ログイン
ユーザ名:

パスワード:


パスワード紛失

新規登録
Main Menu
ピックアップ画像
鯉が泳いでます

最近の画像
最新コメント
お問い合わせ
カウンター

This page is LINK FREE!!
Since 02/06/22




RSSフィード
随想
眠い時は寝床で随想ネタを寒いときも寝床で随想ネタを

Gan
記事

2017年10月9日(月曜日)

PS3をゲーム機として初めて使う

カテゴリー: - webadm @ 20時08分58秒

ふう、もう夏も終わったね。

アルバイト先の会社が事務所を閉じるというので、その後片付けに行った。

そこで使われずに購入したまま保管されていたPS3をもらい受けることに。

そういえば昔、PS3を使えば会社のホームページを事務所内の自宅サーバーになると提案したことがあった。

結局忙しくてそれは実現しなかったけど、PS3だけは使われずにずっとその時が来るのを待っていたわけだった。

以前ここのサーバーとして数年間無停止で稼働してきた初代PS3は冷却ファンが故障したのをきっかけに自分の熱で周辺チップが壊れてしまった。

それでもEthernetとPowerPCコアやメモリは正常に動作していて、リモートログインしてHDDがまったくアクセスできない状態になっているのを確認できた。

当然ながらそれを最後に電源を入れなおしたらHDDがアクセスできないので二度と立ち上がらなかったけど。

そして再び新しいPS3(初代の40GBタイプ)が家にやってきた。

もうサーバーは別のノートPCが代役になっているので、今度のPS3はゲーム機として使うことにした。

さしずめどのゲームタイトルを購入してプレイするかは決めずに、とりあえず起動してシステムファームウェアをアップデートできるか試すことに。

さすがPS3だけあってシステムファームウェアは年月が経ってもちゃんと最新にアップデートできた。これでももうサーバーにはできなくなったけど。

PlayStation Storeを覗いて、オンラインで購入できるゲームタイトルでよさそうなのを探した。

以前からYoutubeにアップロードされているゲームレビューで高い評価を獲得していて、死ぬ前に一度はプレイすべきだといわれている記憶が残っていたタイトルがあった。

そのひとつが、「The Last of Us」PS3の看板ゲームといっていいぐらいのベストセラーゲームタイトル。
もうひとつは「Life is Strange」、こちらは比較的近年にリリースされたけど、今までに300万コピーも売れているという名作らしい。

最初の「The Last of Us」を遊ぶのには初代のディスク容量の少ないPS3では難があった。

以前にPS3をサーバーにしたときにわかっていたことだけど、PS3のHDDはシステムファームウェアによって初期化される際にHDD総容量に対してゲームソフト本体を格納する領域の容量とユーザー保存に使用する領域の容量が固定率で割り振られるため全体容量が少ないHDDだとそれに比例してユーザー保存領域も少なくなるという仕様である。その比率は変更することができない。

「The Last of Us」は一編の映画ぐらいの時間のカットシーン映像が含まれており、また言語によってキャラクタのボイスオーバーのデータもばかにならない。どうやら「The Last of Us」は共通部分のゲーム本体を導入するのに数GBあれば済むものの、ゲームを起動する際に言語やディスプレイの解像度に合わせたデータがユーザーデータ領域に数GB必要だという点である。

40GBのHDDの場合には、ゲーム本体は問題なく導入できても、いざ起動するとユーザーデータ領域があと数百MB足らないというだけでプレイできないという問題に遭遇。これは先に述べた各パーティションの容量の全体に占める比率が固定だということが敗因。

解決方法としては、HDDをもっと大容量のものに換装して、初期化しなおした後に再度ゲームをインストールするしかない。

HDDを換装するには、まずすでにあるPS3の設定やPlayStation Storeなどのアカウント情報を別途USBメモリに保存しておいてから行う必要がある。

それには比較的大容量のUSBメモリがユーザーデータのバックアップに必要。4GBとかではまったく相手もされないので、64GBのものを使用してなんとかバックアップできた。

あとはPS3公式サイトからシステムファームウェアイメージファイルをダウンロードして、USBメモリに展開して、HDD換装後にそのUSBメモリから起動し、HDDを初期化する。

換装するHDDは手元にあった、買って1年ちょうどで故障したレノボのノートPCから取り出した240GBのものを使用。出張用に使っていたので出張先でraidに参加するためのEQとかゲームぐらいしか入っていないので中身は要らない。

これで真っ新なHDD容量の大きなPS3になったわけで、以前に設定した情報を復活させるには、あらかじめUSBメモリにバックアップしていたデータから復元する必要あり。

無事に設定が復帰して、再びPlayStation Storeにサインインできることを確認。

「The Last of Us」と「Life is Strange」はいずれもネットワークからダウンロード版を購入してあったので、それぞれを再ダウンロードしてインストール。

今度は「The Last of Us」も起動して、ユーザーデータ構築が開始された、これが延々と終わらないので、プレイするのは翌日になった。

The Last of Us

Youtubeとかにはたくさんのプレイ動画やレビュー動画がアップロードされているので、もう内容は紹介しないけどね。

難易度が複数あって、初級、中級、上級、サバイバル、グラウンド、現在のところ初級から上級まではクリアできていて、今サバイバルで苦戦中。

最初このゲームは本質的にサバイバルゲームだというのを知らずに、敵を全部倒そうとしたら死にまくって初級ですらなかなかステージがクリアできず、気がついたら夜が明けてたなんて日もありました。

生き残るコツがわかってからは、銃剣はやばいときだけ使う、敵との遭遇を避けて、戦闘も周囲に気づかれないようにサイレントに進めるのが難易度が高くなるにつれ必須になることに。

攻略の仕方はほとんどのステージで決まり手はなく、全部やっつけてもいいし、まったく戦闘しなくても済むステージもあり。難易度が高いと銃弾も限られるので、戦闘機会をなるべく最小限にする必要に迫られます。

だんだんと経験を積み、知恵を絞ると、手近に転がっている空きビンとかを使って時間を稼いだり、戦闘を楽にしたりするのができるようになり別の面白味が出てきます。

また同伴のNPCが居るシーンでは、NPCが敵を効果的に攻撃して敵を間引いてくれるので、それを利用しない手はありません。ステージで死んで弾薬がなくなっても、必要な量はリトライすると手に入るチャンスがあり、NPCが強敵を先に倒してくれることもあるので決して諦めないことが肝心。

その他にもそれぞれの難易度に+がついたプレイができて、それ以前の+がつかないプレイで獲得したスキルとかがそのまま引き継いだプレイができる。

ボーナスとかいう所謂アチーブメント的な達成項目があって、それも+のついたモードでプレイしないと積算的に困難なものがある模様。

結局全部の難易度をやる羽目になるのかな。

感想としては、さすがに評価の高いタイトルだけあって、カットシーンとかも詳細に作りこまれていて名映画を見ている感じ。

個人的には荒廃した北米都市の様子がリアル過ぎて、近未来に見るかもしれない風景という感じ。

あと主人公エリー(あれ、主人公はジョエルと違うの?)の会話が最初から最後までため口で、子供らしいところもあれば、大人顔負けのところもあって痛快。声優さんの名演のおかげだよね。

Youtubeには長編のメーキング動画も開発元から公開されていて、カットシーンはすべて俳優さんの演技をモーションキャプチャしているのと、顔のリアルな表情変化もモーションキャプチャで得られたものだということがわかる。

映画を作る以上に手間がかかるよね。映画だったら俳優さんが演技しているカットシーンをカメラに収めれば、あとは編集するだけだけどね。

気になるのはバグもいくつか遭遇して、導入初期はよくフリーズしました。なのでもう一度削除して再インストールしたらフリーズはしなくなった模様。

あとバグとしては敵が次々と襲来するシーンで、突然敵が表れなくなって、味方のキャラは応戦しているけど敵の姿は見えずという状態になって詰んだことがありました。再度立ち上げて、続きをプレイしたら今度はバグらずクリアできました。

ダウンロード版だと、唯一のDLCである「Left Behind」というのが含まれている全部入りがあるので、本篇と同様に複数の難易度でプレイできるので、本篇をクリアしたらこっちをプレイするという感じ。

「Left Behind」は本篇の中では語られない、主人公エリーの物語を2編。本篇をプレイすると、知りたくなる物語だよね。

たぶんそれ以外にも制作準備はされたものの本篇に含まれずに割愛されたエピソードや秘話やその後の物語があると思われますが、それらを含めて続編が出るぽいのでその日が楽しみ。

でも今後出てくるタイトルはPS4用になると思うので、PS4もホワイトバージョンを入手してそちらはGTA5を入れて試しているところ。そちらの日記はまた別の機会に。

「The Last of Us」は、PS3/PS4のフラグシップタイトルになってしまった感があるけど、PS3/PS4でしかプレイできないし、一生に一度はプレイすべきタイトルであることは確かだね。

あとOnline MultiPlayerモードもあるみたいで、そちらは本篇の全難易度をクリアしたら試してみる予定。

その後プレイしたのが、「Life is Storage」

Life is Strange

スクウェア・エニックスのロゴが出てくるけど、実際の制作はDONTNODというところ。こういう委託開発というのはよくあるのかな。その中でも大成功したタイトル。

プレイしてわかるのは、従来のどのロールプレイング系ともアドベンチャー系とも違うゲームデザインで、全体的に写真の魅力を最大限に生かしたものになっている感じがします。

最後までやり通すと、日常でありふれた風景と、小説や映画の世界でしか体験しないミステリー、サスペンス、ホラー、サイエンスフィクションの要素が巧みに織り込まれた作品構成だというのがわかります。

物語も片田舎の芸術学校の授業シーンから始まり、すぐにその後の運命を決定するイベントに主人公が遭遇することに。

慣れないゲームシステムとUI操作に、最初はかったるさを感じたのですが、全部で5つのエピソードで構成されていて、それぞれが一編の映画のように最後にエンディングクレジットが流れるようになっています。

これは委託者が、いつ資金を打ち切ってもいいように小出しに開発させたのかなと思ってしまいます。当然ながら最後のエピソードまでプレイしないと全然物語にはならないのですが。

主人公が最初の事件で偶然に周囲の時間を巻き戻せる能力のあることを知ると同時に一連の運命を左右する存在になるわけで。それの重要さは最後のエピソードになるまで誰もが軽視するよね。

準主人公として登場するクロエは、まるでファイナルファンタジーの世界からやってきたみたいなキャラだけど、それが重要な役であることも最後のエピソードにならないとわかりませんでした。

中盤からは、このゲームがプレイする人に強烈なインパクトを与えるパラレルワールドを体験させることに。

この段階でも前半はどうでもよくなった感じがするよね。

どんどんと最後に向かって突き進むしか。

最後のエピソードは怖いシーンばかり、全部のパラレルワールドがぐちゃくちゃになった世界を抜け出して現実に戻ることに。

そして現実に戻った時にすべての誤りはどこで生じたのか明らかになり、それの解決を迫られることに。

最後のシーンは脳裏に焼き付いたよね、号泣するひともいるかも。

ちょっと残念なのは、ゲームシステムで、主人公の日記とかがイベント毎に更新されるけど、ほとんど見る機会が無いということ。

それとゲーム中に他のキャラクタからSNSでメッセージが携帯電話に飛んでくるけど、それを見る方法が最初わからず、結局最後までほとんど見なかった。

後半のエピソードでブレインストーミングのシーンがあるけど、そこの操作方法が最初わからずに時間がかかった点。

あとなんといっても、主人公が時間を巻き戻すのは、主人公を除いた周囲の世界のみということ。主人公の位置や記憶だけはそのままで宇宙の時間軸だけが逆戻りするということを理解したのは後半になってから。

まあ、そういう学習効果もゲームデザインの中に含み入りなのかも。

こちらはつい先日「Life is Strange: before the Storm」という今度はクロエが主人公で、マックスが戻ってくる前のレイチェルとクロエが共に学校に通っていた頃のエピソードからなる新編のリリースが発表されたばかり。

そちらも楽しみだよね。

そんなこんなで、また別の名作ゲームを見つけて遊んでみる予定。


2017年6月25日(日曜日)

クレジットカードの再発行

カテゴリー: - webadm @ 12時34分12秒

ふう、

なんかニュースではこれまでいろいろ見てきたけど、自分にその災いが降りかかることは予想してなかったよね。

クレジットカード会社からお手紙が届いて、中を明けてみたら、「貴方のカード情報が漏洩した可能性が限りなく高い」
という旨の連絡と、再発行手続きの申請書と封筒が入っていました。

対象になるカード番号は、自分の番号のワイルドカードになっている下3桁を除けば完全に一致しているので漏洩したのは明らか。

手紙にあるように公式サイトから覚えの無い請求履歴が無いか確認。今のところ該当する請求は無い模様。

ここで一安心だけど、漏洩が発覚していからかなり日数が経過していると思うので、漏洩した情報は闇サイトに売りに出されるているか
それを手に入れた者が使えるカード番号を慎重に調べているのか。

もっともすぐに足がつくようなことはしないと思うけどね。

昔まだインターネット通販とか無かった時代にも海外で安易にカードで買い物してその際に悪意のある店員にスキミングされて情報を盗まれ
海外から帰国した後に、身に覚えの無い高額な請求があって乱用に気づく事例は耳にしたことはあるけどね。

見に覚えの無い請求はカード会社に要請すればキャンセル(支払い拒否)できるけど、手続きは簡単じゃないのよね。

そんな事態になる前に、漏洩したカードが乱用されるのを未然に防ぐことが必要。

即座に送られてきた申請書類に必要な情報を記載して郵便ポストへ投函。

翌営業日には届いたみたいで、速攻で現在のカード利用が停止。

あとは新しいカードが届いたら、支払い手段にカードを使用しているオンラインサービスとかの登録情報を変更するだけ。

そんな中、ESOのKintarosannで久々に遊んでみるとインベントリが満杯でアイテムが拾えないことに気づく。

ちょうど毎月24日がESO plusの課金請求日になっているので、ちょうどカード利用停止後になったみたいで会員資格失効が原因(´Д`;)

いつものつもりでDungeonとかで食材とかを拾い集めていたら、普段ならEso plus得点の無限容量の材料バッグに収納されるべきものがインベントリに入っているので発覚。

やっぱりEso plusないと不便だよね。

当然ながら、Daybreakのアカウントも同じカードを登録しているので、Allinone会員権が失効していると思われ、公式サイトにログインしようとしたら問題発覚。

GanとUlanchanはよかったけど、Akahigeのアカウント名が思い出せない(汗

そういえば最近はDaybreakからのお知らせメールがAkahigeにだけは届いていない。

調べたら既にSOE時代の最後にAkahigeに連絡が来ていないことが判明。

アカウント名を思い出してログインしてみたものの、なんか変。そもそもクレジットカード情報が登録されていないし。

もしかしてアカウントBan状態?

メールアドレスは古いけどまだ使えるアドレスが設定されているけど、「未確認」とか表示されているし、メール確認用ボタン押すと、なんか秘密の問いとか入力を求められる。

後日EQでログインできるか確認してみる必要があるかも。

GanやUlanchanのアカウントのメールアドレスでアカウント名検索をすると3つのアカウント名が送られてきた。

二つはGanとUlanchan用だけど、もうひとつはなんだろう?

ああ、思い出した、昔あった Starwars Galaxy用だ、(‐人‐)ナムナム

みんなも、クレジットカード漏洩には気をつけようね、特に漏洩が発覚した後に何をすべきか前もって調べておくとよいかも。

んじゃまた。


2017年4月29日(土曜日)

2017/4/19 サーバーパッチメッセージ

カテゴリー: - Gan @ 14時10分39秒

ふう、ご無沙汰してまちゅ

先週パッチデーがあったのは承知してましたが、拙訳するのが遅れました。

だんだん暖かくなってきているけど、まだ大陸は冬将軍の支配下なので、日によっては北の乾いた寒い空気軍団が南に降りてくることがあったよね。
そして翌日には南の湿った暖かい空気軍団が奪還するという繰り返し。

どっちかにしてよね(;´Д`)

乾燥すると喉がやられるし、暖かく湿った朝は鬱っぽい夢を見て耳鳴りがひどくなるし(´Д`;)

たぶんもう雪が降らないと思うけどね(´∀` )

ではいつもの通り拙訳してご紹介しまちゅ。

泥酔ノームレース始まったところだったw

チェックのためにゾーンしたら、ちょうど懐かしい泥酔ノームレースが始まるアナウンスがあったところでした。
今も昔ながらのGM イベントやってるのね。

April 19, 2017
_____________________

*** ハイライト ***

- レベル 61 以上のプレイヤーには自動的に基本戦闘スキル(Backstab, Bash, Frenzy, Kick, Tiger Claw, 等)の能力が auto-attack 中に加わります。詳細は後述。
- 船が意図した航路に従わなくなる問題を修正しました。

*** アイテム ***

- アイテム表示ウインドウ内の heroic stat がウインドウ内の ‘modified’ トグルに応じて調整された値を表示すべきなのに最大値を表示していたバグを修正しました。
- 今度から Fiery Avenger, Fiery Defender, それに Innoruuk’s Curse を持つ武器を装備していると bash スキルを使うことが出来る旨をこれらのアイテム上の worn effect として明示的に記載するようにsimasita.

- Compressed Copper Stud および Golden Sage’s Earring は今度からこれらの earring を装備したプレイヤーのペットが性能向上する、より高い tier の Enchanted Minion spell を使用します。貴方はこの改善効果を得るために新しいペットを召喚する必要があります。
- Giant Dire Wolf Skin の lore text を修正しました。
- Wrathful および Malevolent Hero’s Forge アーマー部位は今度からそれぞれのセットを区別し易くするためにカスタムアイコンを使用するようになります。
- Music Box: Neriak は今度から家屋に設置できるようになります。 Music Box アイテムと対話して “Wind the Music Box” オプションを選択すると歌を聴くことが出来ます。

*** クエスト & イベント ***

- Lceanium: Before the Siege (Group) - 傭兵が invader のうち一人でも倒してしまうと “You Be The Hero” アチーブメントがもらい損ねるバグを修正しました。
- Prince Selrach Di’Zok (Raid) - Maximum Anger アチーブメントを得ることが出来るようになります。
- Kor-Sha: The Kar’Zok (Raid) - イベントがリセット後はもう add は湧かなくなります。
- Deepest Guk: The Curse Reborn (Raid) - Scout 達は今度からプレイヤーと親しくなります。彼らは buff やヒールを受けることができ、プレイヤーに aggro したり攻撃を加えることはできなくなります。
- Valdoon Paladin Epic 2.0 (Raid) - raid を受ける際に必要な最低プレイヤー数を 10 から 6 に下げました。
- Wither and Decay (Raid) - アチーブメント “The Crazy Eight” が raid 開始直後に速やかに自動的に失敗する可能性は無くなります。
- Rebirth Leather Armor (Quests) - Shadeweaver’s Thicket に居る Spiritisk Karina が要求する4つの異なる種類の jawbone はすべてこれまでより頻繁に drop するようになります。
- Jail Break! (Quest) - タスクが完遂しダイアログウインドウ上で OK をクリックするとキャラクタを最小人数のプレイヤーで The Mines of Gloomingdeep のバージョンに転送するようになります。これが正しく発生しないどんな極端なケースでも、 Arias に hail するか、最大1分待てば、キャラクタを最小人数のプレイヤーとして The Mines of Gloomingdeep のバージョンに転送します。
- Jail Break! (Quest) - 今度から camp out 後もしくはクライアントクラッシュ後に進行中のチュートリアルに以前よりも丁寧に戻るようになります。
- Jail Break! (Quest) - Arias を aggro させることはもうできなくなります。
- 一部の Frostfell, Bristlebane Day および アニバーサリー NPC がこれらのイベントの間に出現しない問題を修正しました。
- Plane of Health Heroic Adventures - Plane of Health heroic adventure 内の weapon rack のレベルを低いレベルのプレイヤーでも妥当なペースで倒せるように下げました。
- 多くのイベントでの alert のアイコンは今度からハートのスペルアイコンに近づく手を表示するのではなく正しく表示するようになります。

*** スペル ***

- Berserker - Dichotomic Rage は Scarlet Cheetah Fang の恩恵の対象外になるように non-focusable フラグがつきます。
- Ranger - Dichotomic Fusillade Strike は Scarlet Cheetah Fang の恩恵の対象外になるように non-focusable フラグがつきます。
- Magician - Firebound Alliance は今度から単一ターゲットタイプスペルに加えて、bolt ターゲットタイプスペルも focus します。
- Magician - Monster Summoning ペットが回収できないバグを修正しました。
- Magician - 貴方のメインペットがアクティブの間に使用できるように Dyzil’s Deafening Decoy および Rage of Zomm を swarm ペットに変換しました。 Rage of Zomm は今度からずいぶん高コストになります。
- ‘Fulmination’ によって放たれるダメージが今度から適切なプレイヤーにクレジットされるように Empires of Kunark ‘Alliance’ スペルをダメージおよび Monk 戦闘能力 ‘Curse of the Thirteen Fingers’ を放つように変更しました。
- すべての Empires of Kunark ‘Alliance’ スペルの説明文をそれらの ‘Fulmination’ エフェクトに関して以前より多くの情報を含むように更新しました。
- ターゲット上に異なる複数 rank の同一スペル系が乗ったバグを修正するために Empires of Kunark ‘Alliance’ スペルを、stacking group を持つように更新しました。
- すべてのプレイヤーのペットの melee 回避率を増やしました。この増加は高いレベルにおいて最も顕著です。Swarm ペットは影響を受けません。

*** AA ***

- スペルの再利用時間を減らす能力は今度から最初にスペルを登録した際に影響を与えるようになります。
- Stoicism の説明文を以前よりも明確にその効果を説明するように書き直しました。
- Doppelganger swarm ペットのデフォルトの挙動を、もうターゲットを攻撃する際に飼い主以上に aggro して出現しないように調整しました。
- - Enchanter 能力 ‘Doppelganger’, ‘ First Spire of Enchantment’, ‘Illusory Ally’, もしくは Bard 能力 ‘Lyrical Prankster’ によって召喚された swam ペットは変更を受けず、一時的な防御として活動します。
- Berserker - Rank 22 の Untamed Range が Azia buff を Beza から Ena へとリフレッシュ前に循環するのではなく、それ自身をリフレッシュしていたバグを修正しました。
- Monk - rank 10-17 の Innate Innerflame のダメージ修正値を 52-66% だったのを 53-70% に増やしました。
- Monk - Veteran’s Wrath は今度からレベル 103 から 105 まで以前より高い戻りを提供します。註:これによって既存の全 Veteran’s Wrath の rank が monk に関して払い戻されます。
- Paladin, Shadowknight, Warrior - Defensive Proficiency のダメージ軽減率を 30% だったのを 20% に減らしました。
- Shadowknight - rank 17 の Innate Darkblade のダメージ修正値を 120% だったのを 100% に減らしました。
- Warrior - Two-Handed Proficiency のダメージボーナス修正値を 110-120% だったのを 80-90% に減らしました。
- クリチカル melee ダメージを増やす buff に関して幾つもの調整を施しました。
- - クリチカル melee ダメージに対する 非積算 ボーナスを与えるために新しいスペルエフェクトを実装しました。
- - この新しいエフェクトを使用するように修正された buff はこの新しいスペルエフェクトを使用する現在のすべての buff の最も高いボーナスに授けられます。
- - 下記の能力と buff が新しいエフェクトを使用するように修正されました:
- - - All - Glyph of Destruction および Glyph of the Cataclysm は今度から利き腕の武器スキルに対する積算ボーナスではなく、すべての melee スキルに対して非積算増加が与えられます。
- - - Bard - Thousand Blades は今度から非積算増加が与えられます。
- - - Berserker - Savage Spirit は今度から2H 武器スキルおよび Frenzy に関する積算ボーナスではなく、すべての melee スキルに対する非積算増加が与えられます。加えて、すべての rank は今度からエフェクトが消え失せる際に Berserker の health を 25% 消費するようになります。
- - - Paladin - Valorous Rage は今度から非積算増加が与えられます。加えて、クリチカルダメージ成分の効果は 75-400% だったのが 45-200% に減り、武器ディレイ短縮エフェクトは 13-45% だったのが 10-25% に減ります、また能力は持続時間が固定の 1分となるように non-focusable フラグ付けされました。healing focus を減らす能力の成分は取り除かれました。
- - - Shaman - Fateseer’s Boon および Prophet’s Gift of the Ruchu は今度から非積算エフェクトが与えられます。
- - - Warrior - Savage Onslaught, Savage Assualt , Brutal Onslaught disc および Heroic Rage は今度から非積算増加が与えられるようになります。

*** NPC ***

- Miragul’s Menagerie adventure 内の feigned bone golems は短期間ペットにできましたが、今度から以前よりしっかり働くようになります。

*** プログレッションサーバー ***

- Temple of Veeshan (Raid) - プログレッションサーバー上での一部のボス(Gozzrem, Eashen, それに Ikatiar)の出現に関するいくつかの誤りを修正しました。彼らは今度から意図した通り出現しロックアウト時間を持つようになります。
- Temple of Veeshan (Raid) - Halls of Testing Drakes のロックアウトはもう同じ DZ 内でのkill 数での合成ではなくなります。
- プログレッションサーバー上での16周年記念クエスト giver は The Broken Mirror ではなく Rain of Fear が解禁になった再に出現するようになります。
- 14周年記念 NPC は今度から彼らの名前の下に他の Player Designed Mission クエスト giver と辻褄が合うように説明が記載されるようになります。
- Magics of Fear (Quest) - Sarviksa Tiths はもう Legacy of Ykesha まで出現が制限されることはなくなります。
- ボスはもう hatelist に載っているペット数が10以下の場合には Mark of the Old Ways debuff をペットに適用することは無くなります。
- Lost Dungeons of Norrath まで制限されていた、いくつもの Planes of Power 時代のクエストは Plane of Power までに制限されるように変更になりました。幾つかの例として、Restock High Quality Ore クエスト、Storm Reaper Initiate Scimitar クエスト、それに Mace of the Stoutdeacon クエストが含まれます。
- プログレッションサーバーは今度から自動的にレベル上限が上昇する拡張が解禁になった際にすべての死体を一掃するようになります。これは既に既存のプログレッションサーバーでそうした拡張が解禁になったものに関して遡ることはありませんが、既存のプログレッションサーバーの今後の拡張および新しいプログレッションサーバー上でのすべての拡張に適用されます。
- - 下記の拡張が解禁の際に発生します:The Ruins of Kunark, The Plane of Power, Omens of War, The Serpent’s Spine, Secrets of Faydwer, Seeds of Destruction, House of Thule, Veil of Alaris, Rain of Fear, The Darkened Sea, それにレベル上昇を伴う将来の拡張。
- 多くの季節的および記念イベントがプログレッションサーバー上で開催するために解禁が必要な拡張を変更しました。これらの変更のほとんどは以前よりも早期にプログレッションサーバーでイベントが発生するようになります、特に 5-13周年記念イベントはそうです。現在の大枠の明細をカレンダー順に示すと:
- - New Year - Omens of War
- - Erollisi Day - Seeds of Destruction
- - Brew Day - no restriction
- - Bristlebane Day - Seeds of Destruction
- - 5th anniversary fabled (NPCs in original EverQuest) - Gates of Discord
- - 6th anniversary fabled (NPCs in Ruins of Kunark) - Dragons of Norrath
- - 7th anniversary fabled (NPCs in Scars of Velious) - Prophecy of Ro
- - 8th anniversary fabled (NPCs in Shadows of Luclin) - The Buried Sea
- - 9th anniversary fabled (NPCs in Planes of Power) - Secrets of Faydwer
- - 14th-18th anniversary Player Designed Missions - Rain of Fear
- - 17th anniversary Faydwer Gnome Race - no restriction
- - 17th anniversary Hate’s Fury - The Broken Mirror
- - 18th anniversary Tsaph’s Day Off - Empires of Kunark
- - Stomples Day - Planes of Power
- - Hardcore Heritage Blackburrow - Secrets of Faydwer
- - Hardcore Heritage Cazic-Thule - Secrets of Faydwer
- - Hardcore Heritage Old Guk - Seeds of Destruction
- - Hardcore Heritage Unrest - Seeds of Destruction
- - Hardcore Heritage Crushbone - House of Thule
- - Hardcore Heritage Permafrost - House of Thule
- - Hardcore Heritage Mistmoore - Rain of Fear
- - Hardcore Heritage Nagafen’s Lair - Rain of Fear
- - Hardcore Heritage NEW - Empires of Kunark
- - Death, Death, Death! - Scars of Velious
- - Living Legacy - Seeds of Destruction
- - Stone Cold Summer - Veil of Alaris
- - Nights of the Dead - Omens of War
- - Raid, Raid, Raid! - Seeds of Destruction
- - Frostfell - The Serpent’s Spine

*** 諸々 ***

- lock している Pickzone ではもう傭兵が停止することはなくなります。
- 船が航路から外れる問題を修正しました。
- 水環境によるフラストレーションを緩和する努力により、melee 攻撃がもう相手が水中に居る場合にpush back することは無くなります。これは PC と NPC の双方に適用されます。
- レベル 61 以上のプレイヤーは自動的に基本戦闘スキル(Backstab, Bash, Frenzy, Kick, Tiger Claw, 等)が auto-attack 中に発動する能力を追加しました。
- - combat skill ホットボタン上で右クリックしたままにすると今度からこれらのスキルの自動発動を有効/無効にすることのできる ‘Auto Activate’ トグルになります。
- - スラッシュコマンド /autoskill でもこれらのスキルの自動発動設定をトグルするのに使用できます。
- tell や emote に関する幾つかの文法的誤りを修正しました。
- Key Ring スロットを購入する際の問題を修正しました。
- お金、クエスト AA 能力(例、Banestrike), 肩書き、フラグ、外貨、もしくは faction ポイントのみを褒美として与えるアチーブメント報酬が今度から保留中の reward queue に取りに行くことなく自動的に獲得されるようになります。

*** UI ***

- ‘You can’t use that command’ メッセージに対してチャットカラーとフィルタリングオプションを追加しました。
- combat ability と AA ability 再利用時間メッセージに対してチャットカラーとフィルタリングオプションを追加しました。

*** 以前のアップデート ***

- プログレッションサーバー上で、Tome of Spirit of Rage Discipline, Tome of Healing Will Discipline, それに Tome of Stonewall Discipline は Gates of Discord が解禁時に入手可能になります。
- Fippy’s Revenge (Group) - インスタンス内からの NPC が消失する挙動を取り除きました。
- Tsaph’s Day Off (Quest) - タスクが単純なので、経験値と報酬を減らしました。
- Fippy’s Revenge (Group) - クエスト drop Qeynosian Teeth および Scalps の数を増やしました。しかしながら、NPC は依然として見つけるのが難しいです。

- The EverQuest Team


2017年3月20日(月曜日)

2017/3/15 サーバーパッチメッセージ

カテゴリー: - Gan @ 15時22分09秒

ふう、一ヶ月ご無沙汰なGanでちゅ(´Д`;)

土日もお仕事モードでしが、連休の日月はお休みがもらえました。

さて、先日はパッチデーだったのね。

先日立て続けにサーバーメンテナンスがあったけど、18周年記念のタスクが追加されたのね(´∀` )

さて遅ればせながら、拙訳してご紹介しまちゅ。

EverQuest classic

なんかオープニング画面が18周年記念でクラッシックのに戻ってたので写真とった。

March 15, 2017
_____________________

*** ハイライト ***

- SOE Live 2014 でプレイヤーグループと開発チームの共同作である2つのプレイヤーデザインミッションを完成させました。"Fippy’s Further Revenge” と “Delving into Frostcrypt” は18周年記念のための新しいタスクで、2017年3月16日の木曜日に開始します。加えて、記念クエスト “Tsaph’s Day Off” で Norrath 中を探検します。
- - また、記念コイン用に新しいご褒美が jubilant merchant で入手可能です! Plane of Knowledge で 貴方の Find ウインドウから 特設記念品売り場で彼らを見つけてください!

*** アイテム ***

- Hero’s Band のスペルを直しました。
- Extruded Underfoot Diamond は今度から 100 個まで重なります。
- Circlet of Umbra および Invested Circlet of Umbra に Bras Resonance を加えました。
- トレードスキルではもはや使用されなくなったもののアイテム変換オプションを持っていなかったいくつものアイテムの説明文を直しました。

*** トレードスキル ***

- 宝飾細工で今度から宝飾バックと同様にアイテム変換ボタンを用いてカッティングもしくはセッティングツールを選択できるようになります。
- Crescent Reach に居るトレードスキルトレーナーは貴方がトレーニングが提供するよりも高いスキルを持っている場合、彼らのレシピで貴方を訓練するようになります。
- Abysmal Sea に居る無料のトレードスキルクエストを提供する merchant は今度からクエストを受ける際に貴方がそのトレードスキルを洗練する毎に予め必要なレシピで貴方を訓練するようになります。

*** クエスト & イベント ***

- Run, You Fools! (Group) - 本ミッションでの “By The Power of Dead Skulls” アチーブメントの完結が不安定になる問題を修正しました。今度からは以前より安定します。Taros に十分なターゲットの止めの打撃を与えさせた場合、アチーブメントを得ます。
- On Behest of the Emperor and Others’ Things (Heroic Adventures) - もう replay タイマーを共有することはなくなります。
- The Prince (Raid) - Prince が完全に enrage した際に特殊なメッセージを追加しました。
- Unstable Creation (Raid) - ひとたび House of Thule がサーバー上で3か月以上解禁になれば、18プレイヤーの要件は無くなります。
- The Blade of Sirrik (Quest) - Gleaming Serrated Blade は今度から City of Mist 内のどの balack reaver からでも drop するようになります。
- EverQuest 18周年記念のために新しいミッションが追加されました:
- - Fippy が再び落ち着きを無くしました。Plane of Knowledge に居る sloshed gnoll を探して Fippy を手助けしましょう。
- - Firiona Vie が Lanys T’Vyl の Norrath 制服のクエストを阻止するのを助けましょう! Plane of Knowledge に居る彼女の仲間、Sinoachie Heartsinger を見つけましょう。
- - Tsaph Katta が Norrath の多くの ancient spire および dragon cicle を巡るのに同行しましょう!
- Plane of Health の雑魚の一つである ballista のレベルを低レベルキャラクタでも相応なペースで倒せるようにレベルを下げました。
- Plane of Knowledge に居る Wanderer Astobin は今度から Spell: Instinctual Panic を Ethereal Parchment の報酬の一つとして提供するようになります。
- Thin Strands of Golden Silk は今度からプログレッションサーバー以外でも drop するようになります。
- Lost Dungeons of Norrath 報酬ポイントをより難易度の高い adventure タイプに対して増やしました。
- - kill count タイプの adventure は変更ありません。
- - 物集めタイプの adventure は今度から 20% ポイント増。
- - ボスタイプ adventure は今度から 50% ポイント増。
- - 人質救出タイプの adventure は今度から 75% ポイント増。

*** スペル ***

- 一定のレベルの Enhanced Minion 付きで召喚されたペットが間違った Cloaks of Enhancement 装備になる問題を修正しました:
- - Beastlord, Magician, および Necromancer ペットでレベル 86 から 105 の間で Enhanced Minion XV および XVI 使用時
- - Beastlord, Magician, および Necromancer ペットでレベル 81 から 85 の間で Enhanced Minion VII - XII 使用時
- - Magician および Beastlord ペットでレベル 71 から 75 の間で Enhanced Minion I および II 使用時
- Druid - 前回のアップデートで組み合わせられた一部の DoT スペルの効率を下げました。
- Druid - Chill of the Natureward 系の全スペルによるダメージ放出量を下げました。
- Shaman - Falhotep’s Malosenia および Livio’s Malosenia を貴方が知っている最も高いランクの成分スペルをキャストするように変換しました。貴方は今度から使用する DoT に対して正しい消費量を課せられるようになります。高いランクのスペルほどリキャストタイムは短くなります。
- Shaman - 前回のアップデートで統廃合された DoT スペルは今度から効率が下がり以前よりもダメージが少なくなります。それでも依然としてダメージ量は統廃合前に比べて明らかに多くなります。
- Shaman - Sephry’s Malady (および同系列のそれより前のスペル)は tick 当たりのダメージ量が Breath of Hemocoraxius(および同系列のより以前のスペル)より少なくなります。

*** NPC ***

- もう City of Mist にて敵が既に出現しているのでユニーク NPCを出現させることができない状況を利用して無限に black reaver NPC を出現させることは不可能になります。

*** プログレッションサーバー ***

- The Halls of Betrayal (ChardokB), The Caverns of Exile (SoldungC), The Plane of Mischief, それに Veksar に居るイベント NPC はボス扱いになります。

*** 諸々 ***

- プレイヤーは今度から Kor-Sha の非インスタンス版(raid 用に使用不能)に居る間、Atrebe’s Lab の浮遊する遺跡に行くことができます。
- Veksar, The Halls of Betrayal (ChardokB), それに The Caverns of Exile (SoldungC) は今度から負荷分散可になります。
- すべての Legacy of Ykesha ゾーンが負荷分散可になります。
- 新しい負荷分散ゾーン(pickzone)をトリガーするのに必要なキャラクタ数はそれぞれのゾーンに居る戦闘可能な人口の量に応じて調整されます。大概のケースでは、閾値は下げられ、アップデート前に比べると少ないゾーン内キャラクタ数で新しい pickzone がトリガーし易くなることを意味します。
- 加えて、pickzone 人口が閾値より下がるとロックされることになります。プレイヤーは pickzone がロックされると警告を受け、消失する前にゾーンから出るのに15分の猶予が与えられることになります。プレイヤーがゾーンを出なかった場合、猶予時間が過ぎるとメインゾーンにテレポートされことになります。
- アドレス帳ファイルが不正なファイル名でクライアントディレクトリに生成される問題を修正。
- Looking For Players 情報が探しているプレイヤーのギルドに関して正しく表示されない問題を修正。ギルド検索は影響を受けず、依然として検索結果としてギルドを表示します。
- ‘Membership Restriction Messages’ 用のチャットカラー説明を ‘System Messages’ へ実際に使われる方を反映して変更しました。これによって チャットフィルター ‘System Messages’ と矛盾しなくなります。

*** UI ***

- /itemoverflow を介して利用可能な item overflow ウインドウを追加しました。本ウインドウは将来使用される予定。
- item 説明が一部の能力に関して正しく現れないバグを修正。
- 貴方のチャットウインドウ内にタイムスタンプを表示することを可能にする機能を追加。
- - タイムスタンプの表示はデフォルトではオフですが、ウインドウ毎に設定可能。
- - 利用可能なフォーマットは hh:mm:ss, hh:mm もしくは mm:ss
- - タイムスタンプテキストのデフォルトカラーは対応するチャットチャネルのそれに合致します。この設定はトグル可能で、代わりにタイムスタンプはウインドウ毎に同じカスタムカラーで表示可能です。
- - Tell ウインドウもまた通常のキャットウインドウの様にタイムスタンプ設定のカスタマイズが可能です。
- キャラクタがあまりに多くのゾーンでロックアウトされた際にクラッシュする問題を修正

*** 以前のアップデート ***

- Planes of Power が解禁時に入手可能な一部のスペルが今度からその拡張がプログレッションサーバーで解禁になった際に入手可能になります。
- Phinigel - Plane of Hate インスタンスへのアクセスが出来なくなる問題を修正

- 変更したもの -

EQUI.xml
EQUI_ItemOverflowWnd.xml

- The EverQuest Team


2017年3月5日(日曜日)

Homestead の衝撃

カテゴリー: - Kintarosan @ 13時29分35秒

ふう、ご無沙汰でちゅ(´Д`;)

ESOはプレイしていないわけじゃないけどね、ピアノの練習初めてからは右手を酷使するゲームで遊ぶ頻度は少なくなりました。

といっても昨年の暮れは、易しくなった Craglorn のクエストを進めていたり、フェスティバル(季節のお祭り)のクエストとかして写真も一杯とったけどそれまたの機会。

そういえば先月に Homestead パッチがライブに入ったのよね。既に PS4/XBOX にも入っているし、実は全然チェックしていなかったのでこないだちょっとだけ体験してみました。

Homestead は EQ2 と良く似た借家/持ち家システムのことね。EQ の Readestate と違ってアクセスしやすい普通のstaticゾーンにあるのでどちらかというと EQ2 に似ています。

Kintarosan は昔 EQ2 で宿屋の一室を借りてたけど、その後拡張が入ってそのゾーンそのものが敵に占領されてもう我が家に戻ることが出来なくなりました(宿屋の餅部屋は安全な別のゾーンに移動できたと思うけどやってないや)。

EQ2 みたいな自分の部屋や家ごっこが出来るという感じ。

それ以外に関連するクエストとかアチーブメントや Crafting に変更が入ったみたい。

いつも通り、女子挺身隊で デイリーの Crafting writ を消化すると以前は無かった巻物が報酬袋に入っているのを発見。

Master Crafting Writ
(続き…)


最新スレッド
フォーラム スレッド 返信 閲覧 最終投稿
ディジタルピアノおもちゃ箱 ピアノ教本 21 5076 2017-9-20 3:33 webadm
ディジタルピアノおもちゃ箱 ことのはじまり 0 797 2016-9-17 22:22 webadm
電磁気学理論おもちゃ箱 自分の数学を持つことの勧め 16 9089 2016-7-26 11:20 webadm
電磁気学理論おもちゃ箱 テンソルの参考書 0 2149 2016-4-20 4:01 webadm
談話室 Akahige用PCが故障 1 1890 2015-7-15 11:30 webadm
談話室 電動歯ブラシが故障 1 2193 2015-7-15 1:55 webadm
談話室 ゲーミングマウスが故障 1 2264 2015-7-8 12:30 webadm
談話室 デスクライト(蛍光灯)の故障 1 2521 2015-5-26 9:32 webadm
談話室 ヘッドホンが壊れた 1 2447 2015-5-26 9:27 webadm
談話室 ALIENWARE 6 8785 2015-5-26 9:14 webadm
談話室 加湿器の加湿フィルタを交換 0 2131 2015-1-27 23:06 webadm
談話室 hotmailアカウントへの不正アクセス 0 2312 2015-1-27 0:41 webadm
電磁気学理論おもちゃ箱 真空中の電荷分布による静電界演習問題 27 28086 2014-12-21 19:09 webadm
談話室 マジックマウス故障 0 2326 2014-12-16 9:03 webadm
談話室 LED電球に換えた 0 2201 2014-11-20 21:45 webadm
談話室 不明ドメインからの過剰アクセス 1 4304 2014-11-19 7:29 webadm
談話室 GanのPCも故障 0 2629 2014-5-28 22:58 webadm
談話室 複数のネットワークからのDoS総攻撃 0 3299 2014-3-14 2:38 webadm
談話室 ブラウザーがメモリ食いな件 0 3194 2014-2-4 19:59 webadm
電磁気学理論おもちゃ箱 真空中の電荷分布による静電界 9 16987 2014-1-7 15:13 webadm
ページ変換
サイト内検索
Blog検索
Blogカテゴリ一覧
投票
年代をおたずねします
これからの10代未満
ぴちぴちの10代
怖いもの知らずの20代
大人の30代
働き盛りの40代
貫禄の50代
深紅の60代
いぶし銀の70代
まだまだ80代
ここからの90代
新着リンク
古いコンテンツ
最新記事
月別過去ログ