ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu

2005年3月31日(木曜日)

サーバー統廃合

カテゴリー: - Gan @ 02時22分57秒

Ruins of Kunarkが出たころだったかShadows of Luclinが出てグラフィックスが新しくなってからが境なのか一時は膨張の一途をたどっていたEverQuest人口も下降の一途をたどり、多くのサーバーでは過疎化現象が深刻なようです。

今回今後予定されるサーバーの統廃合の予定が告示されました。

4/7 Brell SerilisをCazic Thuleへ統合
4/11 Morden RaspをPovarへ統合
4/11 Lanys T`VylをThe Seventh Hammerへ統合
4/14 Tarew MarrをDrinalへ統合
4/18 Mithaniel MarrをSaryrnへ統合
4/18 Tholuxe PaellsをThe Ratheへ統合
4/21 Ayonae RoをThe Tribunalへ統合
4/25 VeeshanをLuclinへ統合
4/28 KaranaをBertoxxulousへ統合
5/2 InnoruukをThe Namelessに統合
5/5 ZebuxorukをXegonyへ統合
5/9 VazaelleをMaelin Stapyreに統合
5/12 Rodcet NifeをQuelliousに統合
5/16 Morrel ThuleをErollisi Marrに統合
5/19 XevをDruzzil Roへ統合
5/23 TorvonnilousをFennin Roに統合
5/26 Terris ThuleをPrexusへ統合
5/30 E’ciをTunareに統合

とどのつまり、Brell Serilis, Morden Rasp, Lanys T`Vyl, Mithaniel Marr, Tholuxe Paells, Ayonae Ro, Veeshan, Karana, Innoruuk, Zebuxoruk, Vazaelle, Rodcet Nife, Morrel Thule, Xev, Torvonnilous, Terris Thule, E’ciが消滅してキャラクタが統合先サーバーに移動させられるということですね。

いろいろサーバー移動してきたけど最初に生まれたサーバーはノスタルジックな意味で思い出深いので出生サーバーとしては残しておけるように4月6日のパッチで配慮されるようです。EQ2とかではEQの頃の祖先のサーバー名をタイトルの一部として残しておけるのでそれらが無くなってしまうのではあまりに夢がないですからね。Ganの生まれ故郷であるXevが無くなってしまうのはそれでも悲しいものがあります。

サーバー統合の際にはレベル10未満で6ヶ月以上ログインしていないキャラクタは削除されます。売り子とかバンクキャラとかトレーディングスキルキャラとかで残したい場合にはレベル10未満のキャラで一度ログインしておくと削除されずに一緒に移動してもらえるそうです。

shared bankの内容は移動元と移動先とでどちらか完全に空にしておかないとアイテムが移動されないということです。

統合後のキャラクタ数が8を超える場合には、キャラクタ選択画面には最初の8キャラクタしか表示されませんが、どれか削除すると見えなかった残りのキャラが一つ見えるようになるとのこと。

統合前までに死体は全部回収しておかないと死体は移動されないのでアイテムとか回収できなくなるそうです。また統合先のサーバーの死体も消されてしまうようです。

重複するキャラクタ名が有る場合、統合先のキャラクタ名は温存され移動してきた方のキャラクタ名にはXが付きます。キャラクタ名は/chnagenameコマンドで新しい名前に変えることができます。

キャラクタが移動後、一回限り自分の選択したサーバーにキャラクタを再移動することが可能です。この補完的なサーバー移動ではアカウントの全キャラクタが希望するサーバーに移動されます。すべてのキャラクタは保有するアイテムや装備を伴って移動されます。

先に挙げた移動日は変更される可能性があります。


Povarだより(Fabled)

カテゴリー: - Gan @ 01時44分54秒

昨夜は飲み会が長引いてraidに遅刻してしまいました。皆もうKCのFabled VSをやっているところでしたので、既にpopが確認されているFabled kingが次なる目標になることは疑いないのでChardokにお先に移動。

Fabled VSからはいつものパワーアップしたlegが出た模様です。

Fabled VSのleg

Chardokに行くともう0時前後なのに他のギルドの監視役rangerとか小パーティが居ました。たぶん彼らのコアタイムなら速攻で食われていたことでしょう。順調にKing room前まで進み、charge!

Fabled OverKing

HPがやたら多いので長期戦になり、殴りも素で5k、defensive有りでも3k近くに達することもあり中盤1st MT downがあっってもしかたがないかなと。いつの間にかHoTTが自分になってたので見たらMaxiちゃんが死んでました。レリーフに入って倒し終えました。こんなすばらしいBPが必ずdropするのですからどこも狙ってますよね。皆にとってもらいたいけど期間限定Mobなので時間の勝負。

Fabled OverKingのBP

Fabled Queenも居るというので片割れだけ残すのもかわいそうだし、Shieldもいいものだしやることになりました。

Fabled Queen

このSheildはSBSと見た目一緒ですけどいいですよね。

Fabled Queenの盾


2005年3月30日(水曜日)

Povarだより(Pal epic,RSS,Gore)

カテゴリー: - Gan @ 01時21分59秒

昨夜は皆Fabled kingが狙ってたのですがどっかが食べてしまった感じ。こちらがPHをkillした後、監視されてたらしくて当たりがpopしたら速攻で食われて居た模様です。あのBPがもれなくdropするのですから人気高いよね。

RSSのCとFは居るというのでついでにPardiseさんのepicファイナルをやることに。

Parさんの epicファイナルバトル

無事終わって速攻でRSSへ移動し、Cからたいらげていきました。dropは当たりの指輪でした。

Cの指輪

次はFをやりましたが、dropはやばげな2HS。幸いneederがいてほっとしました。

Fの2HS

最後はDreadlandsにまたFabled Gorenaireがいるというのでいただくことに。

Fabled Gorenaire

今日は週中ということで眠い人が続出で終わりになりました。


2005年3月29日(火曜日)

Xday近し

カテゴリー: - Gan @ 12時41分57秒

1年に一度だけのお楽しみ日がいよいよすぐですね。皆さん既にネタを用意されているのでしょうけど。:mrgreen:


Povarだより(6周年、Rcod)

カテゴリー: - Gan @ 01時17分00秒

6周年の記念アイテムのクエストで残り1個となりました。目指すはDreadlandsのクモの巣です。最初北側のクモの巣とかを狩ってたのですが全然でず、確か南側にもあったのを思い出し行ってみるとゲットできました。確かここは大昔よく知らずにFVから走ってきて途中LDしてクモの巣につっこんでLDのまま死亡した思い出が有る場所でした。

dreadlandsのクモの巣

これであとは集めた10個のCollector’s itemをバッグに入れてコンバインします。

バッグに入れコンバイン前

すると出来るのがこれ、

コンバインしてできたもの

あとはこれをクエストくれたNPCに渡しにいくだけです。渡したら「ずいぶん集めるのがはやかったじゃん」とかお褒めのことばを頂きました。もらったPotionはかなりみためが凝っていてparticle effectが付いてます。きらきらしながら瓶の口から煙を時々吐いたりします。超お飾り品ですね。

もらった記念Potion

装備してみたところです。

左手に持ってみました

温泉でゆっくり頂くのもいいかもしれません。

温泉でぐいっと一杯

raidのほうはRcodにBMとZunが居るというのでそちらを食べることにしました。BMはAddの始末がいつも大騒動でしたが、dropは上等な指輪とマスクでした。

BMの指輪

BMのマスク

そのままZunのところへ移動して無事頂きました。

Zun

dropはこれまた上等な首輪と、八方美人的な盾でした。

Zunの首輪

Zunの盾

Epicのラストバトルとかを控えている方がいるようでしたが週末人数の多い時間の余裕のあるときにということになりました。


2005年3月28日(月曜日)

Povarだより(scavenger hunt,Quarm)

カテゴリー: - Gan @ 19時09分29秒

日曜日は少し早めにポップできたのでraid時間までに残りのscavenger huntingを済ませようとOverthereへ。Sarnakを探しては倒しとうとうget。なんか誰かさんがファインダーの中のぞき込んでますが(;´Д`)

Sarnakからcollector\'s item get

ちょうとWWの入り口近くまで来ていたので、古代のIksar帝国全盛期に立てられたブロンズの彫像を横目で見ながらWWへ。

Overthereの彫像

WWのGoblin fortまでたどりつくともう他の誰かさんが殺戮しまくっている最中でした。少しはずれの廃墟にまだ一匹goblinが隠れていたのを見つけて倒してたら一発でdropしました。目の前を必死でGoblin探して走りまわるOgreが横切っていきました。

Fort goblinからゲット

さてまだ行っていないのがFrontier MountainsのGiant fortです。こちらは大昔War epic 1.0の時に訪れたきりですね。なつかしいです。Fort内のGiantをkillしていったら出ました。

Fort giantからゲット

GoblinやもぐらちゃんやGiantらが平和に暮らしているFrontier Mountainsを後にして隣のBurning Woodへ向かいます。

暖かそうで平和なFM

BWのターゲットは蜂です。その辺の蜂からは全然でなくて、Hornet nestというオブジェがあるところまで行かないと出ないぽいので、行ってみたら一発で出ました。

Hornet nestでゲット

さてあと残るは1つだけになりましたが、raidが始まる時間なのでPoTに戻りました。

久々にGankoさんもpopしてQuarmをやることになりそうです。いつものようにPhase1をクリアしてQuarmの居るところへ移動。準備が整ったところでpull開始。

Quarm Incoming

途中のelementalのaddとかがhealer側に飛ばないようにだけ注意してQuarmのHPを削っていきますと、まだ2回目なんですが慣れてしまったという感じです。でもいいものを落とすので全員の装備底上げにはこれからも必要ですね。dropは皮の腕輪、首輪、指輪でした。皮の腕輪を除けば首輪、指輪どちらもこれだけの性能の他では無いので欲しいですね。

Qの皮の腕輪

Qの首輪

Qの指輪

記念撮影という声もあったのですが、2回目ということで感激も薄れてしまったのかGan一人撮影スポットに立ってパシリと一枚とりました。

Quarm slain記念

あと最後に奥の繭を壊してエンディングスクリプトを見て終わりました。Ganは繭の後ろで見てたのですが繭が消える前にすでにあの変なおっさんが繭の後ろに現れていました。今回はPoKで着地した場所が前回と少しずれていて落下死は免れました。


Povarだより(PoTime)

カテゴリー: - Gan @ 03時09分13秒

25日にPoTimeのPhase1-4途中を済ませて26日はPhase4残りと5を一気に進めました。日曜の夜に余裕をもってQuarmやりたいからです。

Phase-3で珍しい盾がでました。背中に装備できるのがいいですね。

Phase3で出た盾

Phase3クリアしてPhase4のTTだけやって初日は終わりました。dropは耳飾りx2とcoifでした。耳飾りは1個余ったのでGanが貰えました。

TTの耳飾り

TTのCoif

翌日はPhase4のSaryrnから。戦闘中地震みたいに間欠的に異常なラグが発生しSaryrnからMTが見えなくなったみたいでRamp getのGanが頻繁にHate list topに載ってびびりました。ラグはそう長く続かずLD者もなく収まって安心しました。Dropは手袋と指輪と肩でした。

Saryrnの手袋

Saryrnの指輪

Saryrnの肩

お次のTZは順調でした。dropは肩,首輪、指輪でした。

TZの肩

TZの首輪

TZの指輪

Phae4の最後はVZですが、今回手こずりました。どうもMTが受けるstun effectの効果時間が心持ち以前より長くなった感じでほとんど最初にchargeした直後以外はほとんど身動きできない状態がずっと続いてしまっていました。当然Hate keepは難しく、周りで殴っているMeleeの方に振り向いちゃって一人また一人とダウンしていきました。それでも50%切るまでがんばったのですが、その時点でpopするfake 2体になぜかdmgが入っていてsummonされたりはね回ったりでほぼ壊滅状態になりました。生き残ったclericとかですぐに立て直しをはかり、今度はGanが1st MTやってみることになりました。やってみてやはり今までと違って殴って居られる状態がとても少なくてずっとstunされっぱなしに近かったです。それでもなんとか今度は押し切ってPhase4をクリアできました。dropは珍しいcleric専用1HB、ベルト、Wandでした。

VZの1HB

VZのベルト

VZのWand

お次はPhase5です。最初のターゲットはCTでした。慣れたものでdropは手袋x2,Cloakでした。

CTの手袋

CTのCloak

お次は隣のBertです。先般のpull時には壁にひっかけてwarpしちゃったのでちゃんと壁から離れたのを確認したところ近くでhealしてた人にagroしたりして(;´Д`) まあすぐ戦闘位置にpushできましたから大丈夫でした。dropはrange、RNG専用ペット召還1HS、bootsでした。

Bertのrange

BertのRng専用1HS

Bertのboots

次はRZです。こちらもいつものように戦闘開始。

Rallos Zek the Warlord

dropは盾、マスク、手裏剣無限召還ポーチでした。

RZの盾

RZのマスク

RZの手裏剣召還ポーチ

あと残すはInnruukのみです。こちらも前回と同じ戦闘位置で戦いましたが、終盤MTのMaxiちゃんがダウンし突如Ramp get役のGanにhateが来てしまいました。もう押し切るしかありません、disc発動してなんとかMT&Ramp getterしました。dropは肩、手袋、腕輪でした。

Innyの肩

Innyの手袋

Innyの腕輪

最後のQuarmはまたこんど。


2005年3月27日(日曜日)

UPSバッテリ変えました

カテゴリー: - webadm @ 13時49分50秒

元々入っていた古いバッテリでも充電すれば使えるかなと丸一日充電してみたんですが、ちょっと負荷をかけるととたんに電池の出力電圧が落ちてしまってどうにもなりません。電池が劣化して内部抵抗が増えてるんですね。電流流れると内部抵抗が高い分出力電圧も降下してAC出力すらできない状態に。

それで先日買ってきた代替用ジャンクバッテリに総取替えしてみたところ負荷をかけてもバッテリの出力電圧の降下はわずかなので、十分使えると判断。

さっそくADSLモデム、ルーター、玄箱をつなぎ変えてスイッチオン。今度は過負荷のLEDもつかずにすんなり出力状態に。これならフローティング充電が効く間は心配ないはず。

とりあえずこちらもこれでしばらく運用。


再びRSSTIMESサーバーダウン

カテゴリー: - webadm @ 13時15分45秒

このところの国内でのblogサイト立ち上げブームの影響か、その関連の書籍「ポータル、プロバイダ別 blogデザインカスタマイズ辞典 外間かおり著」に紹介されているだけあってRSSTIMESの需要がうなぎのぼりだと想像される。サーバーが過負荷に耐えられないのだろう。

はやいとこソースコード公開して欲しいものだ、そしたらruby入れるから。そうでないとMT BlogTimesをベースに自分サイト用(Xoopsモジュールにできればいいけど)のを書いちゃうかも。

しばらくはほっておこう。


2005年3月26日(土曜日)

UPS復活

カテゴリー: - webadm @ 15時31分06秒

今朝はUPS事件で朝早く目覚めたのと、暖かかったので秋葉原に代替バッテリーを買出しに。

同じ規格の新品はなんと1個5000円近くもした。2個使いなので10000円の出費になってしまうことが判明。
他の店をあたってみてもやはり新品はそのぐらいするらしい。ほとんどUPSの値段はバッテリーの値段だったことが判明。

仕方なくUPSのジャンクを買った日米に舞い戻ってみると、なんと交換用のバッテリーが山のようにあるではないですか。どれも1個315円、安い。試しに2個持ち帰ってみた。ついでにまともなマルチメーターを持ってなかったのでこちらは奮発してFLUKEのものを新調。

家に帰って買って来た315円のバッテリーの電圧を計ってみると6V以上あるのでほぼフル充電状態。もともとUPSに入っていてへたってしまったと思われるバッテリーを計ってみると3Vとか4Vとか。これじゃ動くわかがない。バッテリーがへたっているところで過負荷運転してたんだから充電されるわけないよね。

へたったほうもしっかり充電してやればまた使えるのかも。


Povarだより(scavenger hunt)

カテゴリー: - Gan @ 11時30分22秒

木曜日の夜は少し早かったのでやっていなかった6周年記念のscavenger huntをしにいきました。

最初はLoIoのBloodgilが落とす皮です。ここも昔Veksarにitem集めに行くのによく通りました懐かしい。

LoIoのbloodgil

Veksar入り口前に居る数匹を倒していくと出ました。

collecter\'s item drop

次は近場のFVへ行って、犬狩り。昔VP key item落とすskeltonが現れるまで大量殺戮してましたね。

FVの犬からCollector\'s item

お次は北上して隣のSwamp of No Hopeのfroglok raiderです。昔akahigeをレベル上げするため20代前半まで北側でキャンプしてました。その時よく見かけたのでそこへ行けばいるかなと思ったら居ました。最初のkillでdropでした。

次は更に北上して隣のField of Bone。ここはKunark時代はIksar newbieのplay groundでしたね。PoK bookが出来てからは他の種族のNewbieもここで10〜20代まで経験値稼げるようになりました。昔はKurn’s Towerって近くからも良く全体が見えなかったと思ったのですが、こないだの霧関係のパッチで見通しが良くなったのか遠くからもタワーの全景が良く見えます。

Field of Boneから臨むKurn\'s tower

まずはFiled of Boneのskeltonを狩ってCollector’s itemをゲット。

普通のskeltonからdrop

いよいよkurn’s tower地下のモグラ叩きです。とにかく数が沢山居るのでdrop率悪いみたいです。既に数人の人が狩りをしていてモグラの屍累々でした。それでも一杯居るので数十ぐらい倒したら出ました。

Kurn\'s towerのモグラから

そうこうするうちにraid時間になったのですが、今日はChardokにFabled queenが居るというのでそちらへ移動。

Queen room前

先に普通のkingと周りの雑魚をtrainして大量殺戮したのでroamerのrepopを待ってから呼吸を整えた後にQueenをやりました。

Fabled Queen

dropはいつものパワーアップした盾です。

Queenが終わった後は、RcodのZunが生き残っているのでそちらを食べに。

Zun

dropは初めてみる首輪といつもの2HBでした。

Zunの首輪

Zunの2HB

金曜日からはまたPoTimeのターンです。


UPSがお亡くなりに(;´Д`)

カテゴリー: - webadm @ 09時47分31秒

今朝ピーという甲高い目覚まし音で目が覚めたのですが、音の発信源は先日取り付けたジャンクのUPSでした。
過負荷のLEDがついたまま出力がまったくされなくなっていました。本当に逝ってしまったようです。

仕方がないのでADSLモデム、ルーター、玄箱の電源をUPSから引っこ抜いてテーブルタップから取るようにして現状復旧。

玄箱内のmessagesログによると、

Mar 26 08:25:17 KURO-BOX – MARK –
Mar 26 08:45:17 KURO-BOX – MARK –
Mar 26 09:20:44 KURO-BOX syslogd 1.3-3: restart
Mar 26 09:20:44 KURO-BOX kernel: klogd 1.3-3. log source = /proc/kmgsg started.
.
.
.
Mar 26 09:25:34 KURO-BOX ntpd[267]: time reset 0.470067 s
Mar 26 09:25:34 KURO-BOX ntpd[267]: kernel pll status change 41
Mar 26 09:25:34 KURO-BOX ntpd[267]: sychronisation lost
Mar 26 09:31:02 KURO-BOX ntpd[267]: kernel pll status change 1

とあるので実質ダウンしていたのは8時45分〜9時30分頃になります。

その間アクセスされた方ご不便をお掛けして申し訳ありませんでした。

P.S
UPSの蓋を開けて電池を取り外してみると1個がなんかプラスチックケースが膨らんでガスが抜けたような形跡が見つかりました。2個同じ電池を直列にしているので片方が逝くと完全にだめです。秋葉原で同じのあることを祈って今日買出しにいきます。


2005年3月25日(金曜日)

Other Worlds Than These

カテゴリー: - Gan @ 14時46分59秒

Mobhunter.comの記事より拙訳。

Other Worlds Than These

by Loral on March 23, 2005

Time for an old-fashioned news roundup!

こことは別の世界

by Loral on March 23, 2005

古臭いニュースはもうおしまいだ!

On the evening of 23 March, 2005, the powerful armies of Cestus Dei confronted and defeated the Overlord Mata Muram. This final boss of Omens of War marked a huge step in the progression of high-end Everquest raids. Cestus Dei is also responsible for the first defeat of Tunat Muram, the final boss of the Gates of Discord
expansion. I can’t imagine the number of cross server recruitment requests they receive, but I bet it’s a lot.

2005年の3月23日の出来事に、Cestus Deiの列強軍勢がOverlord Mata Muramに立ち向かい勝利したのだった。このOmens of Warの最終ボスはハイエンドEverQuest raid侵攻の歴史に偉大な一歩を記した。Cestus DeiはまたGates of Discordの最終ボスであるTunat Muramを最初に倒したとも主張している。彼らがサーバー越しでのどれだけのメンバーを募ったかは想像もできないが、すくないはずはないだろう。

The strategy for defeating Mata Muram went quite far outside the traditional CH rotation / DPS strategies we grew used to in the times when raiding was young. Dei’s description of the event paints the picture of a very unforgiving encounter that, while still requiring good equipment, requires extreme attention by every member of the raid force. No matter what your gear, this raid sounds like a nightmare of coordination. Here’s a quote from Cestus Dei’s website.

Mata Muramを倒した戦略は我々が若かりし日によくやっていた従来的なCHローテーション/DPS戦略とは極めてかけ離れたものであった。Deiによるその出来事の説明によると、良好な装備とraid軍団全メンバーの良好な注意力を必要としながらも、極めて容赦の無い地獄絵として描かれている。どんな装備をしていようとも、このraidは未だかつて無い悪夢のように写る。以下はCestus Deiのウェブサイトからの抜粋である。

“On the surface, he’s a pretty standard boss. He does damage that’s more or less appropriate for a target at his stage of the game, and has two large instant-respawn minibosses with similar damage that must be controlled. Smaller adds spawn periodically that multiply themselves the longer they stay alive. Not all that bad on the face of it. His trick comes in the form of probably the most punishing mechanic that’s ever been tried in this game: periodically, a single person on the raid gets an emote that only they can see. They have a few seconds to react to it and cast a spell just for the encounter- if they succeed, he’s somewhat weakened. If they fail, he powers up the point where it might not guarantee a raid wipe, but in the few seconds that it even takes for everyone to realize someone has screwed up, probably everyone near him is dead.”

“傍から見ると、彼は極めて標準的なボスである。ゲーム上での彼の地位からすれば多くもなく少なくもない適度のダメージを与えてくるし、うまく捌く必要のある同様なダメージを繰り出す2体のインスタントrespawnミニボスが出る。定期的に小さなaddがあり、そいつらは生きながらえていると分裂していく。そんなことはどうでもよいと思える事態に直面する。おそらく今までこのゲームで味わったことが無いくらいに驚かされる形の仕掛けが現れる:定期的にraid内の一人が自分だけにしか見えないあるemoteを見る。そのemoteには数秒間だけ相手にスペルをキャストするリアクションの時間が与えられる、成功すれば相手は幾分弱体化する、失敗すると相手は底知れ無いほどパワーアップしraidは壊滅する、しかしその数秒間で誰もが他の誰かがお手上げ状態で、おそらく近い者から死んでいっていくのを目の当たりにすることになる。”

“Mata Muram is a boss about pure disruption and chaos. He silences, knock-backs, stuns, fizzle-curses, slows cast time, mana drains, snares, and that’s just getting started.”

“Mata Muramは純粋に混迷と混濁のボスである。彼は、silence, knock-back, stun, fizzle-curse, slow cast time, mana darin, snareを戦闘開始直後に使ってくる。

The Overlord’s last words? “There are other worlds than these…”.

Overlordが臨終に発した言葉は? “こことは別の世界がある…”

Last week, SOE posted the infamous Class Re-envisioning document. Feedback, as you can imagine, was mixed. A few more interesting changes, like the Druid’s state feature that switches between healer or blaster, got people quite excited. A lot of the agenda-wielding class voices will never be happy until their beloved class rises to the top of the 16.

先週、SOEが非公式なClass見直しの文章を公開しました。想像し得るようにフィードバックも混じっていた。いくつかの興味深い変更は、healerかbalsterをスイッチするDruidの状態機能のようなものには皆とても興奮した。多くの箇条書き的扱いのクラスの声は自分達の最愛のクラスが16あるうちの上位に上るまでは決して幸福と思わないだろう。

A patch scheduled for early April will bring many of these changes to first light and then we can begin to see the true results, but a lot of the suggested fixes should be well received. Some, however, will never be happy no matter what SOE does.

4月初頭に予定されているパッチではこれらの最初に光が当たられた変更の多くがもたらされ、実際にどんな感じだか品定めすることができるようになるだろう、しかし変更が示唆されている多くのものも同様に適用されるだろう。一部はしかしながら、SOEが望んでいたような幸運をもたらすとはいえないだろう。

For a long time, I felt that all classes at most levels should have some method to return quickly to safety when real life rears its ugly head. Newer games such as Worlds of Warcraft, Everquest 2, and Everquest Online Adventures give new players some method to return home. In the beginning of April, so will Everquest.

ずいぶんと長い間、ほとんどのレベルの全クラスが現実世界でとんでもない事態に際した時に安全地帯に避難できるいくつかの方法を持つべきだと感じていた。Worlds of Warcraft、EverQuest 2それにEverQuest Online Advenuresのような新興ゲームは新プレイヤーにホームへ戻るいくつかの手段を与えている。4月はじめにはEverQuestもそうなればと思う。

24 hours after one logs out from Everquest, a “return home” button will appear on your character select screen. Pressing it returns your character safely home no matter what horrible place you camped out at. This meets the needs of players who, for many reasons, have to leave very shortly and don’t have a good method to get home. Some bring up gate potions or the Origin AA as an argument against such a change, but those features are not available except to the rich or the powerful. Something had to be given to the level 35 ranger of Kaesora who had no other way out. This is a great change.

あるときEverQuestからログアウトした24時間後、"return home"ボタンがキャラクタ選択スクリーン上に現れる。それを押すと貴方のキャラクタは貴方がどんな恐ろしい場所でキャンプしたかに関わらず安全なホームへと戻してくれる。これは極めて手早く席を離れなければならないがホームに戻る良い手段が無い、などの多くの理由をもったプレイヤーは歓迎するだろう。一部の人はgate potionやOrigin AAをそうした変更要望への対抗議論としてあげているが、これらの機能は裕福かパワフルのいずれかでないと利用できない。まったく脱出方法が無いKaesoraにいるlevel35のrangerに何か方法が与えられるべきだった。これは偉大な変更である。

Another less useful feature restores a character to full hitpoints and mana after a character has been logged out for one hour. Considering most characters can restore much faster than that, even twice as fast now that we have the guild hottub, I don’t see much of a purpose, but it will do little harm.

あとあまり有用で無い機能として、キャラクタが1時間以上ログアウトした後キャラクタのヒットポイントやマナをフルに戻すというもの。ほとんどのキャラクタがそれよりも早く回復する点を考慮しても、ギルド温泉につかっている間は2倍早く回復するなどの点からしてもあまり喜ばれないだろう。

Last week began the month-long celebration for Everquest’s sixth year. A new scavenger hunt quest across Kunark rewarded many with a new ten-charge 30-minute experience doubling potion. I’m convinced I will spend five clicks accidentally sitting in the hottub and another five just before my group wipes out.

先週から1ヶ月間のEverQuest 6周年記念が始まりました。Kunarkを横断する新しいscavenger huntクエストでは10チャージ分の新30分間経験値倍増potionがもらえます。正直に告白すると、私は温泉に浸かっている間とグループが壊滅する直前に5回ずつ誤ってクリックして使い切ってしまいそうである。

With the anniversary comes fabled mobs. Over a hundred mobs, many in Kunark, grew greatly in powered and earned the title Fabled. Fabled Venril Sather tore down his opponents with a melee attack for somewhere around 5100. The Fabled Overking in Chardok dropped a 250 hp and mana breastplate with a clickable invis that had most clerics drooling like St. Bernards. A few players pontificated that six years from now, the Fabled Mata Muram will hit folks for somewhere in the 10 million range.

記念週間ではfabled mobもやってきます。100を越すmob、多くはKunarkに以前よりパワーアップしてFabledのタイトルがついています。Fabled Venril Satherは対する敵を5100前後のmelee attackで撃退します。ChardokにいるThe Fabled Overkingは多くのcleric達にとってSt. Bernardsを彷彿させるclickable invisiの付いた250hp/manaのbreastplateを落とします。今から6年経ってもいるプレイヤーは少ないかもしれませんが、the Fabled Mata Muramは群がる敵をどっか10milion彼方に吹っ飛ばすと思われます。

On 22 March, SOE began merging four of the blue servers down to two. Antonia Bayle and Kane Bayle merged down to Antonia Bayle. Solusek Ro and Bristlebane merged down to Bristlebane. I expect we will see more of these mergers in the future but the severity of such changes warrant a slower approach.

3月22日に、SOEは4つの過疎サーバーを2つに合併しました。Antonia BayleとKane Bayleは一緒になってAntonia Bayleになりました。Solusek RoとBristlebaneは一緒になってBristlebaneになりました。私は近いうちにもっと合併が進むと思われますが、そうした変更の重要度はもっと穏やかにしてほしいものである。

Time for a shamless plug. Over on Caster’s Realm, I wrote an article called “Class, Equipment, and Encounter Balance” that discusses the complex balance between these three variables. My main conclusion is that class balance alone isn’t a factor to be considered without levels, equipment, and encounters coming into play. Anyone who reads my pompous prose won’t be surprised by the article. I expect to write a couple more articles for CR soon including “Why Soloing is Evil” and “Why Play Everquest?”, a rewrite of an older article of mine that still makes the rounds once in a while.

恥も外聞もなく、Caster’s Realm上で私は"Clss, Equipment, and Encounter Balance"という題の記事を書いた。これは3つの変数の複雑なバランスについて議論するものです。私の主たる結論として、レベル、装備、プレイ中の対戦相手を抜きにしてクラスバランスだけが検討されるべきではないというものです。誰でも私の持論を読んで驚くに当たらないと思うでしょう。私は近々にCRに二つの記事、"ソロが良くない訳"と"EverQuestをプレイする訳"を書こうと思います。以前の記事の書き直しでありずっと再び声を大にして言ってみたいと思って事がらです。

And with that shameless plug out of the way, I leave you to enjoy this month’s festivities and look forward to the changes coming soon. Remember: All things serve the beam.

さらに恥を承知で、皆さんが今月の記念週間を楽しまれ変更が早くきますように願っています。忘れずに:すべてのものは支えあうのです。

Loral Ciriclight
24 March 2005
loral@loralciriclight.com


2005年3月24日(木曜日)

Povarだより(RSS,WoS,SF,EJ)

カテゴリー: - Gan @ 03時17分24秒

昨夜は早い時点からRSSのFとCが居るというので人待ちをかねてRSSへ移動。Rは慣れてはいるものの位置取りがこのごろ不安定です。穴から出てしまうとキャスターがAEあびてしまうのであわててまた穴へ押し込めるというpush workが肝心です。

少し穴から飛び出たR

dropは腕輪でした。

Rの腕輪

次はFをいつも通り頂きました。dropはfangでした。DPSもいいけど使えるクラスが少ないからそのうち余ってくるかも。

FのFang

RSSが済んだらWoSのHulcrorをいただきます。

寝顔が安らかなHulcror

dropは耳飾りとめずらしいOrbでした。

Hulcrorの耳飾り

HulcrorのOrb

WoSを後に続いてまたFabled Talendorが居るというのでSkyfire mountainsへ移動。

Fabled Talendor

dropはfabled以外は前回と違ってbagは無しでしたちょっと残念かも。

最後は懐かしのEmerald JungleにFabled Severilousが居るというので頂にいきました。

Fabled Severilous

もう戦闘はめちゃくちゃでした、いきなり皆Fearとかspinくらってhealやtankingもままなりません。なんか気が付いたら連続で殴られててhealもらえず死んでました。その時なんかSeverilousがしゃべってるんですね。

Severilousのせりふ

ぼこぼことtankが死んでいってなんとか残ったPal陣が押さえ込み押し切ったという感じでした。

良く勝てたもんだ

dropは腕輪でしたね。

パワーアップした腕輪

ふう、Kunark dragonはいつやっても楽しいですね。


2005年3月23日(水曜日)

Povarだより(Gore,Pal epic)

カテゴリー: - Gan @ 17時07分03秒

DreadlandsにFabled Gorenaireが徘徊しているというのでDLのBW側に全員集合。でも誰かと一緒にGoreもついてきてベースは突然騒然な事態に(;´Д`)

Fabled Gorenaireとお友達

Fearで突然突っ走らされたと思ったら殴られて死亡(;´Д`)
とりあえずGoreが移動するまでBW側を集合場所に。そして準備が整ったらDLサイドに移動してpull開始。と思ったらGoreはその間DLのSWまで行っていたようです。なんとかpullして戦闘開始。

Fabled Gore

途中何度もFearで沢山の人が走らされるのを後ろから追っかけながら見てましたが(;´Д`)
どうにかHPけずりきって勝てたようです。dropはなかなかのベルト。

パワーアップしたベルト

その日はあとめぼしいMobがpopしていないので残った人でPardiseさんのVexdのepic partをhelpすることに。

pardiseさんのepicヘルプ

次はいよいよRcodでのラストバトルを残すのみですね。


Povarだより(Doc,BM)

カテゴリー: - Gan @ 02時05分41秒

21日の夜はFabled kingとQueenが居るというのでDocへ移動。ずんずんといくらでもIncしても雑魚は雑魚という具合に進んでいきます。途中でFabled GatekeeperとかいうGolemからFabled itemがぽろりとでました。

Fabled Gatekeeperのマスク

ついにKing room手前まできて作戦をチェックします。突き当たりの部屋にFabled Queenがいらっしゃるので機嫌をそこねないようにしないとと気をつけつつ戦闘開始。やっぱりAddしましたかQueenが。一旦しきり直し。2回目はAddすることなくうまくいきました。それにしてもHP多いので戦闘が長時間になりroamerがaddしたりQueenを連れてくるのではと冷や冷やものでした。

Fabled OverKing

すごいBPが出ました。

Fabled BP

続いてQueenを引いてきて同じ場所で戦闘開始。AEがあっても気にせずただただHPを削るのみです。

Fabled Queen

dropはすごい盾でした。見た目はSBSと一緒ですね。

Fabled Queenの盾

その後はRcodに移動してBMをいただきました。dropはbootsとマスクでした。

BMのBoots

BMのマスク


2005年3月22日(火曜日)

The Bloodline Chroniclesが公開

カテゴリー: - Gan @ 18時03分16秒

21日にEQ2の最初のAdventure packであるThe Bloodline Chroniclesが公開されてたんですね。時々パッチあてるだけのためにしかEQ2起動しないので気づくのが遅れました。

lore chapter III

実際にプレイできなくても3つのパートに分かれているトレーラームービーは良くできてるので見るだけでも楽しめます。EQ2の特徴である戦闘モーションとかパーティクルエフェクトとかが良く引き出されてます。今回のパッケージ公開を記念して、

・1アカウントで作れるキャラクタ数が2増加(従来は4スロットしかなかった)
・ゲーム内メールシステムが提供される(EQで導入されたあれですね)
・馬を複数のキャラクタで共同利用できたり料金を先払いできるようになるらしい
・魔法属性付与されたアイテムのレシピ追加
・武器のダメージレートが変わったらしい(簡単に試せるようになったのかも)
・攻撃の回避と緩和が分離されることになって防御について考えを改める機会かも
・クエストのレベルが変わっているので各自Journalを見てチェックしてみてね
・新しいlevel50用のヒーローゾーン誕生:Nektroposに来たれ

いまいち拡張パックの申し込み方法が未だによくわからなかったりする。


Povarだより(Ikkiz3,KC,WoS他)

カテゴリー: - Gan @ 15時17分19秒

19日夜は大分遅くなってからIkkiz3の再々チャレンジ。まつは途中で恒例の盾と肩がでました。盾はギルド内でも良く見かけるようになりましたね。

Ikkiz3の盾

Ikkiz3の肩

そして最後のスクリプトですが、問題の4 golemがうまくsingle pullできることがわかり、一匹ずつひいては該当クラスにとどめを挿してもらうという方法で順調にクリア。残すところラストボスだけになりました。

Ikkiz3ラストボス

一斉にchargeしてなんとかクリアできました。

Ikkiz3クリアメッセージ

これでまた一歩先へと進めます。次はIkkiz4ですか、そうですか(;´Д`)

dropは渋くてspellの素とEndu+70のaugが2つ。Free lootだったのでGanもひとつ頂きました。

Ikkiz3のAug

お次はKCにFabled VSが居るというので懐かしのDreadlandへ向かいました。

夜明けのKC

パワーアップしたVSは怖い怖いです。ちょっと振り向かれたら5K hitですぐやられちゃいます。

Fabled VS

それでもなんとか少ない犠牲でHPを削り切ることができました。dropはパワーアップしたchain legでした。

Fabled Jaundiced Bone Greaves

その後raidはWoSへ戻ってHulcrorをやることに。

Hulcror

dropはめずらしく耳飾りといつものひげでした。

Hulcrorの耳飾り

Hulcrorのひげ

次にRSSにFが居るというので食べにいきました。dropは腕輪でした。

Fの腕輪

最後は残った人でMMのGYにいるnamedを食べにいきました。dropはよさげなchain mailでした。

よさげなchain mail


UPSつけた

カテゴリー: - Gan @ 03時37分44秒

夕方外出したついでに秋葉原によったら日米にOMRON BX35LFという無停電電源のジャンクが525円で売られているのを発見。中の蓄電池がへたってる可能性大だけど見た目新しいそうなので1台購入、といっても525円だけど。

持って返ってとりあえず使い方をチェック。電源スイッチが2段階になっていて軽く押すだけでは充電だけで出力しないことが判明。更に押すと出力開始。試しにラジオをつないでみたらOK。思ったよりノイズも少ない。

とりあえず出力タップが3つあるので、ADSLモデム、ルーター、玄箱の3つを無停電にすることに。これぐらいなら多少電池がへたっていても大丈夫でしょう。

いままでつないでいた電源アダプタと位置とか配線を確認した上で、玄箱をシャットダウンし、次にルーターの電源を抜き、そして最後にADSLモデムの電源を抜く。次にそれぞれの電源を無停電電源のタップにつなぎかえる。そして無停電電源の電源コネクタを今までのテーブルタップに挿す。これで出力されるモードにスイッチを入れるとなぜかピー・ピーとうるさい音がする。でもADSLモデム、ルーター、玄箱それぞれに電源は入った模様。しばらくするとピー・ピーの音はとまった。どうやら過負荷のLEDが点滅している。やはりまだ電池がへたったままだったのかも。

数時間様子を見て大丈夫だったので、今度は停電したときにちゃんと無停電電源が出力を出し続けてくれるかどうかのテスト。おもむろに無停電電源の電源コードをテーブルタップから抜く。ピー・ピーと音がするがADSLモデム、ルーター、玄箱にはちゃんと電源が供給されているようだ。とりあえずテストは合格、電源コードを元に戻すとすぐ音は鳴りやみ。先ほどまで点滅していた過負荷のLEDは消えていた。どうやら大分充電が進んだみたいだ。

これでとりあえず不慮の停電(暖房、電気ポット、加湿器、コーヒーメーカー、冷蔵庫の同時稼働による過負荷が原因)の場合には短時間であればサイトには支障が無いと思われます。


2005年3月20日(日曜日)

Povarだより(Oow,Fabled)

カテゴリー: - Gan @ 18時10分03秒

このところ更新が遅れ気味です。みんな花粉が悪いんです。今日は顔全体までかゆくなって疲れて寝てました。

6周年記念のクエストを受けにFiriona Vieまでいってきました。するとすぐ怪しげなメッセージが出てました。

zoneしたときに出るメッセージ

Nilvara Rishalという声の主を探さねばなりません。前哨基地の前に居るということなので、先般引っ越した東側の基地に向かいました。すると入り口の左側の石のところにご本人発見。

Nilvara Rishal

で早速会話してクエストをもらうことにします。でもなんか後ろから誰かに叩かれてます…(;´Д`)

いつものカエル

またこいつか(;´Д`)、さっさと始末してクエストをもらいました。すると10個入りの大きなバッグと本を1冊もらえました。

クエスト用バッグ

クエストの本

本の中には集めるべきものがなぞなぞで書いてあります。

クエスト本の中身

クエスト本の中身

なぞなぞがわからないのでAllakhazamのあんちょく通りにLoIoに行きます。でももうSillさんがキャンプ中でした。raid時間なので今日のところはここで終わり。また続きは暇な時にでも。

raidの方はrune狙いが中心で、RcodのZunをまずたいらげました。dropは腕輪とキャスター向け護身用1HBでした。

Zunの腕輪

Zunの1HB

お次はWoSのVelitorkinをいただきました。neckが出ました。

Velitorkinのneck

WoSに来たついでにArielaさんのPlatekun用War epicのヘルプを。

PlatekunのWar epic

次は69runeねらいですがおそらく初めてのBFのmob。最初寝てますが周りの雑魚を掃除するとrepopして本物になります。最初戦いかたがわからなくて半壊してdepopしてしまったのですが、すぐまた最初の状態にresetされるスクリプトみたいでしたので再チャレンジはすぐでした。

GtG?

dropは腰ひもと楽器(;´Д`)

GtGの腰ひも

GtGのLute

その日の最後は、懐かしのSkyfire Mountainsに飛んでFabled talendar狩り。

Fabled Talendar

Kunarkのドラゴンはなんとなく少ないポリゴンで生き生きした感じだしてますよね。dropはパワーアップしたcloakに100% wait reductionのバッグが2個、それにいつもの赤鱗とOrbでした。

Fabled fire cloak

100% wait reduction bag

ふう、結構いろいろありました。


2005年3月19日(土曜日)

Povarだより(69rune,Pal epic他)

カテゴリー: - Gan @ 18時48分38秒

今週末にかけてお疲れモードで撮り貯めた写真がそのままになってましたので、ここで一旦整理。

PoTime Quarm討伐後の翌日14日はRcodにBattlemasterがいるというので皆集合。いつもの通りbossの後のaddを始末して無事終了。dropは手袋とマスクでした。

BMの手袋

BMのマスク

その後下におりてstatueのある場所でいつものTiorpatを。

RcodのStatue

dropはちょっと力を落としそうな肩。69rune狙いなのでOK

Tiorpatの肩

一旦TLもらったあとDupさんのPal epic partをやりにWoSへ。

WoSの風景

一部他のギルドの見学者が居る中戦闘開始。

Pal epic

それが終わったらWoSのVelltorkinを頂くことに。こちらも69rune狙いです。

Velltorkn


RSSTIMES復活

カテゴリー: - Gan @ 15時04分11秒

サービス提供サイトのサーバーが落ちてただけぽいね。
自前のものを作ろうと思ったけど志半ばで断念。
昔Wordpressにもblogtimesというpluginがあったらしいけど作者が昔喧嘩して公開しなくなってしまったらしい。
そういうことっていつでもあり得るんだよねオープンソースの世界でも。
まあ無くても誰も困らないだけに代替も現れないということなのかも。

今日は花粉の影響で目がかゆくて鼻水とまらず。


2005年3月18日(金曜日)

RSSTIMESが表示されない

カテゴリー: - webadm @ 16時50分38秒

当サイト以外にも多くのblogサイトで利用しているRSSTIMESがサービス提供元サイトがダウンしているようで表示がされなくなっている。

人気が沸騰して過負荷になっているのではないかと心配している。

ソースコードが非公開なので代わりになるものを自分ですぐこさえるというわけにもいかない。

でもあるとなにかとバロメーターになるし、自分で作ることも考えないといけないかも。
XMLパースしてきれいにグラフ描けばいいだけなんだけどね。誰もオープンソースで作っていないというのも不思議だ。


2005年3月17日(木曜日)

続サーバーパッチメッセージ

カテゴリー: - Gan @ 22時24分12秒

もうサーバーアップしてます、パッチメッセージが追加されてます。

*** Missions ***
———————————-
- The Nestのインスタンス内の一部のNPCにsee invisible能力を追加した。
- Dragons of Norrathのmissionにおける一部のboss NPCはsummonするようになった。それらがkiteされるとかわいそうだった。
- The Nest内のRivals missionでグループがquest-giverに話に戻らないと何度でもmissionを完了できていたバグを取り除いた。

*** Tradeskills ***
———————————-
- 一部失われていたTroll cultural itemをNeriakのベンダーに加えた。
- 新しいcultural swing kitsを作り方を概説している本を追加した。
- 新しいcultural seqing kitはBazaar内のCaerlynaを介してトークンでトレードできるようになった。
- RivervaleのMeeka DiggsはもうIron Threadを売らなくなり代わりに3つのサイズのMercurium Threadを売るようになった。
- Culturally Insipred Armor - part 3の文章をHalf Elf cultural tailroed armorに使用されるpeltを正確に反映するために変更した。
- Dragons of Norrath用に作られた新しい"Chunk of Ice"がありました。この新しい"Chunk of Ice"は削除され代わりに古い"Chunk of Ice"がすべてのDragons of Norrathゾーンのforageテーブルに追加されました。それらは今度から一部のcolder dervishからもドロップします。"Chunk of Ice"を使用するすべての新しいDragons of Norrathのレシピ(Curdled Cream, Iced Coffee, Iced Tea それに Iced Mountain Tea)は今度から古い"Chunk of Ice"を使用します。
- Barbarian cultural leather swatche用のレシピのバグを修正。それらのレシピは誤って"Northman Needle"ではなく"Norrathian Needle"を使うようになってました。
- プレイヤーがsalvageを成功させるとそのruined bookを発見できていたDragons of Norrath cultural armor patternのためのレシピのバグを修正しました。申し訳ない、それは意図したものではないかった。
- ベンダーからErudite Sewing Kitを取り除いた。新しいkitはプレイヤーによって作成され古いものと取り替えなければなりません。
- Feir’Dal Fletching Kitを修正。ホンとに直しましたよ。
- Surefall Fletching Kitを修正。(これは実際には前回のアップデート時に修正されてました)
- Reinforced Jeweler’s Kitを修正。(これも実際は前回のアップデートで修正済み)
- “Quill"を使用していたDragons of Norrath cultural レシピを今度から"A Quill"(リサーチレシピで使用されているもの)を使用するように変更しました。"A Quill"はまた相応しいベンダーに売ることができます(これは実際には前回のアップデートで変わってます)

*** Ranger Epic ***
———————————-
- Ranger epicのためのBloodfieldsでのGrinbikとの対戦を少し変更しました。以前は彼が実際には自由でない時に"I wish to speak with the one that freed me."というせりふに応答していました(例えばMarshalがまだ生きている時)。 今度から彼は実際に解放されるまでは応答しないようになります。願わくはこれによってイベントにおける一部の混乱を避けることができればと思います。
- クエストの適切な段階にあるRangerは今度からHerrian Warfrostが立ちはだかる近くの階段を下りてなおかつクエストの適切な段階にいてそれに必要なアイテムを持っている場合のみ戦闘がトリガーされます。(この変更は実際には前回のアップデートで実施済みです).

*** Fabled Item Changes ***
———————————-
- Fabled Mrylokar’s Bracerはloreになりました
- いつくかのFabled NPCは難易度が修正されました
- Fabled Glowing Kunzar Amuletはneck slotに装備できるようになりました
- Fabled Incarnadine Breastplateは使用可能な種族にIksarが追加されました
- いくつかのFabled ItemsはFiriona Vieサーバーにおいてはトレード可能に戻されました。
- 以下のアイテムはstatが修正されました:
Fabled Jaundiced Bone Greaves
Fabled Insignia Protector
Bracelet of the Corrupter
Wristband of Spectral Corruption
Bracer of Corrupted Souls
Bracer of the Debauched
- 以下のアイテムは推奨レベルが追加されました:
Fabled Necklace of Superiority
Fabled Rod of Mourning

– The EverQuest Team


サーバーパッチメッセージ

カテゴリー: - Gan @ 20時58分03秒

また8時から3時間落ちてますが(;´Д`)

EverQuest’s 6th Anniversary
————————————–
EverQuestの6周年記念を祝うために、新しいscavenger huntが追加されました。クエストに関してはFiriona Vie, Overthere, Dreadlandsをチェックしてみてください。この挑戦的な狩りを終わらせると30分間経験値を倍増する10チャージ入りのポーションが貰えます。
古い友、Fabled NPC達がNorrathへ戻ってきてfabledバージョンのアイテムを落とします。大好きなKunarkゾーンにいる新しいFabled NPCを探してみてください。

一般
————————————–
- Muramite Proving GroundsとRiftseeker’s SanctumでのGreater Muramite RuneとGlowing Muramite Runeのドロップ率を増加しました。
- Veksar内で召還されるmobの数を減らしました。
- Volkara’s bite missionにおけるVolkaraをちょっとだけ挑戦的にしました。
- Vishimtarとの戦いはより挑戦的になりました。
- Citrine Spell StoneはCitrine Spell Baubleに名称を変えました。
- Wood Elf, Kelethin Half-Elf, Dwarf, High ElfそれにGnomeのレベル20,40,60のトレードスキルパターンブッククエストは完成するのにちょっぴり易しくしました。
- Ranger epicのためのBloodfields内のGrinbikとの対戦は少し混乱しにくくしました。
- Highpassにいる"A shady Highpass citizen"は貴方に友好的となり頼まれた仕事をこなすと友好度を高める言葉を発してくれます。
- いくつかのmissionは完了までの時間を他のDoN missionと肩を並べるように調整しました:
Diving for Lavarocks
Dragon Eggs
Diseased Pumas
- タスク"Keeping the Goblins Out"が終わった時完了テキストが見えるようになります。

アイテム
————————————–
- Icefloe Hammerはもはや1HP武器ではなくなり1HB武器となってbackstabボーナスも取り除かれました。
- Lance of Engulfing Flameは今度からworn spellでなくprocになりました
- Robe of Transcendent ThoughtはDrape of Transcendent Thoughtに変更になりました。
- 様々なAnguish class leg 部品が変更されました。
- Academic’s Pants of the Arcanistsは今度からフォーカスエフェクト"Frost of Anguish"がつきます。
- いくつかのTacvi chest部品のmana preservationフォーカスは少し増量されました。

– The EverQuest Team


Class Re-envisioning

カテゴリー: - Gan @ 16時19分43秒

ふう、思ったより長いので昨日半分まで書いて疲れて寝ちゃいました。また今日残り半分書きました。原文がわかり安い文章とは思えないので、誤訳になっているところもあると思いますが。ご容赦を。

クラス見直し

本プロジェクトを告示後数ヶ月に渡りクラスに関して数多くの議論をしてまいりました。こうした議論の中で比較的実現し易くかつ皆様のゲームプレイを改善するいくつかのキーとなる変更点を絞り込みました。完璧とは言い難いものの(そのプロセスおよび一覧)本クラスの見直し、反映、再定義などバランスの代わりにそう呼ぶことにしたものの出発点と言えます。これらの一覧にある変更の一部は4月6日のアップデートで公開されます。その他は公開に先立って皆様の考えやアイデアに耳を傾けたいと思います。我々としては中には大変前向きな一部の変更があり、それらの一部はEQのゲームプレイの性質に反するたぐいのものです。

我々はすべてのクラスもしくは複数のクラスに影響を与える一部の一般的なゲームプレイ変更に手を染めようとしています。

去年に確かやるよってアナウンスしてから具体的な内容が出てきたのは今回が最初ですね。グループ募集すると断りきれないほど人が集まってきた昔と違って、今はLDONとかExpedition,trial,Missionのたぐいをちょっとやろうにも人が集まらないという人口不足がこれらの見直しの背景になっていることは容易に予想されます。なにせ当初は人が少ない時のことなんか考えてもいなかったでしょうからね。ソロできるクラスはいいけど、そうでないクラスは寂しい時間を過ごすことになります。でもそれを直そうとすると昔からのEQのプレイスタイルとかやグループ内での役割分担とかが微妙に重なってきて他の人が別の人の役割を完全に食っちゃいかねないということにもなりかねないと慎重のようです。

一般

level 55のfear制限を取り除きそれを現実にする上位版fear系スペルを追加する予定です。とはいえすべてのNPCがfear可能となるという意味ではありません。ゲームプレイに問題を起こさないようにfear不能フラグを使用するつもりです。

一部のDoTやTashが引き起こすaggroを現在よりも低くし妥当なaggroとなるようにposion系debuffによって引き起こされる固定設定aggroを取り除く予定です。

level1から50までの間のspellを新しいspell取得までの間隔を減らす形に分散させる予定です。キャスターがレベル毎に新しいspellを得られるようにし成長を楽しむことができるようにしたいと願っています。

非キャスターに対して新しいabilityとdisciplineを追加しleve1から50の間に配置する予定です、既存のabilityと併せて非キャスターも新しいabilityをレベル毎に得られることで成長を楽しむことができます。

ペットオーナーは不必要なbuffをクリックして消すことができるようになります。

数多い有るか無しかだけのimmuneフラグではなく効果の緩和というふうに変更する予定です。ほとんどのNPCにabilityを使ってもらいたいのですが、問題があるものについては効果が少ないという形にしたいのです。

HoTスペルでhealメッセージが出るようになります。これはフィルターすることもできます。

“Essence of Concealment"ポーションをinvisibilityからimproved invisibilityに変更しalchemistsが材料を得やすくする予定です。

すべてspellはキャスト前にimmunityがチェックされるようになります。これによってターゲットがimmuneの場合、spellはキャスターへaggroを引き起こさなくなります。

インベントリからrangeスロットへの装填を自動化する予定です。

+manaキャップを無くす予定です。

rain系スペルからの先天的レジスト率を無くす予定です。

これらは以前からちらほら言われてて各開発担当者がいくか盛り込む機会をねらっていたような感じがしますね。Immuneメッセージが出なくなるのはどうなのかな、shamanとかmana食いつぶしそう。debuffとかで異常なまでにMobが興奮して跳ねるのは意図してそうなっていたんですね。へたなpullよりmobまっしぐらって感じでしたから。fear系スペルもっててもほとんど普段狩るmobには効かなかったから使わずにそのうち無くても困らないし下手にfearで逃げ出したらtrainが怖いし。途中で切れないinvisi potionがbazaarとかで買えるようになるのはうれしいかも。

ソロプレイ

EverQuestはグループ式のゲームであると認識していますが、多くの方が単独で狩りをしたい時があるということも認識しています。一部のクラスでは効率良くソロができますが、他はそうとも言えません。ソロが難しいクラスでも一部のソロプレイが出来るように変更を加える予定です。これらの変更はソロ中のabilityにのみ影響しグループ内で行動する場合には影響しません。

1. これに関して最も良い方法を今なお議論中ですが、既に議論済みの一部の選択肢を以下に掲げます;

a. ゲーム内にhealing potionを追加する。グループでのゲームで不均衡が生じないようにこれらのpotionの動作に注意を払う必要があります。それらはhot系でありその他のheal系スペルとスタックしてはいけないことになります。もうひとつの選択肢は単純にpotionのreuseを長くし、一般的にもっと難しいNPCを相手にするグループ時にはそれほど有効でなくするというものです。

b. ソロするのに必要なものを与えると同時にグループ状況下で有用となるabilityを取り上げるようなクラスabilityを模索しています。その1例としてはwarriorのabilityでdefensive abilityを増強させかつ与えるダメージも上昇させるものの、そのabilityが有効な間はそのwarriorはほとんどグループでtankが出来ないようにまったくと言って良いほどaggroを生じさせないというものです。

EQはまだソロできる範囲が広いからいいよね現状でも。EQIIとかはMobがgroupedでリンクしているからsingle pullしようにもどうにもならなかったり。実現は難しいけど雇われNPCを開発して疑似的にグループハンティングが出来るようにしてほしいよね。Diabloとかでやってたから出来ないわけじゃないと思うけど。全部自動で動かなくてもpetみたいな感じで操作できるのでも最初はいいかも。warriorがDPS melee変身できるのはraidの時とかはぐれwarには好都合かも。WarってDPS meleeじゃないからattackerに周っても存在感が気迫すぎたし(;´Д`)

クラス固有の変更

クラスに関する変更に移りましょう。これらは貴方らが最も探し求めているものであると同時に我々も極めてしっかりした計画を持っていると思われるものです。先に述べた通りに、皆さんこれはまだ手始めです。我々のチームは現在もなお多くの事とそうしたデータに基づいた変更を賞味中です。我々はmelee DPS, tankingおよびその他の戦闘バランス問題についてはデータがそろいゲームプレイに与える変更の影響が見極められるまではいっさい変更を加える予定はありません。我々がお願いしたいのはどうかこれらの変更について各クラス掲示板で議論して欲しいということです。加えてどうか皆さん、建設的になって下さいませ。メリットが無いと感じた変更があれば、その理由をおっしゃってください。意地悪いフィードバックで貴方と話し合いことはできません。なんだくそったれ、では話が進みません。

有る程度方針は固まったようですが、細かいところはプレイヤーの意見を聞いて微調整ということでしょうか。

バード

instrument modキャップを増加し先天的に得られる能力を制限するために分割化を用います。これは有る意味あるsongが無限に大きくなるのを防ぐため最大値を与えるということを意味します。

これってとどのつまりnerfですか(;´Д`)

ビーストロード

頻繁に命中するように内部的にレジスト修正を持った新しいslow spellを少なくとも追加する予定です。これはグループ内でslowerの役目を果たすことを手助けします、なぜならその他のslowerクラスが持っているような強力なレジスト低減spellが使えないからです。

ranger healを性能向上させる際にはrangerと肩を並べるようにhealを強化する予定です。

我々はペット暮らすはraidも含めほとんどのゲームプレイ状況でペットを使えるようにすべきと確信しています。我々は現時点でペットクラスはraidにてpetにまつわる多くの問題を抱えていないと信じていますが、我々が貴方にraidでペットを使って欲しいという意図を理解して頂き、もし問題があればそれを是正していく予定です。

ペットfocusアイテムの手に入れやすさを増加する予定です、特にカジュアルプレイヤーのために。

我々は一部のペットhealingスペルのキャスト時間に関して適切な場合にはキャスティング時間を短縮するなどメスを入れる予定です。

弱いslowが出来るようになるってことでしょうか。Warriorが使うSlow proc付き武器程度かな、レジ多くてはらはらどきどき。ペットのしつけが難しいからねビーストロードは、raidの時も出してる人少ないし。それは本来意図していないってことでしょうか。petを左右に移動させることができればまだいいのかも。

バーサーカー

多くのバーサーカーがダメージ力に関して苦情を投げかけており、数多くのデータを追うこと無しには手を入れることができない点でもあります。我々の考えはこうです。レベルが低いうちは良好ですがAAを獲得した高いレベルでは極めて優越です。けれども中級レベルに関してはなんらかの補助が必要と思われます。数値データが我々の仮定を裏付けるならば、我々は貴方のダメージ成長がレベルに従ってなめらかになるように調整する予定です。

我々は多くのabilityのendurance消費量に注目し必要に応じ低減する予定です。

通常の弓筒と似たような先天的hastを持った投げ武器筒を追加する予定です。

中間レベルではバーサーカーは苦難の時代みたいですね、DPS出なくて。Meleeのabilityのendurance消費激しいよね。いくつかHotボタン用意してても全部使う前にendurance 0になっちゃうし。kickしただけでも減るしね。

クレリック

Dragons of Norrathでは2つの新しいspell、Mark of VengeanceとMark of Restributionを得たので満喫して頂けていると思う。我々はこれらのスペルを早い時期に得るとレベルが上がるにつれ強化される完全なspellラインに変更する予定である。

Turn Undead spellをすべてのレベルにおいて効果を持つようにしたいと思っている。提案されている一部の変更には以下が含まれる:

a. fear付きスペルをfearが失敗したとしてもそれ以外は効果が残るかそのスペルのfear部分が完全に取り除かれるように変更する。

b. 強力なsnare効果を追加する

Turn undeadとか使う機会ないですよね、たいていヒーラー仕事で手一杯だしmana心配だし。snare効果ついてMobまっしぐらで跳ねられたらどうすんだよ(;´Д`)

ドルイド

ドルイドはクラスをダメージを与えるのを満喫する攻撃型ドルイドと、ヒーラーの役割を好む防御型ドルイドの二つに分割するというユニークな挑戦である。我々としては両方のプレイスタイルをサポートしたいが、両方のドルイドの面をクラスとして等しく向上させたとしたならすぐに能力過剰となるだろう。我々の計画ではドルイドがある部分を他を犠牲にして良好になる特定のモードもしくは体勢に入ることができる新しい選択肢を導入することである。これに関する好ましい解決策はドルイドに先天的abilityを追加することである。このabilityはbackstabやtrackのようなabilityと似た独自のボタンを持つことになる。貴方は3つのうちどれか一つの状態になることが出来、5分毎にそれらの間を切り替えることができる。

a. ノーマル ? ヒーリングおよび攻撃的abilityは均衡している。これは今日既にある状態である。

b. 攻撃的 ? 攻撃能力が最大25%増加するが、ヒール系スペルの能力は50%減じられる。

c. 防御的 ? ヒーリング能力は最大25%増加するが、攻撃的スペルの能力は50%減じられる。

もうひとつの我々の目標はすべてのクラスがもっと容易に一緒にグループを組めるように中心的なグルーピング役割分担を広げるすることにある。ひとつのグループ内で3人のメインタンクがどのような演じることが可能であるべきかといったのと似たように、同一グループ内の3人のメインヒーラーの誰でもメインヒーラーの役割を演じることができるようにしたいと思っている。先に述べたドルイドでの変更によって貴方はクレリックのおよそ80%の効率でヒーリングの役割を補填することができるようになる。

ドルイドほど地味で日陰のクラスもめずらしいと思う。raidの時はタクシーとしてこき使われ、クレリック少ない時は陰でサブヒール。DoTとか当てようとすると既に強力なクラスのDoT入っててholdしてくれないし、たまに当たてもレジされてHateだけ稼いでMobまっしぐらで即死(そして何やってんだと皆になじられ)。人足らなくて無理矢理CCHリストに組み入れられるも周りから「DruのCHは100%回復じゃないからなぁ、安心できねぇ」とか横やりが入ったり。Snareレジされまくりで間に合わなかったりすると「snareちゃんと入れろよ」とか怒られるし。グループのときもraidの時も目立たないのが一番なクラスでした。ドルイド悲話は数知れず。今回の修正で少しはraid楽しくなるといいね。

エンチャンター

我々はWord of Morellスペルラインに更に高レベルのアップグレードを追加予定である。

我々はmana吸い取り作業の仕方を変える予定である。かつてはそのスペルはlevel 53を超えたNPCには弱い効果しかなかった。我々はTheft of Thoughを高いレベルのキャスターNPCに対して使えるように制限を外し、その系統にもっと強力なスペルを導入可能にする。しかしながら、それらは常に最大量を返すのではなくNPCが持っているmanaだけを返すように変更される予定である。NPCが100 manaしか持っていない場合、貴方のスペルが400吸い取れるとすると、貴方は100 manaしか得ることができなくなるでしょう。ほとんどのNPC,非キャスターはわずかな量のmanaしか先天的に与えられていないので必要な変更である。

我々はNPCの能力が上昇しNCPへのcharmingの難易度が下がっていることを承知している。これはそれまで意図していなかった強すぎるダメージを与えるNPCを低リスクでcharmできてしまっていたという均衡を欠く事態を招いた。これれによって不本意ながら多くのNPCをcharm不能にするという決定を強いられた。OOWでは、我々はほとんどのNPCを再びcharm可能にすべくcharm変更を導入したが、その効果を減じゲームプレイの不均衡を取り除いている。我々はcharm中はstatを減じるようにすることでそれを実現した。これによって一部の新しい問題が持ち上がった。最も大きなものは、貴方がほとんどあらゆるペットにhastとbuffをかけたがり、charmが切れた時には貴方はさっきより強いNPCと向かい合うことになる点である。我々はcharmの有用性を確認し行動に移す前に貴方の意見を集めたいと願っている。

a. charmが貴方のゲームプレイの中心的部分であることを願っている。貴方はcharmしたペットをほとんどの状況下で掌握しグループに役立つように用いるべきである。

b. 我々はcharmされたNPCのstatが意図された範囲内に収まるようにしようとしている。

c. 我々はエンチャンターのcharm spellに先天的なbuff効果を追加したいと思っている。NPCがcharm下に有る場合、それらはちょうとpetをbuffするのと似たような効果のスペルが働いているようにする。charmが切れた場合、それらの効果はNPCがもとの状態で扱えるように消失するようにする。

d. これまで述べた変更はNPCがcharmされた時statが現在低下しないゾーンでは別の不均衡を生じる。Omenにおいて行われた変更はこれが全Norrathでのcharmの新しい動作の仕方となるようにゲーム内の他のゾーンにも適用される必要がある。

e. すべてのゾーンに対してcharmの変更がなされた後、我々は以前にゲーム世界を通してcharmが更に有用になるように均衡問題の理由から除外された領域でのcharmの使用の復活と再会をすることができる。

Encはcharmが武器でしたからね。でも一番強敵はcharmが解けたペットMobだったりして。charmが切れた後もhastとかbuffが残ってて凶暴化したMobがゾーンに放置されているのを良くみかけますね。そのあたりが少し改善されるのでしょうか。

メイジ

我々はほとんどのアイテムの召還場所を直接ターゲットの手元になるように切り替え予定である。もちろん、このabilityをグループに入っていない人、raidに入っていない人もしくは他のだれからをもオフにする新しいトグルも必要となるだろう。

我々は沢山の異なるアイテムを召還する煩わしさを和らげるのを助けるのに利用される召還ペットアイテムをより多く含む新しいパックスペルを追加する予定である。

Turn SummonedをクレリックのTunr Undeadに対するのと同様の仕方で変更を行う予定である。詳しくはクレリックのところをご覧下さい。

我々はペットクラスについてペットをraidも含めたほとんどのゲームプレイ状況下で使用できるようにすべきと信じている。我々はペットクラスは現時点でそれほど多くの問題を抱えているとは思っていないが、皆様にraidでペットを使って欲しいという我々の意図を汲んで頂いた上で何か問題があればそれを直す手だてをしたいと思います。

我々はペットフォーカスアイテムの入手し易さを向上させる予定です、特に割とカジュアルなプレイヤー向けに。

我々は一部のペットヒールのキャスティングタイムに関して目を向けており、適切であればキャスティングタイムを短縮する予定です。

召還アイテムの受け渡しがスムーズになるのかな。あとペットに召還アイテム与えるのにかかる手間が少なくなるとか。ペットに関しては他のペットクラスと同じかんじですね。

モンク

我々はPlane of Powerの時代に与えたAC緩和の削減を元に戻す予定です。

これもnerfなのかな。

ネクロマンサー

我々はいくらかの戦闘ユーティリティを与えるため新しいScreaming Terror系スペルを追加する予定である。

我々はペットクラスがraidを含めほとんどのゲームプレイ状況下でペットを使用できるべきだと確信している。我々はペットクラスが現時点でraidでそれほど多くの問題を抱えているとは思わないが、raidでペットを使って欲しいという我々の意図を汲んで頂いた上でもし問題があればそれを直していくつもりです。

我々はペットフォーカスアイテムの入手し易さを向上させる予定です、特に割りとカジュアルなプレイヤー向けに。

我々は一部のペットヒールスペルのキャスティングタイムに目を向け、必要とあらばキャスティングタイムを短縮する予定です。

これもペットクラスの典型ですね。Meleeとしても期待できますし。

パラディン

我々はグループ内でメインタンクになって欲しいと願っています。我々は現時点でもその役割を果たすことができると信じていますが、我々の意図はグループの場合そのメインタンクとしてwarrior, paladin, shadowknighのいずれでも効率良く確保できるようにすることにあります。

DoNでは制限付きの形のdefensiveを与えました。我々は貴方からのフィードバックを得てもしそのやり方が気に入ったならば、我々はwarriorがdefensive disciplineを得るレベルから始まる完全なスペルラインを作る計画です。

DoNで弱めのdefensiveあるんですか。それを低いレベルの時にさかのぼってスペルとして用意するってことですね。
まあPoPゾーンではもともとWar不要でしたから。

レンジャー

レンジャーはあらゆる事柄が得意でありすべてのパーツが適切に追加されたあかつきには、彼らは引っ張りだこになるクラスとなるでしょう。我々の感触ではそれらのパーツは現在のゲームにおいては適切に追加されていないと感じています。我々は今もなおすべてのDPS値とstatをとりまとめていますが、近いうち我々は短い期間で増やすことが出来る2つの事柄を確定するでしょう。

a. スペルを介して与えるダメージを向上させる。

b. ヒール能力を上昇させる、特にゲームの最終段階で。

レンジャーは人気のまととなるでしょう。ロードオブザリングの影響かな。

ローグ

我々はAssassin’s Feintが正しく機能するように問題を修正した後、活動能力に対する反作用を計測する予定です。もしそれが何らかの作業能力に反作用が生じるのであれば、同様の手段としての戦闘ユーティリティを追加するつもりです。

我々は普通の弓筒にあるような先天的hasteを備えた投げ武器筒を加える予定です。

あまり短刀や手裏剣を投げるローグって見たことないですがこれからは増えるんでしょうか。ローグってbackstabとSoSぐらいしか思いつかない。

シャドーナイト

我々はシャドーナイトにもグループ内ではメインタンクになって欲しいと思います。我々は現時点でもその役割を果たすことはできると信じていますが、我々の意図はグループがwarrior, paladin, shadowknightの中から効果的にメインタンクを得ることができるようにすることです。

DoNで、限定された形のdefeinsiveを与えました。我々は貴方からのフィードバックを見て、この方向が良いと感じたならwarriorがdefeinsive disciplineを得るレベルから始まる完全なスペルラインを作る計画です。

ますますWarrior不要論が(;´Д`)

シャーマン

DoNにおいて、Spirit of the LeopardとSpirit of the Pantherスペルを与えました。貴方はこの新しいスペルを好んでグループにより好ましい結果を与えていると思われます。我々はこれらを他のレベル範囲のshamanがこうしたスペルの利便を味わえるように完全なスペルラインに拡張する予定です。

ドルイドのように、グループでメインヒーラーとしてより良く機能できるようにヒーリング能力を向上させようとしています。ヒーリング能力が自分のヒールではなく機能であり、自分の能力はslowによってNPCのダメージを低減させることではないかと多少疑問視している皆さんは、既に優れたヒーラーですがslow出来ないNPCと対する場合はヒール力は地に落ちることになります。我々が単純にヒールを向上させたとすると、slow不可なNPCに立ち向かった時に他のヒーラーを押しのけてすぐに脚光を浴びることになるでしょう。なので我々はNPCがslow不可だったりNPCをslowする役目を降りた時(ご自身の勝ってな判断で)のみヒール能力を向上する方法を模索中です。これらの変更は同時にいかなるドルイドの変更もあるクラスが別のクラスを食ってしまわないように施されることになります。

確かにSlow ImmueとかDoTレジ高いとかだとヒールするしか仕事無くなるもんね。よい傾向かも。

ウォーリア

ウォーリアクラスに関する沢山の変更のアイデアは我々が今整理中のデータの結果如何によります。しかしながら、我々は中級および上級レベルでのゲームでソロをする能力を高める予定です。

我々は多くのdisciplineのendurance costに目をむけ必要のあるものは減らそうとしています。

我々はPress the Attackのノックバック効果を少しだけ増す予定です。

endurance cost軽減は賛成です。使いたいときにはenduが0だったりして。Press the AttackでMobを角に押し込むのに使えますかそうですか。

ウィザード

DoNにおいて、抑制されたDPSを向上させるのを手助けするmana効率の良いnukeを追加しました。我々は違うレベル範囲においても抑制されたDSPを緩和する一連のスペルを拡張する予定です。

Manaburnを修正する予定です。我々に好都合な方式は能力の限界を取り除き代わりに単一攻撃で可能な量をヘルスの最大割合を元に頭打ちさせるというものです。例えば、100万ヒットポイントを有するboss mob(今日のゲームでは極めてありふれたものです)に対しては一回の攻撃でfull manaburnは1万ポイントダメージを与えることになるでしょう。

HPが多いMobにはそれなりに大きなダメージが出るようになるということでしょうか。今までdps的には最悪なので使う機会なかったですからね。最後のとどめとかには有効かも。

繰り返しますが、これららは変更の始まりにすぎずこれからももっとあるという点を忘れないでください。我々はこれらの変更に関してオープンな議論を進め皆様の考えを教えて頂きたいと思います。我々は相互協力的な情報交換を望んでおり必要であれば議論中に警笛を鳴らすつもりです。

ご精読に感謝

なんかクラスフォーラムではすごいことになってますね。穏やかには変更は進まないような感じです。


だいぶあったくなってきたよね

カテゴリー: - Gan @ 13時36分37秒

昨夜も暖房している部屋の室温が手元の温湿計で20℃を初めて超えていた。

だんだんと暖房も要らなくなる日も多くなっていくよね。快適なのは室温16〜24℃で湿度が55〜65%。湿度は50%超えていればインフルエンザウイルスも生きていられなくなるので今年もこれでインフルエンザとは無縁。

暖かくなるとコーヒーもグラスに氷を入れてそれに注いで作るアイスコーヒーの出番が多くなります。

保温マグの出番がなくなるじゃん(;´Д`)
まあアイスコーヒーが温まるのを防ぐのにも使えるからよしとしよう。


2005年3月16日(水曜日)

Fabled NPC Celebrate EQ’s 6th Anniversary!

カテゴリー: - Gan @ 18時06分31秒

16日のパッチって6周年記念だったのね。

すごいitemを落とすFabled NPCが多数(125)、Scavenger Hunt(もの集め)だそうです。ほとんどのOld worldのbossがFabledバージョンになる感じだね。

すごいBP

Incarnadine Breastplate and Fabled Incarnadine Breastplate

なかなかのNeck

Necklace of Superiority and Fabled Necklace of Superiority

Fabled Mana robeもすごい

Mana Robe and Fabled Mana Robe


Class見直しとか

カテゴリー: - webadm @ 13時58分45秒

SoEで決まりつつあるClass見直し案が出てますね。暇があるとき拙訳しておきます。

Solo playうんぬんとかもありますが、さっさと傭兵NPCシステムとか作ってくれたほうが皆助かると思うのですけど。「あと一人いればMission受けれるんだけどなぁ」とか「あと一人誰かいればLDoN一回まわせるのに」とか「このグループ5人いてもHealerひとりもいないじゃん」とかいう事態がすぐ解決すると思うのですが。

あ、それって昔Diabloとかにありましたね。面白いと思うんだけどね。NPCが経験値つんでいくと日当が高くなるとかでもいいし。ろくでもないEbay野郎とパーティ組むぐらいなら町で傭兵雇ったほうがましだとかになっちゃうかも。


2005年3月14日(月曜日)

Povarだより(Quarm)

カテゴリー: - Gan @ 19時30分26秒

昨夜は3日間のPoTime侵攻のエンディングを飾るかどうかのQuarm戦でした。入念に前日の特攻隊が得た情報とかを交換しつつ戦闘場所や戦当中の注意点を確認しあいました。なによりもびっくりしたのは最初にLairにゾーンしたときQuarmがすぐ近くまでroamしてきていたのです。ちょうどQuarmのマークが描かれた中心あたりまでやってきて引き返すようですね。幸いagroした人は誰もいませんでした。ほとんどの人はびっくりして後ろの壁ぎりぎりまで上り詰めてました。

そして戦闘開始、順調に位置固定しながらAEも気にならない程度で首を次々と切り落としていきます。首がもげるたびにAir elementalが召還されて手当たり次第からんでくるのでそれをtankするのも重要な仕事のひとつでした。MTのMaxiちゃんとかに平気で絡んでいるのを引き離すのがまた大変でした。雑魚とはいえ結構HPへらず時間が来ると全部消えるのが救いでした。

Quarm戦

最後のAddが消えたらあとは総力でHPを削っていくだけです、そしてとうとうSlain。初トライにして初勝利でした。

Quarm slain

lootもさすがにすごいものばかりですね、silk legにペット召還1HB、ringそしてBPの素!

silk Legs

pet召還1HB

ring

BPの素

前回最初にWarlordを倒した時のBPの素はMaxiちゃんがもらいましたが、今回2つ目となるBPの素はGanが頂くことになりました。皆さんありがとうございます。ますますAnguish目指してがんばります。

さてlootが終わると奥の繭のところへ全員移動。でももう誰かが攻撃を加えていてゆらゆら揺れてました。Ganが写真を撮ろうとしたときはまさに消える瞬間でした。

消えゆく繭

消えた繭の後に現れたのは変なおじさんでした。

目の前に現れた変なおじさん

ふらふらと歩き始めるおじさんの後をついていくとそこにDruzzil Ro降臨! 変なおじさんことZebuxorkはDruzzil Roの愛弟子だったようですが教えに反した行動を起こそうとここにとらえられていたようです。

Druzzil Ro降臨

そんなこんなの会話が終わるとPoTimeの時間が巻き戻され全員がPoKのライブラリの一番上の階にとばされました。そこで大事故が、エレベータの床が抜けてほぼ全員落下死(;´Д`)

PoKで起きた悲惨な事故

まったくもって初めてで想定外のCRでraid終了。

BPを作ろうと思ってBazaarへ向かったのですが売っている人が居ませんでした。幸いGallianさんから3枚シートを譲ってもらい完成できました。

完成したBP

ふう、とっても気分の良い楽しい一日でした。


2005年3月13日(日曜日)

Povarだより(PoTime2日目)

カテゴリー: - Gan @ 21時15分03秒

金曜日から三日間Timeローテーションです。初日の金曜日の夜はさくさくとPhase1,2,3をクリアして土曜日の準備。

Phase1クリア待ちのwaiting

土曜日はPhase4とPhase5を消化。Phase4の最初のSaryrn戦ではいつもの通り順調にいっていたはずが、HoTTの表示がMTのMaxiちゃんではなくいつのまにかGanに変わっていたのに気づきませんでした。Maxiちゃんはdownしてないのになぜ?と思った時には時既に遅く8連発で殴られ防御する間もなく死亡。

Saryrnからは帽子とベールが出ました。帽子はなぜか2個も(;´Д`)

Saryrnの帽子

Saryrnのベール

お次のTerris ThuleはMT downも無く無難にクリア。dropは2HBとNeckがまたもや2個(;´Д`)

TTの2HB

TTのネック

Tallon Zekの時も何故かRamp getterのGanが突然標的になってしまってdown。lootはPal待望のHopebringerと盾にbootsでした。

Hopebringer

TZの盾

TZのboots

Vallon Zekも今回はMTレリーフも必要なく無難に倒しPhase4クリア。dropはrange玉とbowが2本(;´Д`)このパターン今日大すぎ。Oowのbossからruneが2個でるのはわかるとしても。

VZの玉

VZの弓

Phase5のRallos Zek戦も今まで2回やって2回ともMT down無く今回も無いだろうと思っていたらまさかのMT down。2nd MTだったGanはすっかい想定外の出来事に気づかず一生懸命にAddした雑魚を殴ってました。おかげさまでloot checkのお役目を頂いてRallos Zekの近影をパチリと撮れました。

Rallos Zek\\'s corpse近影

dropは皮legとringに肩でした。

RZの皮Legs

RZのring

RZの肩

続いてCazic Thuleもたいらげました。dropは2HBとtime robeの素、腕輪でした。

CTの2HB

Time robeの素

CTの腕輪

次のBertはGanのramp get時にすぐ壁に寄ってしまったためbertが壁にスタックしてwarpするという事態に。幸いWarpした先が戦闘地点の近くだったためリカバリは可能でした。dropはベール、ranger専用pet召還付き1HS、それにringでした。

Bertのベール

BertのRng専用1HS

Bertのring

Phase5の最後はInnorukです。前回はHealer陣がAE Fearを食らってしまってあわてたので、今回は戦闘位置を微調整してHealerにAEが来ないようにしました。結果は大成功でした。lootはBRD専用1HS、ROG専用1HPそれに耳飾りでした。

BRD専用1HS

ROG専用1HP

耳飾り

これでPhase5クリアできました。その後みんなAE TLもらったのを良いことにPhase6にゾーンしてそれぞれ神風特攻を披露しました(;´Д`)

当然Ganもこの時ばかりはいつでもTLで逃げることができるので無敵モードにして既にIncしているQuarmに殴りかかりました。ええ、殴られましたとも3600dmgとかありました(;´Д`) 思ったより弱いという感触を得てHPが0になる前にTLのYesをクリック。無事生還できました。以下の写真はその時のものです、Quarmでかすぎて全然全体が見えませんが。中心付近にかろうじてGanの姿が見えます。

Charge to Quarm

今夜のQuarm戦をこうご期待。


2005年3月12日(土曜日)

Povarだより(DoN探検)

カテゴリー: - Gan @ 14時19分13秒

今日は朝食をすませてまだお昼まで時間があったのでこないだのDoN探検の続きをしました。Lavastorm mountainsまで移動するNektlus ForestでめずらしくGMイベントをやっている様子でした。GM操作のハーフリングが何人もいました。日頃ダークエルフにハーフリングがいじめられているので仕返しでしょうかね。

NektlusのGMイベント

Nektlusを後にしてLavastromに入ったところでArajさんからtellが。Stillmoon templeでタスクやってるけどhelpお願いできない?というものでした。Stillmoon templeってどこにあるか知りませんっていったらBloodlandsの隣だということ。さっそくBloodlandsに行きました。でも良く考えたらBloodlandsのマップ無いし、とりあえず壁沿いに行けばどっかにそれらしきゾーンポイントが見えるだろうと探検開始。かなり回り道をしたものの日本風の灯籠が立っているポイントを発見。そこそ奥に進むとゾーンらしき建物が見えました。

Stillmoon templeへのゾーン

手前の岩男さんはindiffでしたので奥へ突っ走ると奥に居る2体はKoSでagroしてきました。仕方ないので退治してゾーンするとそこがStillmoon templeでした。日本風の建物ですね。Akahigeがゾーンし終えるのが待ち切れ合いのでInvisiであちこち探検していきました。元のBloodlandsに戻るゾーンが見あたらないからです。

Stillmoon Temple

建物の奥を探検していたときにSee持ちがいるところに行ってしまったらしく何匹ものdrakeとgoblinに取り囲まれました。ちょうどそのときチャットウインドウに黄色い文字が。AkahigeがLDです。どうやらAkahigeはこのゾーンに入っただけでクラッシュするらしいです。NCやDH、BFとかもゾーンしただけでクラッシュしてしまいますそこと同じですね。あきらめて死ぬことにしました。ゾーンでは結構一杯ソロでタスクこなしている人がいるのでトレインぶつけるとひんしゅくものだし。

もうお昼だったのでSCは後まわしで落ちました。


またまた保温マグ:Starbucksのタンブラー

カテゴリー: - Gan @ 02時44分04秒

先日近くに行ったついでにStarbucks Coffeeに寄ってタンブラーを物色していました。

思ったよりたくさん種類があって、どれにしようかと手に取りながら迷っていると店員さんの一人が怪しい人物が商品になにかしようとしていると思ったのかしりませんが、声をかけてきました。見てるだけです(手にとってるじゃん)といったら持ち場にもどって遠くからどうみても怪しいぞと心配な目で見てました。

不審人物だと思われるのが耐え切れなくなったので、とりあえずStarbucksのロゴマークが入った2合入りのやつを買おうと近くのレジにもっていったら、なんかプレゼント風のものを作っている最中ないようで待たされてしまいました(商品を手にもったままじっとしている不審人物が1名いる状況をご想像ください)。

そうこうするうち、少し離れたドリンクカウンターの女性店員さんが近寄ってきて、こちらへどうぞと違うレジへ案内されました。タンブラーを渡すと「本日一緒にドリンクをお召し上がりですか?」と聞かれたので家へ持ち帰りますと応えました。するとタンブラー買った人はそのタンブラーを持ち込めば最初の1杯は無料だということで無料チケットをもらえました。タンブラー自身は1000円なので割高感がありますが、最初の1杯が無料だというと少し得した気分になりますね。

あとで分かったのですが2合というと360mlぐらいですから、ちょっと中途半端な容量ですね。もう一回り大きいのがあったのであれにすればよかったかなと思いました。けど、ちょうど普段使っている小さいショルダーバッグの空いてるスペースにすっぽり入るので、朝出かけるときにコーヒーを入れて職場についたらそれを飲むというのもできますし、途中で飲んでもいいでしょう。密閉度が完璧で蓋は飲み口が開いている時も閉じている時もしっかりロックがかかるようになっているので閉じておけば横にしようとも床におっことそうとも中身がこぼれる心配はなさそうです。現に1回机の上から床にはじき飛ばしてしまいましたが大丈夫でした。

スーパーとかで売っている市販のレギュラーコーヒーは飽きてきたので(特に最近は増量傾向にあるようで短い期間では消費しきれなくなっています)、豆からひいて飲むのを試してみようかと思います。近くには豆を売っているところが無いので、Starbucks Coffeeあたりで仕入れて試してみますか。100gが450円ですかちょっと高いですが試すのにはちょうど良い分量かと。豆を挽く器具も購入しないといけないですね。

Starbucks Coffeeのタンブラーは普通二重構造ではなく、外周が比較的分厚くできています。なので胴回りの大きさに比べて内容量は少なめです。暖かいコーヒーを入れると外部にその熱が伝わってきて暖かいです。そのためほっておけばすぐ冷めてしまいますね。二重構造のもののあったと思いますが保温第一ではなく中に自分でデザインした台紙を入れて自分だけのオリジナルのタンブラーを作る用途だったと思います。

保温マグを探す旅はまだ始まったばかりなのでした。


2005年3月11日(金曜日)

Povarだより(RcodでEpic,69 runeその他)

カテゴリー: - Gan @ 12時38分59秒

昨日の夕方は気を取り直して前回空振りに終わったDoNのLavaspinner’s Lairをもう一度探検に出かけました。今度はAutomap機能を使って一度通った道筋がマップに残るようにしました。すると以前ではBloodlandsとは違うゾーンに出る壁にぶつかりました。

Lavaspinner\'s Lairにある別のゾーン

その先のゾーンの探検はまた今度にして道を引き返し今度は中央から東の方にのびる洞窟を進んでいくとLavaspinnerの生息地に行き着きました。roamしているので戦闘中にもどんどんaddしてきます。

Lavaspinner\'s Lairのくも

そうこうしているうちにAkahigeはクラッシュして(Akahigeはなぜか細長い空間のあるゾーンに足を踏み込んだだけでクラッシュします、NCとかDHとかDSのBFへ向かう坂道とか)Ganはヒールを貰えずその場で死ぬ覚悟ができました。今日の探検はGuild LobbyでSCしておしまい。

夜になっても70runeを落とすMobがどれもまだpopしていないらしいので、人が集まってきたところでRcodでGanのEpic 1.5ラストパートをヘルプしてもらえることになりました。

Epicラストバトル

無事Epic 1.5をゲットできました。ありがとうヘルプしてくださった皆さん。

とうとうゲット

あとでAAと新しいタイトルをもらいにいくパートがありますがraid終了後にでも。よく見るとWar epic 1.5って振り遅いのね。

war epic 1.5

raidはその後、69 rune狙いでRcodのnamedを次々食べてまわりました。まずは近くにいるTiorpatを。

Tiorpat

なんか珍しい微妙なキャスター専用forcus付き棒がでました(なぐれませんが)。

キャスター用forcus棒

次は橋を上ってBrdge keeperとやらを。

BKの雑魚(本体は奥にrooted)

lootはなかなか良いchain legが出ました。

BKのchain leg

Rcodの最後の獲物は一番高台にいるKyvです。lootは初めて見るよさげなBPです。こんなのが出るならまたやりたいですね。

初物BP

今日はこれでraid終了とAE TLもらった後でWoSにHulcrorが今まさにpopしたところという情報が飛び込んできました。
でさくっと移動してさくっと倒すつもりが、assist healがうまくいっていないのかはねて殴られたMT以外のタンクやDPS Meleeクラスが早々とダウン、もっさりDPS下がってしまってHP削りきれず残り5%で壊滅。CR中もHulcrorのHPはまだ全回復してませんでした、回復遅いみたいですね。再挑戦はせず今日はこれでお開きとなりました。

AE TLもらってGanはDSに向かいKorbuk Brimbladeさんに先の戦闘の報告をしました。兄弟を亡くしたことにひどく動揺しているようですが、この時点でKorbuk Brimbladeさんともいずれ戦わねばならないなどということは知るよしもありませんでした。HailしてAA 5ポイントとConqureのタイトルゲットできました。

Korbuk Brimblade


2005年3月10日(木曜日)

UIアップデート

カテゴリー: - Gan @ 15時44分20秒

昨日だったかパッチがあったってましたね。何かと思えばOn Liveのフォーラムで誰もが文句いっていた新しいBandoiler, Potion belt, e-mail windowのホットキーが変更できるようになってました。

Bandoilerは装備切り替えのhotkeyを作ってしまうと組み合わせの変更を行う時以外は出すことないんだよね。
Potion beltはゾーン時に消えちゃうのでまたすぐ出そうとあたふたしてしまうのでデフォルトのSHIFT+Pだと2キーストロークに近いのでBandoilerのと取替えちゃおうかな。

e-mailは使う機会無いし、メールが来ることも無いし。放置で。


Povarだより(RSS.WoS)

カテゴリー: - Gan @ 00時49分43秒

昨夜はRSSのC,Fが居るというのでmove開始。最近は移動指示が出たらすぐPoK向かってGuild HallのポータルからWoSへ飛んでRSSへ走ります。一番乗りでした。

まずはCから。MTやってたんですが終盤にうっかり吹っ飛ばされてしまってかなり遠くまでとばされました。急いでもどったのですがとばされた場所の雑魚がagroして付いてきたみたいです。もうCは虫の息だったのでaddがあっても被害は少なかったのが幸いです。lootはめずらしくはずれのメンタマが。

Cの1HB

次にFをたいらげました。こちらは当たりの耳飾りが出ました。

Fの耳飾り

いつもはここで終わるのですが、69 runeないひとが沢山いるということで懐かしいWoSのVelitorkinを。

WoSのVelitorkin

lootは今となってはaltでも欲しがらない1HBでした。でも69 runeが目的ですからOKでしょう。

Vの1HB


2005年3月9日(水曜日)

On Liveから(What I enjoy least about Dragons)

カテゴリー: - Gan @ 01時03分08秒

BrenloがフォーラムのOn Liveで"What I enjoy least about Dragons"(DoNの面白くないところ)というスレッドを立ててました。単に批判だけでなく理由も書いてねということです。既に何ページにもわたってスレが続いてますがそのさわりだけでもご紹介します。

最初の書き込みは、

1) natimbiへのポートストーンがguild hallで売ってない
2) emailのhotky CTRL-Eを他のものに変更できない
3) ALT-Qタスクウインドウにlockoutタイマーのカウンタやexpeditionの時のようなshared taskのプレイヤー人数表示も無い
4) ミッションにLDONみたいなドロップ可能なaugが無い(あればすごくいいのに)
5) snareをかけるdruid/rangerスペルは冗長だ、もっとましなのがあればいいのに

というものです。

あと新しいBazaarは評判悪いみたいですね。前のBazaarで十分だったという声も。弾倉帯やポーションベルトのHotkeyも変更できない点にも不満が出ているみたいです。

いくつかは先日のパッチで解消されましたので省略するとしても、

インスタンスのnamedからなにかドロップ
ギルドホールでバフが買えるようにしないと。石を買ってバフをかけて置いておくと他のギルドメンバーがその石を手にいれて自分にバフがかかるとか、ギルドホール内だけそれが出来るようにするとか…
ポーションベルトウインドがゾーンした際に消えずに残るようにしないと
魔法付与アイテムがポーションベルトで使えるようにしないと

ポーションベルトがゾーンすると消えちゃってもう一回出さないとInvisiしながら移動しているとき怖いよね。

あと、

1. bazaarを変更したのはよけいなことだった

2. Plane of Timeでゾーンインできないことが多くなった。フォーラムに書いたり、petitionしたりe-mailしても未だに正式回答は無い。少なくても今誰かが調べてるとかでもいいから言ってくれよ。それまで幾つもの神々を倒してきたことを誇りに思っていたのに、ゾーン出来ない間は飴をしゃぶったりして和んでいるしかないよ。

というもっともな意見も。

古いバザーを復活させてくれという意見も出てますが、先日のパッチでバザーはBarterゾーンに強制的に吸収合併させられてしまいましたね。きっと復活は無いのでしょう。バザーのArenaとかでいつも遊んでる人も居たのにね残念。

DoNの一部のMobからのドロップ品はその難易度に比べてやすっぽすぎる、一例をあげればSpider Modtherとか。手強すぎるのに、落とすアイテムといったらaltに回すしか無いものばっかり。でもAltにやるアイテムだったらバザーでもっといいのがもっと簡単に手に入りますから、残念! lootをもっとましににしろとは言うつもりはなくて、もっとMobの難易度を相応のレベルに合わせてくれといいたい。

なんども言うようだけど、なんでmod rodがポーションベルトで使えないようにするのかね?

大分お怒りの人もいるようです。mod rod使えないんですかポーションベルトから。知らなかった。

1 - みんな書いてるようにポートベンダーにもっと石追加して。Natimbi, SkyとHateも。PoTの6 stoneへ行くやつも追加しても悪くはないよね…

2 - ギルドホールにaugmentation sealerが設置されたのはいいことだけど、便利なsolventベンダーも追加して欲しいよね。
3 - ギルドホールにbindできてcampもできるようにする。インスタンスが無かったら作られるようにする。

4 - ギルドホールの中にbazaarとbarterホールへの入り口を設ける。

5 - ギルドバンクにはもっともっと沢山のスロットが要るよ

かなりDoNのコンテンツをやりこんだ人からも意見が

- 疲れるだけのミッションベンダーシステムは要らない。難易度の高いシングルグループコンテンツにはもっとましな褒美があればいいのに。
- Kyv arrows, Ikaav magic, and Ukun clawsであんだけ泣かされた後で、更にクモやゴブリンにやられるのは我慢できないと思う。

- アジア風テーマはいいんだけどアジアンテーマ丸出し。装備で侍セットがあるのもいいけど、そのまんま過ぎの感じがする。まあ今まで何年もヨーロッパ風ファンタジーに毒されてきたのも否めないけどね。

- 低級者が遭遇できるドラゴンが居ない。ほとんどのプレイヤーは上級者のスクリーンショットのすばらしいグラフィックスを見るだけで我慢している。低級者を餌にするため穴から出てゾーンを徘徊するようなドラゴンが居れば彼らがオーとかスゴーとかわめく機会に恵まれると思うんだけど。

- email, potions, bandoleerのキーバインド問題

バザーに関して言わせてもらえば: 昔のバザーでアイテムを探す時は、今と同じようにラグはあったが"find"を使ってベンダーを同じゾーン内のバザー内から探しだすだけだった。昔のバザーの方が使いやすかったことだけは確かだ。

あと追加されたというrangerスペルも評判悪いみたいですね。それとDoNのうたい文句にあったギルドホールでのMass corpse summonってのが全く存在しないという点も指摘されてました。

DoNのミッションシステムはもっと調整されるべきものでしょうね。だまされたような罠が一杯あるし。


2005年3月8日(火曜日)

Povarだより(DoNとか)

カテゴリー: - Gan @ 02時41分44秒

DoNのAlliance Taskを受けてみたんですが、罠だと判明しました。受けたタスクの内容はDrake bloodを集めるというものですが、Taskなんで一人向けですのでインスタンスゾーンは生成されません。それでノンインスタンスのLavaspinner’s Lairゾーンへ行ってみたのですが…

Lavaspinner\'s Lair

わかったことは、Drakeが居ませんでした。居るのはStone DervishとGoblinとかで、一通りクリアして道成に前へ進んでいったらBloodlandにゾーンしちゃいました(;´Д`)

Bloodlandにあったポータル

Lavaspinner’s Lairって名前が付いてるのにLavaspinnerも見かけませんでした。インスタンス版のLavaspinner’s Lairにはdrakeやlavaspinnerばかり居るのですが、これってshared taskやりながらitem lootしろっていう意味ですか(;´Д`)

だまされているとしか言えません。はっきり言ってGreenなmobでもHPやたら多いし殴りも痛いのでヒーラーやslower居ないと死にます。Akahigeと一緒に行った時はSnare発動しなくて逃げ出されたあげくHP多いので途中削り切れないし周りのStone DervishやGoblinがaddして5incになってたり。HoTではHeal間に合わないのでAkahigeにhate乗るの覚悟でCHしました。その時は死なずに済みましたが、2度とご免だと思いました。

昨夜のraidは最初前回倒したBattle MasterをやりにRcodへ。マスクとSheilding付きのBootsが出ました。

BMのマスク

BMのBoots

Rollに勝てたので念願の初Sheilding付きBootsゲットできました。これからどんどん出るといいですね。お次は同じRcodにいるZunをやりました。1st MTのMaxiちゃんが途中でdownしたのでGanがカバーに入りました。最初downしたの気づくの遅かったのですがFjさんがWSで時間稼ぎしてくれて助かりました。

Zun

lootは2HBと腕輪でした。

Zunの2HB

Zunの腕輪

なんかどっかで見覚えがあると思ったら前回もまったく同じの出てましたか(;´Д`)

最後はWoSへ移動してさくっとHulcrorを。

Hulcror

lootは初物の首輪といつもの弓でした。

Hulcrorの首輪

Hulcrorの弓


イギリスのBSEの恐怖

カテゴリー: - Gan @ 02時03分48秒

以前にイギリスに滞在したことの時の話を書いたと思うのですが、最近報道とかでイギリスに24日間滞在している間に食べた食事からBSEに感染したらしいというニュースが飛び交う中、自分は大丈夫だったろうかと気になりだしました。

思い出してみると問題となっている牛肉ベースの食事は幸いにしてとった記憶は無いようで少し心配が少なくなった気がします。というのもイギリスの料理はまずいという潜入感から同行した人も皆中華料理、タイ料理、イタリア料理店とかでしか食事しなかったのです。Ultimaの思い出でもあるフィッシュ&チップスぐらいは食べたかったと後悔はしてますが。

次なる心配は北米に何度も仕事で行ったことがあるので、そこで食べた牛肉料理は大丈夫だったのかという心配は残るのですが。まあ北米に行って牛肉を使っていない食事をするというのも案外難しいのは確か。ステーキ肉安いですからね日本だと何百円もするのが皆1ドルとかですし。

まあ感染が発覚したらいずれにせよ手遅れでしょうね。そうならないことを祈るしか。


2005年3月7日(月曜日)

Povarだより(週末の出来事)

カテゴリー: - Gan @ 20時54分56秒

この記事は一度書いていたものをちょっとした操作ミスで保存する前に全部消えちゃって(アップロード済みの画像を除く)ちょっとショックで暫く日を置いて書いたものです。ブラウザーから長い文章書いているとESCキーを何かが間違って押しちゃうだけでパーになってしまうんだよね。今回は着ていたセーターのたるんだ部分がマウスの左クリックボタンを押しちゃっていきなりホームページが表示されて一瞬目が点になりました。戻るで戻ってももう遅いのでした。

気を取り直して書いてみます。先週末の金曜日は翌日予定のIkkiz3トライアルに備えて装備底上げを目刺しIkkiz2のトライアルをやることになりました。最初にぽろっとキャスター向けの肩装備が出ました。

キャスター用肩

また途中でRNG専用の1HS(通称ゲソ)が出ました。

RNG専用ゲソ

ラストボスからはお目当てのShielding付きLegが出ましたが、Ganは意識朦朧としていてInするタイミングを逃してしまいました。代わりといっては何ですが他にも肩装備が出たので誰も引き取り手が居ないというので頂くことができました。Shielding付き装備はまだ持ってないのですが、こちらの肩は結構AC的にもステータス的にもアップグレードになったのでうれしかったです。

ラストボスの肩

翌日の土曜日はIkkiz3トライアルの予定ですが、まだ人が集まっていないので人待ちをかねてRSSのC,Fをやりました。Cからはマスクが、Fからは腕輪がでました。

Cのマスク

Fの腕輪

RSSが終わった時には人が十分集まったのでKodへ移動してIkkiz3トライアル再挑戦。まずはクリアしていくとchainのBPと例の盾が出ました。

Chain BP

恒例の盾

また途中でマスクがぽろりと出ました。

マスク

問題のラストボススクリプトですが、前回挑戦したときは何もわからずポップした4 golemによってあっさり壊滅してしまったので今回はその4 golemに関して慎重に作戦を立てました。殴りがかなり痛いことがわかったので各golemにタンクをpre targetでアサインし、順番に適切なクラスのキャラでslainを取っていこうということになりました。しかしふたを開けてみるとリンクしているので複数のgolemにボコボコにされタンク陣はひとたまりもありませんでした。Slow immuなので作戦を変える必要がありそうです。時間も午前3時になっていたのでCRして終わりました。

日曜日は昼間でも沢山人がポップしていたのでMMのnamedを頂くことにしました。Maxiちゃんが居なかったのでGanがMTをつとめました。pullする前から手に何か短剣を持っていたのでドロップが何かは想像がついてしまいました。

MMの短剣

前日というか今日の未明までraidしていたので皆疲れが残っているということで日曜はフリーデーとなりました。Ganもなんとなく疲れがたまってきていたので食事がてら落ち、また明日ということにしました。


2005年3月5日(土曜日)

XFree86を導入してみた

カテゴリー: - Gan @ 20時46分25秒

玄箱HELP BBSでXを玄箱に導入してXのアプリケーションを動作させることは出来るはずと書いてみたもの心配になってきたので本当にXFree86を導入してみた。

いろいろ困難はあったものの、結果は成功。

表示は別PCで立ち上げたKNOPPIX 3.7上で他のホストからの表示を可能にするために以下のコマンドを実行しておく。

xhost +

そのあとでおもむろに玄箱上でXのアプリケーションを何か立ち上げる。とりあえず無難なoclockにしてみる。

/usr/X11R6/bin/oclock -display 192.168.1.12:0.0

ここで-displayうんぬんはKNOPPIXを立ち上げたPCをX ServerとしてIPアドレスで指定してます。

するとまん丸の時計がKNOPPIXのデスクトップ上に無事現れました。パチパチ。

まさか玄箱をアプリケーションサーバーとしてつかうなんて想像もしませんでした。まあ、使えるということは検証できました。10年前とかはもっと遅いクロックのCPUをアプリケーションサーバーとして使ってましたからそれなりに使えるのかも。

とりあえず証拠としてその時のKNOPPIXのデスクトップイメージを玄箱上からxwdを使ってファイルにとっておきました。暇のある方はLinuxデスクトップとかで以下の様にxwudコマンドを使ってごらんになってみてくださいませ。

xwud -in kurox.xwd

XFree86のmake Worldには3日3晩ぐらいかかりました。


続々:保温マグ

カテゴリー: - Gan @ 15時08分50秒

先日から話題にしている保温マグに関して、前回の説を撤回しなければならない真説が現れました。

北米では取っ手がついたカップはどんな大きさ形状でもマグ(Mug)で呼ばれるらしい。

どうりでtumblerで北米の検索サイトで調べても見当違いのものしか引っかからないはずである。

試しにcoffee mugやtravel mugで検索すると目的のものが星の数ほど出てくる。

北米では安全性が問われるらしくいい加減な作りの物は売れないらしい。特に自動車の中で使うものはtravel mugと呼ばれカー用品の定番アイテムらしい。おそらくBrenloの様に毎朝家でコーヒーを詰めて車の中で飲みながら通勤しているのは北米では当たり前のことのようだ。BrenloのCoffee dialiesでも毎朝通勤中のCoffeeの減り具合(coffee index)が通勤時間の計測の目安になっているのもわかるような気がする。渋滞が無い日はほとんどMugのCoffeeは減ってないが、ひどい渋滞の時は2本のMugが空になるとか書いてあって興味深かった。

結局検索結果を調べてもBrenloが使っているタイプのものは見あたらない。こうなったら本人から直接教えてもらうしかないとフォーラム内のemail(Station accountを持っている人ならStation.comのフォーラムにloginするだけで使える、自分用のstation.comのemailアドレスももらえる)で質問状を投げかけてみた。

果たして回答が返ってくるだろうか。


2005年3月4日(金曜日)

続:保温マグ

カテゴリー: - Gan @ 17時38分27秒

その後の調査で驚愕の事実が判明!

問題の写真に出ているものは厳密にはマグではなく"タンブラー(tumbler)"と呼ぶらしい(取っ手がついても)。底の径が飲み口の径より小さいものはすべからくタンブラーなのだそうです。

でタンブラーで検索してみたら予想以上にいっぱい出てきました。

どうやらスターバックスコーヒー(Stacbucks Coffee)店では資源削減のため自前の容器(タンブラーやマグ)を持参して注いでもらうと20円値引きしてくれるということも初めてしりました。スターバックスコーヒーでもオリジナルの保温タンブラーを売っていることも判明。なんと台紙を取り替えることができるらしく、プリンターで印刷すれば自前の絵柄のタンブラーもできるらしい。

今度近くのスターバックスコーヒーでチェックしてみることにします。飲み口のところが円弧状にカットしてあるところも十分な広さがあって適度に冷める構造になっているぽいです。

あちこち見ると世界中とかで地域限定、期間限定のタンブラーを売っているらしく、タンブラーばかりたくさん集めているコレクターも多いようです。

これからは自前タンブラー所持派が増えていきそうですね。


アップデートメッセージ - 03/03/05

カテゴリー: - Gan @ 02時29分51秒

*** アップデートメッセージ - 03/03/05 ***
———————————

*** Bazaar
———————————
Bazaarを誰もがゾーンできるようにしました。

ぬお、まさかDoNリリースされた時点でDoN入れてない人は閉め出されたんですかね。
どうりで売り子の数が激減していると思った。

- BazaarとBarterゾーン間のゾーンラインを取り除いた
- BazaarからPlane of Knowledgeへのゾーンラインを追加した
- Plane of KnowledgeにあるBarterゾーン入り口は今度から貴方をBazaarゾーンに転送します
- FirionaサーバーでのBarterサーチはFirionaサーバーではNODROPとならないNODROPアイテムをフィルタしません。
- UI中で商人名を右クリックすると今度からその商人へのファインドパスを作成します。
- Bazaar/Barterサーチでの右クリックは今度から現在のファインドパスを閉じ、タイマーが満了した場合、ライトクリックした線で示されたBuyer/Traderへの新しいファインドパスを作成します。.
- マップがもっと沢山の情報、特にどのゾーンの領域が/buyer向けか/trader向けかを伴って更新されます。

おお、PoKから直接Bazaarへ行けるようになったんですね。ファインドパスがボタンでなくて名前のところで右クリックすればいいようになったのは便利ですね。

Bazaarゾーンは今もアクティブでそのゾーンでキャンプアウトした方は正常にログインされるでしょう。たとえ貴方がbuyerをセットするためにBazaarと統合するように望んでいたように。どうかコインやアイテムをゾーンを離れる前に重量を減らしておきてください、そうでないと動けなくなることがあります。

今度から同じ区画に従来のTraderとBuyerが共存するということですね。

*** スペルl
———————————
- Spirit of the Leopard と Spirit of the Pantherのコンタクト能力をberserker epic effectとぶつかるのを避けるために移動しました。
- MonkのReturn KickとDouble Riposte AAsは今度から同一攻撃でトリガーされるようになります。
- Combat abilitiesは今度から魔法武器を必要とする生物に対して常にヒットします。
- The Berserker abilityのRage of Volleyは装備している斧によらず魔法攻撃をNPCに加えます。
- Increased the charges on the items summoned by Molten OrbやLava Orbから召還するアイテムのチャージ数を3から10に増やし、召還に必要なマナコストを増加させた。
- 召還された Lava Orbs, Molten Orbs, Shadow Orbs, それに Soul Orbsは今度からFiriona Vieサーバーではno dropとなる。
- shadow knight epic 1.5 および 2.0のrecourse effectsは短期限buffボックスに表示されるようになる。
- monk 1.5 および 2.0 のeffectsはおおよそ貴方の最大ヒットポイントに追加されるヒットポイントに相当する量ヒールすることになります。

なんか良くなったぽいですね。

*** アイテム変更 ***
———————————
- 以下のアイテムがNo-Dropに:
Potted Dark Lady
Ancient Tooth of Archanalia
Scrap of Dark Cloth
Deformed Dragon Embryo
Silvery Dragon Scale Fragments
Golden Dragon Scale Fragments
Metallic Dragon Shell Fragments
Ruined Dragon egg
Desiccated Drake Corpse
Shattered Draconic Symbol
Dark Dragon Scale
Cracked Lavaspinner Egg
Fragments of Zebeker’s Bone Chips
Black Wing Drake Talons
Egg of a Saved Clutch
Frothing Drake Blood
Mottled Goblin Meat
Lavaspinner’s Silk

必要な人は自分で取りに行けということですね。

- Norrath’s Keepers and Dark Reign 用のクリスタルは再びサーバー上で取引できるようになりました
- Hammer of Delusions effect はEuphoriaに変更
- Shadow Orb は今度から5スタックに
- Veeshan’s Peakアクセスクエスト用のSkyfireの宝箱はNPCを退治してから30分間残ります。
- Harbinger Spire Blueprints はもっと頻繁にドロップします
- Stone of Marking はもはやプレイヤーがバインドできないエリアにバインドするのには使えません。

Faction用クリスタルがトレードできるようになったんですね。

*** Quests, Missions
———————————
- BazaarにいるCorrigan HawthorneにPvP pointsに対してlegacy Sullon Zek insigniasで報償するクエストを追加
- Lake RatheのMegalodon戦を易しくした
- NPCsは今度からミッションを要求したプレイヤーのレベルではなくグループの平均レベルに基づいてミッションを与えます。
- ミッションが完了した際にゾーン中のプレイヤーに報酬が与えられないという問題を修正し、ゾーンが完了した時に報酬が与えられるようにした。
- NPCが共有タスク内の誰かによって殺された場合死体のロックの動作の仕方を変更した。今後は共有タスクに関連して殺したNPCが死体が共通タスクにロックされるということはなくなる。

SHMのMegalodonはいきなり最初のバトルがraid級だったのが元にもどったみたいですね。
ミッションのレベル判定がグループの平均レベルが採用されるんですね。

*** トレードスキル ***
———————————
- 多くのトレードスキルのトリビア値が修正された。レシピをチェック願います。
- The Dragons of Norrath Tradeskill Quest NPCは今度から実際に制作を補助してくれるアーマーを貴方が着れるかどうかを認識するようになります。

おろレベル不相応のは作れなくなるのかな。

*** メール ***
———————————
- メールシステムをプレイヤーに連絡をするのに使えるようにしました。最初にこれが使えるのは貴方が一定のレベルに達した時にメッセージが与えられます。
- メール作成ウインドウは最初の空いている欄にフォーカスを与えます(To, Subject, Msg, in that order).
- 削除動作は今度から削除済み選択中の最初のアイテムの位置を再選択するようになります。削除解除も同様です。
- プレイヤーはメールウインドウのトグルするキーをマップすることができます。

きっと使いやすくなったのでしょう。

*** ギルドホール ***
———————————
- 今度からギルドバンカーステータスをギルドメンバーがオンラインでなくても設定できます。
- 商人のミュージックはギルドバンクウインドウに近づくと停止するようになります。
- ギルドバンクリストがソート可能に(パーミッション欄をパーミッションタイプで最も公共的なものから公共性の無いものなどなど)
- ギルドホールでログアウトした場合、もう最後にやったadventure/expeditionゾーンに飛ばされることはなくなりました。

これも便宜性を高める修正ですね。今までは良くNorrath各地に落っことされてましたがこれはなくなるようです。

*** その他諸々 ***
———————————
- ギルドマスターが再びResearch, Alchemy, Poision MakingそれにTinkeringについてトレーニングをしてくれるようになりました。
- Hastening of the Aneukは名前に誤記があり、AnuekはAneukに変更になりました。
- East Cabilisにあるボートは再びボートらしくなりました。
- The Bandolier と Potion Belt ウインドウショートカット/バインディングが正しく保存されるようになりました。
- マップウインドウが正しくマップエリアをマップタブ上で並べるようになりました。
- すべてのオリジナルEverQuestゾーンに対して霧と雨のセッティングについて大きな変更をしました。これらのゾーンでの見通しの良さは大きく改善され、雨はめったに降らなくなりました。雨から雪への季節の変更はこれらのゾーンでは適切に組み入れられています。加えて、雨降りや雪降りのゾーンでの視界を良くしました。
- 新しいコマンド/tasktimersを追加し、共有タスクとその共有タスクを終了するまでの残り時間を表示します。これらは近い将来タスクウインドウに組み入れられる予定ですが、できるだけ早くプレイヤーに使って欲しいと追加しました。
- ゾーン語プレイヤーが誰か他のペットのように見えるバグを修正
- LDプレイヤーが殺された場合、殺害者はアイテムをルートできなくなります

スキルキャップがあがったのに合わせてGMも対応すべくあがったということでしょうか。
霧や雨の日の視界が悪かったのは改善されたみたいですね。景観がどう変わるのか興味ありますが。雨の日は屋内も視野が悪くなるというのはどうなったのかとか。

*** Zek Movelog ***
———————————
- Zekのプレイヤーはアカウントの全キャラクタを移動する新しいサーバーを選ぶ手続きに入ることができます。

これらのZekプレイヤーで既に/movelogコマンドを実行済みの人は、サーバーがSolusek RoやKane Bayle出ない限り選択したサーバーに移動されます。Zekプレイヤーでこれらのサーバーのいずれかを選択した人は新しいサーバーを選択するために再度コマンドを実行する必要があります。

サーバーに行くのに心変わりが生じた場合、/movelog UI (木曜日のアップデートの後)で取り消しボタンがあります。この取り消しボタンで保留中のmovelog要求がキャンセルされ新しいmovelog要求を実行することができるようになります。

movelog要求の処理を金曜日の夜(3月4日)に始めて30日の期限の夜まで続ける予定です。movelog要求を実行したアカウントはすべてcorpseを残してきていないことを確認する必要があります。行き先のサーバー上で既に共有バンクを使用中の場合には、どちらかの共有バンクを空にしておく必要があります、どちらかだけがmovelog後使用可能になるためです。

これはPvPサーバー統合のための準備手続きの注意ですね。


2005年3月3日(木曜日)

保温マグその後

カテゴリー: - Gan @ 00時59分09秒

EverQuest liveのHalfling HodgePodgeにBrenlo’s Worldの新スレッドが紹介されていました。それは"Brenloのうだつがあがらない訳のTop 10″という冗談話ですが、注目したいのは彼らが使用している保温マグを詳細に撮した写真が掲載されている点です。

それを見て興味深い事実がわかりました。飲み口のところが開閉式のハッチ構造になっていて広さが十分広いということです。

実は今まで国内で見かけた保温マグカップはどれも飲み口がスライド式でその穴が保温を重視するあまり小さいというのです。これは一見よさそうに見えますが、穴が十分大きくないと飲み口から出るコーヒーが適度にさめないために熱すぎるのです。熱すぎると美味しく感じないばかりか唇に触れるとやけどしそうな感じがするのでたまりません。

やっぱり写真にあるような彼らが使っているマグカップが欲しいと思うこのごろです。


Povarだより(Rcod Battlemaster)

カテゴリー: - Gan @ 00時42分39秒

昨夜は前日から生き残っているRcodのBattlemasterに初トライ。

RcodのBattlemaster

BM自身は恐れるほどではなかったのですがAdd 4が皆Namedなのでkiterの大活躍でした。BMよりAddの方が手強いということがわかりました。BMのpopポイントに宝箱がpopしてそれ壊すとdrop itemが出ました。

BMのdropは宝箱から

宝箱の中身はchainの腕とaugでした。

BMのchain腕

BMのaug


2005年3月2日(水曜日)

Povarだより(Hulcror他)

カテゴリー: - Gan @ 02時10分58秒

昨夜は少し遅れてWoSへmoveしHulcrorを。dropはマスクとひげでした。

Hulcrorのマスク

Hulcrorのひげ

お次はRSSへmoveしCを頂くことに。珍しく雑魚がinvisi効くタイプだったですね。dropは腕輪でした。前も出たかなこれ。

Cの腕輪

最後はRcodへmoveして昨日から生き残っているZunをやりました。時間も1時すぎてたので眠ってそうな人続出。Paciしてあるのに移動時にぶつかって起こすひともいたり(;´Д`)

今回はSV buffが効いてたのかbuff slotが一杯だったからかAE被弾せずにall resiだったようです。楽にHP削っていったのですが最後の最後でMTダウンがありカバーに入って事なきを得ました。dropはback装備とベルトでした。

Zunのback装備

Zunのベルト

平日の2時過ぎになってしまったのであわただしくAE TLで解散となりました。


2005年3月1日(火曜日)

The Bloodline Chronicles

カテゴリー: - Gan @ 17時43分22秒

なんかEverQuest IIの最初のAdventure packがアナウンスされてました。詳細は段階的に紹介されていくパターンぽい。

The Bloodline Chronicles

・全プレイヤー向けに3月21日に新ストリーと共に公開され利用可能になるTombs of Nightを含む5つのエリア
・Solo, Group, Raidそれぞれ向けのインスタンスゾーン
・GoodとEvilのプレイヤーそれぞれのストリーラインに基づいたクエストでBrotherhood of NightかHand of Marrのどちらかに寄進するか選ぶことができる
・Vampire, Hellhound, Fleshgoyle, Revenantなど新たな恐怖の生き物
・現在進行中のadventureを推し進めるべくダイナミックなストリーラインに沿っていきます
・未発掘の墓地へと抜ける崩れ落ちる壁などの環境とのやりとりがあります
・吸血鬼の魔法に基づいたスペルやアイテムを含むぬきんでたテーマコンテンツ
・すべてのレベルのプレイヤー向けの新たなNeriakアイテム
・T’Hasen The Lostを最初に倒したraidグループに栄光と幸が与えられます

購入しない人でもTombs of Nightというゾーンは公開されるみたいですね。規模的にはそんなに大きくないパックみたいですがダイナミックイベント的な要素がこれまた魅力ですね。ストリーラインに基づいたクエストというのも初期のEQの頃から次第に失われていった要素だけにEQ2では堅持して欲しいものです。EQにも復活の兆しはありますが。


今月のヘッダーショットと投票

カテゴリー: - Gan @ 02時39分39秒

3月はDreadlandにある富士山によく似た山を背景に撮ろうとロケーションハンティングしに行きました。でも行ったのが夜で(;´Д`)、薄暗くてどうもいい絵になりませんでした。最初は雪も降っていたので雪の結晶をファインダーに収めようと数十枚は撮りましたが全部ボツでした。

そんなこんなで富士山への執着からいろんな方角に移動して眺めていると白々と夜が明けてきました。うっすらお日様が顔を出したときにすばらしい景色が目の前に広がっていきました。改心のベストショットでした。日の出の瞬間はvery beautifulでした。

Dreadlandは一年中紅葉が楽しめますが(´ー` )
日の出の時間帯はどのゾーンも美しい気がします( ´ー`)

ヘッダー画像を更新したのと併せて利用されていないフォーラムを登録ユーザーだけが書き込める形に設定を変更しました。自分で書き込んでわかったのですが登録ユーザーでログインして書かないと全部Anonymousユーザーになってしまうんですね。ユーザー名を書き込む欄なんてなかったのでした。

これからもいくつかNorrathの絶景ポイントを巡ってみようと思います。

あと一番ご覧になっている箇所の投票結果は随想が3名の方、記事が1名の方という結果でした。ありがとうございます。これからも随想ネタを増やすだけでなく内容の質的向上にも努めていきたいと思います。

今月の投票はEverQuestの拡張パックの人気投票です。思い出の多いゾーンや面白かった拡張パックに投票してください、複数選択可能です。


101 queries. 2.369 sec.
Powered by WordPress Module based on WordPress ME & WordPress

サイト内検索