQuest II日本語版GM募集

カテゴリー: - webadm @ 17時41分59秒

リンクを登録していてなにげなくEverQuest II日本語版のスクウェア・エニックスのページを見ていたら、GM募集のページがあるではないですか。

時給1,000円〜で1日24時間3交代制8時間で週5日ということは月収は最低でも16万円。条件は一応満たせるから心がちょっと動いた。でも一日8時間拘束されるのはいや。他にもやりたいことあるし。16万ではちょっと月収としては足らないかも。


2005年1月10日(月曜日)

2005年のファンフェア

カテゴリー: - webadm @ 13時44分03秒

Legendsことstormhammerに居た頃に某GMの口から、2005年に日本でファンフェアが開催されるなら参加したいという言葉がもれたのをGanは聞き逃しませんでした。

その当時は日本語版EverQuestが立ち上がった直後であり、SOEも日本でEverQuest人口が爆発的に増えることを期待して日本での初めてのファンフェア開催の話が出るまで熱意が盛り上がっていたのかもしれません。

その後日本語版EverQuestはガマニアとSOEの共同運営になりましたが、SOEの関与度は以前と変わらないか増していると想像されます。また日本語版EverQuest IIも今年スタートすることから、日本でのファンフェアの開催の可能性機運は高まっているとも想像されます。


2005年1月8日(土曜日)

未来のEverQuestはこうなる

カテゴリー: - webadm @ 04時16分50秒

忘れないうちに。

某所の日記で見かけたとたん、EverQuestも進化していけばいつかはこんな感じになるのかもとファーストインプレッション。

例えば、かわいいWoodelfちゃん白い肌のHielf譲とかいうのを想像してみたり。

オリジナルサイトはここです。


2005年1月7日(金曜日)

Station playersサービス

カテゴリー: - webadm @ 19時29分33秒

EverQuest IIの公式サイトにはEQ2Players.comへのリンクがあります。SOEはEverQuestの時代では出来なかったプレイヤーコミュニティまでも自主運営で作り上げようとしています。EverQuestでは事実上の標準だったMageloに取って代わるキャラクタプロファイルサービスや、プレイヤー自身に作成がゆだねられていたプレイヤーギルドサイトアイテムデータベースも提供しています。

EQ2Players.com

ただし情報を見るだけなら無料ですが、情報を提供したりするためにはStation playerにStationアカウントをアップグレードする必要があります。これは有料なのでMy AccountのページからMy Subscriptionのページを開いてUpdate of Station Players Featuresボタンを押して手続きをする必要があります。

Station playersへのアップグレード


Jboots、Collector’s edition

カテゴリー: - webadm @ 17時38分04秒

すでに通常版を購入して英語版EverQuest IIをプレイしておられる方は多いかと思います。その中でCollector’s Editionを購入できずに今も悔しい思いをしている方も少なくないかと思います。そうした方々に朗報があります。もうご存知ならごめんなさい。

通常版からCollector’s Editionにアップグレードできるサービスが用意されているのを発見しました。Collector’s Editionではドラゴンの赤ちゃんがペットで飼えるのですが、通常版でプレイしている人のためにプレイ中のままでアップグレードできるのです。

それだけでなく、先行してキャラクタ作成キットを購入した人の特典だったJbootsも希望すれば追加できるようになっていました。

上記のアップグレードは、EverQuest2.comページのMy AccountをクリックしてMy SubscriptionのページのEverQuest IIに関するBILLING欄の$view/editをクリックすると出てくる現在のSubscription情報ページの最後のほうにボタンがあるのでそれをクリックすることできます。

その他にもEverQuest IIで導入された各種のキャラクタ情報のオンラインアクセスサービスもお金さえ払えば利用できるようです。

My Subscriptionページのボタン


52 queries. 1.036 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索